きょうの日経サイエンス

2011年1月25日

やわらか頭のアイデア 自然にヒントを得たアルゴリズム

本日発売の日経サイエンス3月号に掲載中の「新発想 やわらか頭のアイデア集」からサワリをご紹介します。大きな可能性を秘めたアイデアや技術をSCIENTIFIC AMERICAN 編集部が選びました。10のアイデアを1項目ずつ不定期にアップしますので,またこのページをのぞきに来て下さい!

 

アイデア1 自然にヒントを得たアルゴリズム
広大なデジタル生物圏を生き抜く助けに

 

 複雑化が進むデジタル世界を管理する方法を模索するコンピューター科学者は,そのヒントを母なる自然に求めつつある。
 例えば樹状細胞はコンピューターセキュリティーと関係があるようには思えないが,病原体が侵入した場合に体に危険を知らせている。英ノッティンガム大学のコンピューター科学者グリーンスミス(Julie Greensmith)は「樹状細胞アルゴリズム」を設計した。このプログラムは,私たちの免疫系が本物のウイルスを感知するように,コンピューターウイルスなどの悪質なコードを検出する……。

 

詳しくは誌面でどうぞ m(_ _)m