News Scan

太陽をつかまえろ〜日経サイエンス2008年9月号より

日本が宇宙太陽光発電の研究に乗り出したエネルギー価格の高騰を受け,米国でも関心が再燃している    西暦2307年,化石燃料は枯渇したが,人類は新たなエネルギーとして大規模な宇宙太陽光発電システムを手に入れてい … 続きを読む

カテゴリ 2008年9月号, News Scan

表面張力で食べる〜日経サイエンス2008年9月号より

 ヒレアシシギという鳥は長細いくちばしをしているので,水やおいしい甲殻類を吸い込むのは苦手だ。その代わり,表面張力という液体の引力を使って餌を吸い上げる。 この鳥は最初,小さい円を描くように水面を素早く泳ぎ回り,渦を作っ … 続きを読む

カテゴリ 2008年9月号, News Scan

神経変性は「脳の糖尿病」〜日経サイエンス2008年9月号より

インスリン異常がアルツハイマー病などに関連しているらしい      糖尿病患者や糖尿病について知っている人ならだれでも,インスリンの重要性を知っている。インスリンは細胞が糖や脂肪をエネルギー源として蓄 … 続きを読む

カテゴリ 2008年9月号, News Scan

がん細胞と白血球の融合〜日経サイエンス2008年9月号より

 がんが転移して全身に広がるのはなぜか。その秘密は腫瘍細胞と白血球の融合にあるのかもしれない。そうした融合体は白血球がもともと持っていた遊走力と,際限なく分裂を続けるがん細胞の性質を併せ持つだろう。この融合説が最初に提唱 … 続きを読む

カテゴリ 2008年9月号, News Scan

ブログは健康によい?〜日経サイエンス2008年9月号より

生理的な効果を探る研究が進み始めた    ブログを書く人が増えている理由は,それが一種の“自己療法”だからかもしれない。自分の経験や思考,気持ちについて著述するのが心身の健康維持に有効であることは,昔から科学者 … 続きを読む

カテゴリ 2008年9月号, News Scan

ポカを未然に防ぐ〜日経サイエンス2008年9月号より

 誰でも単純作業で思わぬミスをすることがある。しかし,集中力や脳活動の低下だけが間違いの原因ではない。実際,作業に関連する脳領域の活動パターンを利用して,誤った動作をその発生から最大で30秒前に予測できる。ミス発生を未然 … 続きを読む

カテゴリ 2008年9月号, News Scan

「ホワイトスペース」をめぐる戦い〜日経サイエンス2008年8月号より

未来の無線ネット接続が地デジ放送を妨害する?一足先を行く米国の事情に注目      マイクロソフトやグーグルほか影響力の大きないくつかの技術企業は,超高速の無線インターネット接続法を見つけた。これに比 … 続きを読む

カテゴリ 2008年8月号, News Scan

iPS細胞で神経疾患を改善〜日経サイエンス2008年8月号より

 成体マウスの皮膚細胞を胚性幹細胞(ES細胞)に似た状態に初期化し,このiPS細胞を使ってラットのパーキンソン病を和らげる実験が成功した。 ドーパミン産生ニューロンを破壊する毒素を健康なラットに注射してパーキンソン病に似 … 続きを読む

カテゴリ 2008年8月号, News Scan

何を見てるかお見通し〜日経サイエンス2008年8月号より

 脳の視覚野の活動パターンをもとに,その人が何を見ているのかを判別する方法を,カリフォルニア大学バークレー校の研究グループが開発した。 被験者に一連の画像を見せながら,その脳を機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で撮影し, … 続きを読む

カテゴリ 2008年8月号, News Scan

アスベストの影響〜日経サイエンス2008年8月号より

 アスベストやシリカ(ケイ石粉)を吸い込むと肺を害することは古くから知られているが,そのダメージがどのように起こるのかは謎だった。最近,マウスを使った実験で重要な役者が浮かび上がった。体内で免疫系を強く活性化する「Nal … 続きを読む

カテゴリ 2008年8月号, News Scan

外来魚は経済を追って〜日経サイエンス2008年8月号より

GDPの高い地域は外来魚の侵入が大きい      海運貿易の発展に伴い,世界中の水路に外来魚が入り込み,在来種を絶滅に追い込むようになった。漁業が崩壊し,外来魚の侵入を食い止めるために各国政府は巨費を … 続きを読む

カテゴリ 2008年8月号, News Scan

鳥インフル,H7も要注意〜日経サイエンス2008年8月号より

 米疾病対策センター(CDC)の研究チームは,ヨーロッパや北米で鳥からヒトへ感染した鳥インフルエンザウイルス株を調べ,いくつかの株でヒトに感染しやすくなるような変異が起きていることを突き止めた。注目すべきは,パンデミック … 続きを読む

カテゴリ 2008年8月号, News Scan

ブラックホールからの回収〜日経サイエンス2008年8月号より

 ブラックホールにのみ込まれたものすべてが失われるわけではない。情報はホーキング放射として数兆年の時間をかけて漏れ出してくる可能性がある。最近の分析によると,このデータ回収は以前に考えられていたよりもずっと速く可能だ。 … 続きを読む

カテゴリ 2008年8月号, News Scan

“必察” 仕置きの匂い〜日経サイエンス2008年8月号より

 危険にさらされると,新たな匂いを嗅ぎ分けられるようになるかもしれない。    ノースウエスタン大学の科学者たちは,化学式は同じだが分子構造が鏡に映したように反対になっている匂い物質を被験者に嗅がせる実験をした … 続きを読む

カテゴリ 2008年8月号, News Scan

副作用を生き抜くための薬〜日経サイエンス2008年8月号より

テロ対策として始まった米国の医薬品開発が放射線治療対策として実を結ぶかもしれない      9.11同時多発テロ以降,米国議会は放射性兵器によるテロを懸念した。通常爆薬の周りに放射性物質を充填し,爆発 … 続きを読む

カテゴリ 2008年8月号, News Scan