News Scan

お金を考えただけで…〜日経サイエンス2007年5月号より

 

 お金は一生懸命働くための励みになるが,自分勝手な行動を助長することにもなる。これ自体は驚くにあたらないが,ミネソタ大学の心理学者たちは最近,人は金銭のことを考えるだけで協調性を失うことを発見した。

 

 ある実験で,参加者の一部には「給料」などお金に関連する言葉を見せたり通貨が印刷されたポスターを目につくように貼っておいたりして,無意識に金銭を思い起こさせるようにした。残りの参加者には,おもちゃのお金など中性的な刺激を用意した。その後,参加者全員に,金銭とは無関係のさまざまな課題に挑戦してもらった。社会的環境での行動を評価できるように設計された課題だ。

 

 金銭のことが頭にある人は,難しい課題や解決不能な難題にぶつかっても,他人に助けを求めようとしない傾向が見られた。そして,無意識にでも金銭について考えている人は他人を助けてやろうとする傾向も弱い。

サイト内の関連記事を読む