What’s New

推進力はマイクロ波〜日経サイエンス2020年7月号より

燃料搭載なしで飛ぶロケットの基礎実験に成功   筑波大学の嶋村耕平助教らは,マイクロ波を使ってロケットの推進力を生み出す実験に成功し,推進効率を詳細に計測した。地上から無線で送ったマイクロ波で推進することで,搭 … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, News Scan

【書店様向けページ】店頭販促物を公開しました。(5/25)

書店・販売会社の皆様へ   日頃,大変お世話になっております。   書店様向けページにて 5月25日発売の2020年5月号の店頭販促物を公開いたしました。 『お薦め商品一覧』も更新しております。 &n … 続きを読む

カテゴリ 03宣伝・販売スタッフ日記, Information

外れるとヒントがもらえる賭け(問題)

 ある日,帽子屋が恒例のお茶会会場である三月ウサギの家の前にブラブラとやって来ると,驚いたことに珍客がいた。例のマハラジャ出身と噂されるお大尽だ。  自分に得にならない賭けを持ちかけては金品をばらまくのがお大尽の趣味であ … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, パズルの国のアリス, パズルの国のアリス(解答なし)

重力レンズ天文学誕生に貢献 謎の天体ダークマターに迫る:大栗真宗

光の進路が曲がり遠くの星や銀河が変形して見える「重力レンズ効果」 この現象を利用した新しい天文学の誕生に大きく貢献した 重力レンズ効果をもたらすダークマター(暗黒物質)の解明に取り組む     科学研 … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 最新号の紹介, 記事

水素エネルギー再評価

すべての電力を再生可能エネルギーでまかなうには? 太陽光や風力で発電した電力の余剰分を使って水を電気分解し,水素を作ることが可能だ。これをパイプラインで輸送すれば必要に応じて電気に再変換できる。タンクや地下空洞に蓄えて産 … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 最新号の紹介, 記事

進化で読み解く歯の健康学

動物の歯は何億年もの時間をかけて,非常に強く,効果的な咀嚼に適した歯並びへと進化した。ある特定の口内環境において,これらの機能がうまく働くようになっている。現代人の歯並びの悪さや虫歯などの問題は主に,口内環境の変化から生 … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 最新号の紹介, 記事

中生代の空の怪物 翼竜

中生代は「恐竜の時代」といわれることが多いが,空を支配していたのは別の動物グループ,翼竜だ。翼竜は鳥類よりも約8000万年早く,脊椎動物で初めて羽ばたき飛行を進化させた。体重が290kgを超えていたとみられる最大級の翼竜 … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 最新号の紹介, 記事

遺伝性プリオン病  発症前治療への挑戦

プリオン病は,脳に存在するPrPと呼ばれる正常なタンパク質が折り畳み異常を起こしてプリオンになり,そのプリオンが周囲のPrPを同様に変形させることで起こる致死性の神経変性疾患だ。汚染された肉などを介した感染による獲得性プ … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 最新号の紹介, 記事

希少疾患に光明 アンチセンス核酸医薬

アンチセンスオリゴヌクレオチド(ASO)は化学的に改変したDNAやRNAの短い鎖で,特定のRNAに由来して生じるタンパク質を変えるように設計されている。数十年の苦闘の末,この技術がついに本領を発揮し始めた。脊髄性筋萎縮症 … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 最新号の紹介, 記事

特集:核酸医薬

遺伝子変異のために適切なタンパク質を作れないことで生じる致死的な疾患がある。脊髄性筋萎縮症や筋ジストロフィーなどの難病だ。そうした変異遺伝子の発現過程を阻害して治療する人工のDNAやRNAがアンチセンス核酸医薬。長年の研 … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 最新号の紹介, 記事

【書店様向けページ】お薦め商品一覧を更新しました。(5/20)

書店・販売会社の皆様へ   日頃,大変お世話になっております。   書店様向けページにて お薦め商品一覧を更新いたしました。   フェア開催や棚補充のご参考にしていただければ幸いです。 各タ … 続きを読む

カテゴリ 03宣伝・販売スタッフ日記, Information

長期戦略の模索 第2波に備える

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をめぐり,日本では5月14日に緊急事態宣言の解除条件の考え方が公表され,首都圏と関西,北海道を除く39県が解除された。今後も都道府県の流行状況に応じて順次解除が検討される予定だ … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 最新号の紹介, 記事

パンデミック終息へのシナリオ

今回の新型コロナウイルスは,容易に感染すること,無症状から重体まで患者の病態が幅広いこと,世界を大混乱に陥れたことにおいて前例がない。しかしCOVID-19のパンデミックが今後どう展開し,どのように終息するのか,過去のア … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 記事

ワクチン迅速開発へ新手法 ウイルスの核酸を合成

COVID-19パンデミックを完全に終息させることがもしできるとしたら,その唯一の手段は有効なワクチンの開発だろう。4月前半までに,19カ国のおよそ80の企業と研究所が,ワクチンの開発を開始した。その大半が,インフルエン … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 最新号の紹介, 記事

医療従事者が語るパンデミック最前線

最前線の医療従事者は今回のCOVID-19パンデミックの顔となった。重症患者の治療に立ち向かうその姿は人間性の最も素晴らしい部分の象徴であるとともに,米国の脆弱な医療制度と政府の混乱した対応による副次的なダメージを体現し … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 最新号の紹介, 記事