News Scan

選挙と闘争ホルモンの関係〜日経サイエンス2010年3月号より

支援候補が落選すると自分まで気が弱くなるわけ

 

 勝者がいて敗者がいるという点で,政治はスポーツに似ている。この類似性が,テストステロン(あるいはその欠如)によって生物学的に証明された。支援候補が落選した男性投票者はこのホルモンが低下するのだ。
 デューク大学とミシガン大学の神経科学者たちは2008年の米国大統領選挙の結果が出る直前と直後に,大学生くらいの年齢の協力者163人の唾液を採取し,テストステロンの量を調べた。当選したオバマに投票した男性のテストステロン濃度は安定だったが,落選したマケインやバーに投票した男性では急減した。女性は,支援候補が当選しても落選しても,濃度に大きな変化はなかった。
 スポーツの試合など競争の勝敗が男性のテストステロン濃度に影響することが過去の研究で示されている。今回の発見は政治的な競争が同様に影響しうることを示しており,「男性投票者はまるで支配権をかけた勝負を直接行ったかのようだ」とデューク大学のラバー(Kevin LaBar)はいう。PLoS ONE誌オンライン版2009年10月21日号に報告。 
 これとは別にハーバード大学の人類学者アピセラ(Coren Apicella)らも小規模なグループで同様の結果を得ており,論文発表を予定している。「政治行動を研究している人々にとって,この結果は興味深いだろう。政治行動の研究ではこれまで生物学的因子はほとんど考慮していなかったから」とアピセラはいう。「選挙が人間の感情に及ぼす影響と,感情が政治行動にどう影響するかとの間には,ある程度の相互作用があるらしい」。

 

勝者と敗者の両方に

 テストステロンは攻撃性,危険を冒すこと,脅威への対応に結びついている。デューク大学の研究論文の主執筆者であるスタントン(Steven Stanton)は,競争後のテストステロン濃度の上下は,あらゆる動物種において勝者と敗者の両方に役立っている可能性があると説明する。勝者はモチベーションが上がってさらに成果を追求し,敗者は引き下がるように仕向けられ,戦い続けて負傷するのを未然に避けることができる。
 米国の政権は大統領選挙から少なくとも4年間は変わらないため,支援政党が政権を失った男性はテストステロン濃度が低く抑えられたままになる可能性があると研究チームは推測する。しかし,テストステロン濃度に影響する要因はほかにも多数あるので,これを見極めるのは難しい。
 それでも,ラバーらは別の方法に切り替えて研究を進めつつある。スポーツ観戦者を対象にテストステロン濃度を調べる計画だ。「選挙結果が投票者に直接的影響を及ぼしうるのに比べるとスポーツ試合観戦はちょっと違うが,熱烈なファンの場合,試合の結果に“命をかけている”のは違いない」。

サイト内の関連記事を読む