きょうの日経サイエンス

2012年5月25日

7月号「特集:量子重力への道」に合わせて関連過去記事をお手頃価格でご提供!

 

 現在発売中の日経サイエンス7月号,お楽しみいただけていますか? 

さて,6月号に引き続き,本文中で引用した過去記事からいくつかを選び,1本300円の特別価格にてダウンロード販売でご提供いたします。

 

 7月号は「特集:量子重力への道」がおすすめ。そこで以下の4本を選びました。

 

ファインマンを越えて 新アプローチで探る究極理論」に関連して

1978年4月号「超重力理論」 D. フリードマンほか【復刻】

 

平面国の量子重力」に関連して

1980年9月号「数学ゲーム」  M. ガードナー【復刻】

2010年9月号「時間は実在するか?」 C. カレンダー

2006年2月号「重力は幻なのか? ホログラフィック理論が語る宇宙」 J. マルダセナ

 

※1978年の「超重力理論」と1980年の「数学ゲーム」は通常のダウンロード販売の対象ではなく,今回新たに誌面をスキャンして復刻したため,印刷した際に文字の一部が粗くなることがございます。ご容赦ください。

 

 なお,1980年9月号の「数学ゲーム」は「平面宇宙の科学と技術を開発するのはおもしろい」というテーマのもと,ご存じマーチン・ガードナーが平面世界の起重機や蒸気機関など,一風変わったメカニズムについて綴った数学エッセーです。量子重力理論とは直接の関係はありませんが,ガードナーのウイットが伝わってくる楽しさがあります。

 またこちらは別冊日経サイエンス「マーチン・ガードナーの数学ゲーム 新装版 Ⅰ&Ⅱ」には未収録のものとなります。

 

※なお勝手ながら,お値引きでのご提供は7月号の発売期間中,6月24日18時までとさせていただきます。

 

過去の編集部のお勧め記事はこちらから