News Scan

真空調理法の科学〜日経サイエンス2011年3月号より

従来の加熱とは物理的に大違い    近ごろの高級レストランでミディアム・レアのステーキを頼み,出てきた肉をナイフで切ると,中心だけでなく肉の端から端まで完璧な淡紅色で,茶色いのは外側のほんの一皮だけ,という切り … 続きを読む

カテゴリ 2011年3月号, News Scan

眠りの効用〜日経サイエンス2011年3月号より

睡眠が脳の機能を回復させるのはなぜか 透明な熱帯魚を使った実験が疑問に迫る    睡眠の効用は当然に思えるが,睡眠が脳の活動を細胞レベルでどのように改善しているのかについては,長年にわたる科学議論がなお続いてい … 続きを読む

カテゴリ 2011年3月号, News Scan

あなたのがんは何歳か?〜日経サイエンス2011年3月号より

膵臓がんは致命的になるずっと前に変異が起きている早期発見によって対処が可能だ    膵(すい)臓がんと診断された患者の5年生存率はたったの5%だ。こうまで予後が悪いのはなぜなのか長年の謎だったが,最近の研究で, … 続きを読む

カテゴリ 2011年3月号, News Scan

幽霊粒子が大量に〜日経サイエンス2011年3月号より

新種のニュートリノが暗黒物質の正体か    ニュートリノは最もとらえにくい粒子で,人体も地球も特別に設計した検出器さえも,すべてを通り抜けてしまう。だが,「ステライルニュートリノ」という未確認の同類と比べれば, … 続きを読む

カテゴリ 2011年3月号, News Scan

群れ飛ぶ粒子〜日経サイエンス2011年3月号より

陽子衝突の結果,生成粒子が同方向に飛び出すのはなぜか? LHCで見つかった奇妙な現象の謎解きが始まる    スイスのジュネーブ近郊にある大型ハドロン衝突型加速器LHCは昨年に本格稼働し,6カ月間の実験を行った。 … 続きを読む

カテゴリ 2011年3月号, News Scan

噴火とともに去りぬ〜日経サイエンス2011年2月号から

ネアンデルタール絶滅の原因に新説が登場    私たちに最も近い人類,ネアンデルタール人が絶滅したのはなぜか──この長年の謎を解決するカギを,カフカス山脈北部の洞窟が握っているのかもしれない。 眉が隆起し胸板の厚 … 続きを読む

カテゴリ 2011年2月号, News Scan

ホーキングは(たぶん)正しかった〜日経サイエンス2011年2月号より

未確認のブラックホール放射が実験室で再現されたようだ    1974年,ホーキング(Stephen Hawking)はブラックホールの外縁から粒子がちょろちょろ流れ出している,つまり放射が出ていると提唱した。こ … 続きを読む

カテゴリ 2011年2月号, News Scan

味わい深い泡の味〜日経サイエンス2011年2月号より

カプチーノからビールまで,身近な泡には数学的謎がいっぱい    朝をふわふわのカプチーノで始め,夕食に濃厚なビールを楽しんだ場合,その人は一日のスタートと締めくくりを科学的に最も興味深い食物とともにしたことにな … 続きを読む

カテゴリ 2011年2月号, News Scan

340万年前の食肉加工〜日経サイエンス2011年1月号より

従来説よりもはるかに昔から,肉食と石器の利用がなされていた    はるか昔,東アフリカの海岸沿いで,腹ぺこの人たちが原始のステーキディナーにがっついていた。牛やヤギくらいの大きさの動物の肉を鋭い石器で切り,骨を … 続きを読む

カテゴリ 2011年1月号, News Scan

鼻息のパワー〜日経サイエンス2011年1月号より

鼻を使って移動や意思疎通ができる障害者向け装置が登場    重度の障害者が移動と意思疎通を取り戻す方法は? そのカギは文字通り目と鼻の先,鼻にあるのかもしれない。身体が麻痺した人が鼻をクンクンするだけで,書いた … 続きを読む

カテゴリ 2011年1月号, News Scan

重力変換器は可能か〜日経サイエンス2011年1月号

変圧器の“重力版”を作れるかも?    注ぎ込んだものよりいかに多くのものが得られたかで科学理論の成功度を測るとしたら,最も成功したのはアインシュタインの一般相対性理論に違いない。いくつかの単純な原理と,「落下 … 続きを読む

カテゴリ 2011年1月号, News Scan

殺し屋ウイルスの急所を発見〜2011年1月号より

新薬開発に重要な手がかりが得られた    1918年に大流行したインフルエンザ(スペイン風邪)の犠牲者の冷凍保存されていた肺から,ある研究チームが問題のウイルスを再現してから,5年たった。当時,このジュラシック … 続きを読む

カテゴリ 2011年1月号, News Scan

ホーキング,神学と闘う?〜日経サイエンス2011年1月号より

新著に神学者が猛反発    ホーキング(Stephen Hawking)はやりすぎたのか? 去る9月に刊行されたカリフォルニア工科大学の物理学者ムロディナウ(Leonard Mlodinow)との共著書「The Gran … 続きを読む

カテゴリ 2011年1月号, News Scan

空飛ぶイカ〜日経サイエンス2010年12月号

新たな写真がイカ飛行の証拠    フロリダ州にあるバリー大学で教鞭をとる海洋生物学者のマシア(Silvia Maciá)は2001年夏にジャマイカの北海岸沖を航行していた際に,海面から何かが飛び出してくるのに気 … 続きを読む

カテゴリ 2010年12月号, News Scan

心の痛みに鎮痛剤〜日経サイエンス2010年12月号

仲間外れにされて傷ついたとき,解熱鎮痛剤が効くかも    死よりもひどい悲運とは? 古代から現代まで多くの社会が,追放は死と同じくらいひどいとみなしてきた。かつて家族や友だちから疎外され,たき火の輪や町の門から … 続きを読む

カテゴリ 2010年12月号, News Scan