What’s New

くじ引きによる景品分配

 アリスがイモムシ探偵局にいると,例のマハラジャ出身と噂されるお大尽がやって来た。いつの頃からか不思議の国と鏡の国の合同演芸会で景品や賞金を提供することが恒例となっているが,今日はその提供方法についての相談らしい。  お … 続きを読む

カテゴリ 2020年3月号, パズルの国のアリス, パズルの国のアリス(解答なし)

南海トラフ地震の描像 シミュレーションで迫る:堀 高峰

30万人超の死者が発生するとされる南海トラフ地震 最新の地震学の知見から直前予知は不可能と考え防災対策の転換を主導 研究で地震の姿を明確にして,事前の備えに努めることを訴える   西日本の太平洋沿岸でマグニチュ … 続きを読む

カテゴリ 2020年3月号, 最新号の紹介, 記事

三体問題に進展 周期解に新たな予想

SF小説『三体』に出てくる三体星の歴史においては,ある日突然激しい天変地異が起き,それまでに築かれていた文明が滅亡して,再びゼロから始まることになる。それというのも,この世界には太陽が3つあり,それらが予測不能な極めて複 … 続きを読む

カテゴリ 2020年3月号, 最新号の紹介, 記事

『三体』に出てくる量子通信は可能か?

劉慈欣のSF『三体』に出てくる三体星人は高度な文明を持ち,量子通信を駆使して地球にサイバー戦を仕掛けてくる。その中には量子テレポーテーションを彷彿とさせる通信方法が登場するが,果たして小説のような量子通信は本当に可能なの … 続きを読む

カテゴリ 2020年3月号, 最新号の紹介, 記事

SF小説『三体』に見る天文学最前線 

異星文明とのファーストコンタクトを扱った中国のSF『三体』が世界的ベストセラーとなり,SFファンのみならず多くの人々に読まれている。その背景には天文学が進展し,太陽系に最も近い恒星系を含むほとんどの恒星が惑星を持ち,中に … 続きを読む

カテゴリ 2020年3月号, 最新号の紹介, 記事

特集:『三体』の科学

異星文明とのファーストコンタクトを扱った『三体』はSFの歴史に新たなページを加える作品だ。著者は中国の作家,劉慈欣(りゅう・じきん,リウ・ツーシン)。SF雑誌「科幻世界」に連載された後,2008年から3部作として刊行,中 … 続きを読む

カテゴリ 2020年3月号, 最新号の紹介, 記事

作者 劉 慈欣が語るSFと科学技術

『三体』の作者,劉慈欣が2019年10月,初めて来日し,埼玉大学で開かれたシンポジウムでSFと科学技術とのつながりについて語った。SFは科学技術が発展することで新たな想像の世界を作り出せると述べ,特に天文学と物理学の研究 … 続きを読む

カテゴリ 2020年3月号, 最新号の紹介, 記事

機械は意識を持ちうるか

人工知能(AI)の技術が大きく進展し,人間と同レベルの知能を備えた機械の実現が近づいてきた。だが,現在よりも格段に高度なAIが実現したとして,それらが意識を持つかどうかは,依然としてわからないだろう。脳を最も精巧にシミュ … 続きを読む

カテゴリ 2020年3月号, 最新号の紹介, 記事

神経回路網はどのように知性を生み出すのか

脳から意識がどのように生まれるのか? この疑問から生まれた新たな学問分野「ネットワーク神経科学」では,読み書きや計算,簡単な動作といった行動を可能にしている脳領域間の結合を,グラフ理論という数学の手法を使ってモデル化する … 続きを読む

カテゴリ 2020年3月号, 最新号の紹介, 記事

特集:脳のコネクトーム

脳という“物質”から知性や意識がどのように生まれるのか? 個別のニューロンや脳領域の活動をかなり詳しく調べられるようになった現在も,大きな謎だ。この謎の解明に挑むべく,「ネットワーク神経科学」という新たな学問分野が生まれ … 続きを読む

カテゴリ 2020年3月号, 最新号の紹介, 記事

【別冊日経サイエンスフェア】〜全国の書店で開催中!

現在,全国の書店・大学生協約250店舗で日経サイエンスの別冊フェアが開催中です。 この機会に是非ご来店いただき,買い逃してしまった別冊日経サイエンスをお買い求め下さい。 気になっていた別冊の中身をチェックしてみることもで … 続きを読む

カテゴリ 03宣伝・販売スタッフ日記, きょうの日経サイエンス

投稿日 2020年1月21日

ウイルスをシャットアウトするゲノム改造細菌

米ハーバード大学の研究チームが,地球上のどんなウイルスにも攻略されない生物を作りつつある。細菌のDNAを再コードし,ウイルスによる乗っ取りを可能にしている遺伝経路をすべて取り除く試みだ。再コードされた細胞は以前と変わらず … 続きを読む

カテゴリ 2020年3月号, 最新号の紹介, 記事

【書店様向けページ】店頭販促物・お薦め商品一覧を更新しました。(1/20)

書店・販売会社の皆様へ   日頃,大変お世話になっております。   書店様向けページにて お薦め商品一覧を更新いたしました。   フェア開催や棚補充のご参考にしていただければ幸いです。 各タ … 続きを読む

カテゴリ 03宣伝・販売スタッフ日記, Information

X線宇宙望遠鏡チャンドラが明かした宇宙の姿

1999年に打ち上げられ,超大質量ブラックホールや超新星爆発残骸など,様々な天体について大きな発見を成し遂げてきたチャンドラX線宇宙望遠鏡。運用20周年を機に,その豊かな成果を美しい画像とともに紹介する。

カテゴリ 2020年3月号, 最新号の紹介, 記事

「統計的に有意」を問い直す

実験結果の統計的有意性を判断するのに長らく「p値」が使われてきた。p値0.05をひとつの目安とする方法だ。しかし皮肉なことに,この閾値が過度に重視され,いくつかの科学分野で実体のない確実性が一人歩きする事態となっている。

カテゴリ 2020年3月号, 最新号の紹介, 記事