News Scan

金星に月がない理由〜日経サイエンス2007年2月号より

 なぜ金星には衛星がないのか──太陽系に関する最大級の謎だ。新しいモデルが提唱された。かつては衛星があったのだが,壊れてしまったという。
 地球に別の大きな天体がぶつかって,衝突の破片が月になったという見方がある。カリフォルニア工科大学のアレミ(Alex Alemi)とスティーブンソン(David Stephenson)は2006年10月の米国天文学会で,金星はそうした大衝突を1度ならず2度も経験したとする説を発表した。
 最初の衝突によって,金星は反時計回りに自転するとともに,衛星ができて金星から遠ざかり始めた。だが,2回目の衝突で金星の自転方向が反転して時計回りになり,この反転で金星と衛星の間に働く重力相互作用が変化し,衛星が金星に引き寄せられて,ついには衝突して壊れてしまった。
 2回目の衝突で衛星ができたかどうかはわからない。だが,できていたとしても,最初の衛星が金星に落ち込むのと一緒に消えてしまったのだろう。

サイト内の関連記事を読む