英語で読む日経サイエンス

SCIENTIFIC AMERICAN January 2012

A New Path to Longevity

驚異の長寿因子ラパマイシン

By David Stipp D. スティップ
English 日本語 日本語
On a clear November morning in 1964 the Royal Canadian Navy’s Cape Scott embarked from Halifax, Nova Scotia, on a four-month expedition. Led by the late Stanley Skoryna, an enterprising McGill University professor, a team of 38 scientists onboard headed for Easter Island, a volcanic speck that juts out from the Pacific 2,200 miles west of Chile. Plans were afoot to build an airport on the remote island, famous for its mysterious sculptures of enormous heads, and the group wanted to study the people, flora and fauna while they remained largely untouched by modernity.  1964年11月の晴れ渡った朝,王室カナダ海軍のケープスコット号がノバスコシア州ハリファクスから4カ月の調査遠征に出航した。探究心豊かなマギル大学教授のスコリーナ(Stanley Skoryna)率いる38人の科学者は,チリから西に3700km離れた太平洋上の火山島,イースター島に向かった。人の頭を模した巨大で神秘的な彫像で有名なこの孤島に空港を新設する計画が持ち上がったため,近代化の影響を受ける前に人々や野生の動植物を調べるのが目的だった。
The islanders warmly welcomed Skoryna’s team, which brought back hundreds of specimens of plants and animals, as well as blood and saliva from all 949 of the residents. But a test tube of dirt turned out to be the biggest prize: it contained a bacterium that made a defensive chemical with an amazing property—the ability to prolong life in diverse species.  スコリーナらは島民に温かく迎えられ,数百点もの動植物の標本とともに,全島民949人の血液と唾液を採取して持ち帰った。しかし,中でも最も大きな収穫となったのは,1本の試験管に詰めた土だった。そこに含まれていた細菌は,驚くべき特性の防御化学物質を作り出していた。この物質には,様々な動物種の寿命を延ばす効果があったのだ。
Several research teams have now demonstrated that the chemical, named rapamycin, boosts the maximum life span of laboratory mice beyond that of untreated animals. Dubious antiaging claims are sometimes made based on data showing increased average life span, which can be achieved by antibiotics or other drugs that reduce premature death yet have nothing to do with aging. In contrast, increased maximum life span (often measured as the mean life span of the longest-lived 10 percent of a population) is a hallmark of slowed aging. No other drug has convincingly extended maximum life span in any of our mammalian kin—gerontology’s long-awaited version of breaking the sound barrier. The success in mice has therefore been a game changer for scientists who study aging and how to mitigate its effects. Gerontologists dearly want to find a simple intervention for slowing aging, not merely to increase longevity, but because putting a brake on aging would be a broad-brush way to delay or slow progression of so much of what goes wrong with us as we get old, from cataracts to cancer.  「ラパマイシン」と名づけられたこの化学物質にマウスの最長寿命を延ばす効果があることが,これまでに複数の研究チームによって示されている。平均寿命が延びたというデータをもとに,老化を抑えたとする疑わしい主張が時折なされるが,抗生物質などの薬によって早期の死亡が減っただけで老化とは何の関係もないこともある。対照的に,最長寿命(集団中で最も長生きした上位10%の個体についての平均値として算出することが多い)の延びは老化が抑えられた証拠だ。
 哺乳動物の最長寿命をはっきり延ばした薬はこれが初めてだった。加齢学にとって,音速の壁の突破に匹敵する待望の成果だ。マウスでのこの成功は,老化とその影響を緩和する方法を探る研究の流れを大きく変えた。加齢学者たちが老化を遅らせる簡単な方法を見つけたいと熱望しているのは,単に寿命の延長だけが目的ではない。老化を抑えれば,白内障からがんまで,加齢に伴う多くの疾患の発症や進行を総じて遅らせることができるかもしれないからだ。
For years gerontologists’ hopes of discovering antiaging compounds had been on a roller coaster. Optimism rose with the discovery of gene mutations that extend maximum life span in animals and with new insights into how calorie restriction produces the same effect in many species. Yet the advances, for all their promise, did not reveal any drugs that could stretch the outer limits of longevity in a mammal.  加齢学者たちはかねて老化を抑える化合物の発見を夢見てきたが,これまでの経緯はジェットコースターのように浮き沈みの激しいものだった。動物の最長寿命を延ばす遺伝子変異が見つかったり,カロリー制限が多くの種で最長寿命を延ばす理由について新たな見解が得られたりするたびに,期待が高まった。しかしそうした前進は期待に反して,哺乳動物の寿命の上限を延ばす薬にはつながらなかった。