News Scan

すいすい燃費向上 〜日経サイエンス2009年2月号より

 電場によって液体の粘度が下がる効果が知られているが(T. C. ハルセイ/J. E. マーチン「電場をかけると固まる電気粘性流体」日経サイエンス1993年12月号),この効果を使って自動車の燃費を20%向上できる。
 燃料の粘度が下がると,より小さな液滴にしてエンジンに注入でき,効率よく燃焼するようになる。テンプル大学の研究チームはディーゼルエンジンの燃料噴射口近くの燃料供給パイプに帯電チューブをかぶせ,燃料の粘度を下げた。路上試験の結果,幹線道路走行時の燃費はリッター13.6kmから16.2kmに高まった。付属品の消費電力は0.1ワット未満。あらゆる種類の内燃エンジンに利用されることを研究チームは期待している。Energy & Fuels誌2008年11月19日号に掲載。

サイト内の関連記事を読む