News Scan

人の顔を見分けるハチ〜日経サイエンス2006年4月号より

 ミツバチを訓練すると人間の顔を識別できるようになる。英ケンブリッジ大学のダイアー(Adrian G. Dyer)らは,ミツバチにある実験を施した。人間の顔を写した白黒写真をミツバチに近づけ,甘いごほうび(砂糖水)と苦い … 続きを読む

カテゴリ 2006年4月号, News Scan

タンパク新素材で驚異の弾力性〜日経サイエンス2006年4月号より

人工レシリンの登場で高まる実用化への期待    スーパーボールは硬いプラスチックの球体で,落下するとほぼ完璧に跳ね返り,いつまでも弾み続けそうなおもちゃだ。最近,天然のスーパーボールともいえるタンパク質が合成さ … 続きを読む

カテゴリ 2006年4月号, News Scan

離陸間近の折りたたみ式飛行機〜日経サイエンス2006年3月号より

風船のように空気で翼を膨らませるどこにでも持ち運びが可能    155ミリ榴弾砲から砲弾に似たものが勢いよく飛び出し,低い衝撃音が山々にこだまする。ところが,1秒もたたないうちに砲弾は膨れ,翼幅1.8mの飛行機 … 続きを読む

カテゴリ 2006年3月号, News Scan

ブラックホールを見る〜日経サイエンス2006年3月号より

   ブラックホールは光さえものみ込んでしまうので,望遠鏡でその内部をのぞき見ることはできない。しかし,「事象の地平」を見ることは可能になるかもしれない。事象地平はブラックホールから光が永久に出てこられなくなる … 続きを読む

カテゴリ 2006年3月号, News Scan

冷戦が残した年代決定法〜日経サイエンス2006年3月号より

核実験で放出された炭素が思わぬ効用を発揮    ストックホルムにあるノーベル医学研究所の神経科学者フリーセン(Jonas Frisén)は生身の人体の各部分について,その年齢を調べたいと考えた。脳組織の再生を目 … 続きを読む

カテゴリ 2006年3月号, News Scan

水面下のスピード違反〜日経サイエンス2006年3月号より

 ビーズを水に混ぜると,音波が示すある種のスピードを光速以上にできる可能性がある。 1982年に行われた実験で,光パルスの群速度(個々の波ではなく,パルスの頂点の移動速度)が光速を超えうることが示された(情報を伝えていな … 続きを読む

カテゴリ 2006年3月号, News Scan

核外での遺伝子編集〜日経サイエンス2006年3月号より

   遺伝子の情報が,細胞核とは別の場所で編集されている例が見つかった。  DNAに書き込まれている命令はRNAに転写され,細胞の他の部分へ送られる。遺伝情報が適切につなぎ合わされて,タンパク質生成の指令となっ … 続きを読む

カテゴリ 2006年3月号, News Scan

ブラックホールになれない巨大星〜日経サイエンス2006年3月号より

 ブラックホールはこれまで予想されていたよりも形成しにくいもののようだ。    理論計算によると,質量が太陽の約25倍以上ある星は超新星爆発を起こした後にブラックホールになり,それよりも質量の小さい星は高密度で … 続きを読む

カテゴリ 2006年3月号, News Scan

行方不明の組み換えトウモロコシ〜日経サイエンス2006年1月号より

 2001年,メキシコのオアハカ州で,本来は存在しないはずの遺伝子組み換えトウモロコシが見つかったとする論文がNature誌に掲載され,論議の的となった。事実なら,遺伝子組み換え種が生態系を乱していることになる。同誌は翌 … 続きを読む

カテゴリ 2006年1月号, News Scan

健闘する“手作り衛星”〜日経サイエンス2006年1月号より

 東京大学の学生らが製作した超小型衛星サイV(XI-V)が去る10月27日,ロシアのプレセツク宇宙基地から打ち上げられ,所定の軌道に入った。宇宙航空研究開発機構が開発している新型太陽電池「シグス」の実証試験などを行う。 … 続きを読む

カテゴリ 2006年1月号, News Scan

遠い祖先もアフリカ起源?〜日経サイエンス2006年2月号より

京大などのチームがケニアで新たな類人猿化石を発見人類と現生類人猿の共通祖先らしい      類人猿と人類の共通祖先が生まれたのはユーラシアだったのか,それともアフリカだったのか──。ユーラシア起源説が … 続きを読む

カテゴリ 2006年2月号, News Scan

ひとりで歩く分子〜日経サイエンス2006年2月号より

   人間が歩くのと似た要領で,平面上を自らまっすぐ移動する分子が初めて作り出された。    この分子は9,10-ジチオアントラセン(DTA)といい,コールタールの誘導体に1対の硫黄有機化合物が結びつ … 続きを読む

カテゴリ 2006年2月号, News Scan

胎児の細胞が母親の脳へ〜日経サイエンス2006年2月号より

損傷修復に一役買っている可能性がある細胞移植による治療に発展するかも    母親はわが子のことで頭がいっぱいだが,その脳のなかには文字通り,わが子が存在するようだ。母マウスの脳を調べたところ,胎児の細胞が入り込 … 続きを読む

カテゴリ 2006年2月号, News Scan

痛いの痛いの飛んでけ!〜日経サイエンス2006年2月号より

 プラセボ(偽薬)には何の薬理効果もないのだが,患者が効果を信じ込んでいる場合,想像以上の実績が上がるようだ。    ミシガン大学アナーバー校とメリーランド大学の神経科学者たちは,健康な若い男性ボランティアを募 … 続きを読む

カテゴリ 2006年2月号, News Scan

ブラウン運動を詳しく見ると…〜日経サイエンス2006年2月号より

 アインシュタイン(Albert Einstein)は相対性理論のほか,ブラウン運動の理論も打ち立てた。流体中に浮遊する微粒子がランダムに運動するのは,周囲の分子が微粒子に衝突した結果であるという説明だ。しかし,ブラウン … 続きを読む

カテゴリ 2006年2月号, News Scan