News Scan

人間よりも環境に優しい車~日経サイエンス2011年7月号より

 環境に優しいハイブリッド車は,いまや移動手段の切り札といえる。伊ミラノ大学の生理学教授ミネッティ(Alberto E. Minetti)は修士課程の学生パヴェイ(Gaspare Pavei)とともに,4人の男性が歩くとき,走るとき,自転車をこぐときに出す二酸化炭素の量を,同じ男性4人をハイブリッド車に乗せて運ぶ場合に出る排出量と比較した。

 

 その結果,男性4人がジョギングしたときの排出量はハイブリッド車に乗って移動した場合よりも多いことがわかった(平均的な女性4人がジョギングした場合は,体重が男性よりも軽いため,ハイブリッド車に乗るよりも二酸化炭素排出量は少なくなる)。

 

 教訓:男性の友達3人と映画館に急いで行くときには,走らないこと。ハイブリッド車のタクシーを呼ぼう。

 

ほかにも話題満載! 5月25日発売の7月号誌面でどうぞ。

サイト内の関連記事を読む