What’s New

第3の腕を手に入れる

女性が両手で白い箱を持って,何かの作業をしている。そこへ左からプラスチックボトルが差し出された。すると黒いシャツを着たロボットの腕がすっと手を上げ,ボトルをつかんだ──。京都府にある国際電気通信基礎技術研究所(ATR)主 … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, 最新号の紹介, 記事

意図を汲んで動くマシン

神経信号によってコンピューター画面のカーソルやロボット義肢を動かすことができるブレイン・マシン・インターフェース(BMI)の開発が進んでいる。著者らは四肢麻痺患者の後頭頂皮質に電極を挿入し,患者が実行したいと思う動作を読 … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, 最新号の紹介, 記事

特集:BMIで拡張する身体

脳の活動からその人の意図を読み取って,外部のロボットアームやコミュニケーション装置を動かす。そんな新しいBMI(ブレイン・マシン・インターフェース)装置が,ユーザーに使ってもらって検証する段階に入っている。米カリフォルニ … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, 最新号の紹介, 記事

抜け落ちた視点 月経の科学的解明

雌が周期的に出血する「月経」があるのは,ヒトのほかはチンパンジー,コウモリ,ハネジネズミなど一部の動物だけだ。大部分の哺乳類は発情することで生殖可能のシグナルを出し,発情期の終わりに子宮内膜を吸収している。   … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, 最新号の紹介, 記事

国際比較:妊産婦死亡率

出産時に死亡する女性の数は幸い世界的に減少傾向にあるが,米国では上昇している。現在では1987年に比べて2倍に増え,毎年800人近い妊産婦が死亡している。最も衝撃的なのは人種による差が大きいことで,黒人女性が心臓の問題や … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, 最新号の紹介, 記事

卵子凍結ブームの死角

技術の進歩が卵子凍結ブームを後押ししている。卵子凍結によって妊娠を先延ばしできるとうたわれているが,卵子を凍結しても無事出産にこぎ着けられる保証はまだない。

カテゴリ 2019年11月号, 最新号の紹介, 記事

特別リポート:生殖医療の現在

卵子を急速凍結するガラス化法の開発や体外受精技術などの進歩に伴い,将来のために卵子を凍結する女性が増えている。米国では卵子凍結専門クリニックも登場し,卵子凍結を奨励している。だが,卵子を凍結しても無事出産にこぎ着けられる … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, 最新号の紹介, 記事

世界の情報をタマゴ1個に DNAストレージ

DNAは遺伝暗号だけでなく情報一般の保存に最適な特性を持っている。塩基配列を読み取る技術が進んだことで,一部の研究分野では分子スケールの記録媒体として使われるようになってきた。記録した複数の画像を順番に読み出して動画を再 … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, 最新号の紹介, 記事

闘争の動物行動学

どの動物も,食物や交配相手をめぐる争いの際に,相手と自分の戦闘能力を比べていると考えられてきた。相手が強すぎるなら諦めたほうが身のためだ。だが近年の研究で,多くの動物種が戦うか引き下がるかを決めるうえで別の様々な評価法を … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, 最新号の紹介, 記事

日経サイエンス 2019年11月号

特集:北極融解 氷が消える海  中島林彦 協力:菊地 隆 変化の姿   北極海争奪戦  M.フィシェッティ ぶつかる主張   にらみ合いの行方  K. スティーブン 経済発展の可能性   & … 続きを読む

カテゴリ 2019年11月号, トップ, 最新号の紹介, 雑誌

アナゴ先生の美術作品(解答)

 まず最初の問題であるが,同色の4点が頂点をなす長方形を便宜上「同色長方形」と呼ぶことにしよう。2色に色分けされたキャンバス上には必ず同色長方形が存在するが,このことは英語で「pegionhole principle(P … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, パズルの国のアリスー解答

Night Visions / 凄ワザ解剖 動物の暗視能力

The sun’s final rays filter through the leaves as night falls in the dense, muggy rain forest. The descending gloam over Panama’s Barro Colorado Island obscures the towering, spiky kapok trees, th … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, 英語で読む日経サイエンス

セクハラ告発の代償〜日経サイエンス2019年10月号より

職場での告発はいまだにしっぺ返しを伴っている   #MeToo(ミートゥー)運動の成果にもかかわらず,女性はしっぺ返しの恐れから職場でのセクハラ被害をいまだに訴えにくい。ある最近の研究は,セクハラを自己報告した … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, News Scan

One Eye Open / 片目を開けて眠る動物たち 半球睡眠

One of the most striking features of living organisms, both animals and plants, is the way their physiology and behavior have adapted to follow the fluctuations of daily light and nocturnal darkness. … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, 英語で読む日経サイエンス

紫外線照明で衝突防止〜日経サイエンス2019年10月号より

鳥と送電線の衝突を防ぐ巧みな考案   人間の活動は環境汚染から建造物まで様々な要因によって,野生動物の命をかつてないスピードで奪っている。一部の鳥は夜間に送電線と衝突することで個体数をかなり減らしている。そこで … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, News Scan