News Scan

1 / 5512345...102030...最後 »

ロケット材料が熱い〜日経サイエンス2017年9月号より

微細な“けば”つき繊維によって強度を大幅にアップ    現在のロケットエンジンの内部は1600℃という猛烈な温度に達する場合がある。鋼鉄も融ける高温だ。そして未来のエンジンはさらに高温になる必要がある。高温にな … 続きを読む

カテゴリ News Scan

秘密とウソ〜日経サイエンス2017年9月号より

秘密についてあれこれ考えるのはそれを隠す行為よりも心を傷つける   誰もみな秘密を持っている──これは秘密でも何でもない。秘密を守るのは気が疲れるだろうが,それは大半の研究者が長年想定してきたのとは別の理由によ … 続きを読む

カテゴリ 2017年9月号, News Scan

夢に迫る〜日経サイエンス2017年9月号より

夢を見ている際に活動する脳領域から意識を探るアプローチ   「眠ることはたぶん,夢を見ることだ」──シェークスピアが言いたかったのは私たちが夜に旅する別世界のことではなかったかもしれないが,夢という現象の不思議 … 続きを読む

カテゴリ 2017年9月号, News Scan

植物は聞こえている?〜日経サイエンス2017年9月号より

水の音や虫が葉を食べる音を検知できている可能性も   植物に音楽を聴かせるとよく育つといった,根拠のはなはだ怪しいエセ科学的な主張は何十年も前からある。しかし最近の研究は,ある種の植物が,パイプのなかを流れる水 … 続きを読む

カテゴリ 2017年9月号, News Scan

火の玉にならずに大気圏再突入〜日経サイエンス2017年9月号より

超小型衛星による実証実験に成功した   宇宙船や探査機が地球に帰還する際の最後の難関は大気圏再突入だ。大気と激しく衝突し,機体が火の玉に包まれたようになる。これまでは火の玉状態に耐える耐熱・耐風圧技術が開発され … 続きを読む

カテゴリ 2013年9月号, News Scan

サメの祖先に手がかり〜日経サイエンス2017年8月号より

4億年前の古代魚の化石にサメと硬骨魚の両方の特徴が見つかった   サメの進化について科学的なことはほとんどわかっていない。「軟骨が奇妙な組織である」のが一因だと,ニューヨークにあるアメリカ自然史博物館の古生物学 … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, News Scan

チップ上に月経周期を再現〜日経サイエンス2017年8月号より

女性の生殖器系の機能を模したオンチップ臓器が作られた   女性の生殖器系を調整している精妙なホルモンシグナル伝達を普通のシャーレ上に再現することはできず,女性の健康と生理学の研究は長らく遅れてきた。この問題を解 … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, News Scan

ピザ職人ロボット修行中〜日経サイエンス2017年8月号より

とても器用なロボットがデビュー待ち   ピザには深夜の実験室作業の燃料源としての誇り高き歴史があり,ピザで有名なイタリアのナポリの科学者は世界で最もおいしいピザを容易にテイクアウトできる。だが,工学者のシチリア … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, News Scan

サメの祖先に手がかり〜日経サイエンス2017年8月号より

4億年前の古代魚の化石にサメと硬骨魚の両方の特徴が見つかった   サメの進化について科学的なことはほとんどわかっていない。「軟骨が奇妙な組織である」のが一因だと,ニューヨークにあるアメリカ自然史博物館の古生物学 … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, News Scan

太陽の運行を刻む現代芸術施設〜日経サイエンス2017年8月号より

現代美術作家の杉本博司氏による施設が相模湾を一望する地に今秋完成する   人類の文明の曙において太陽の運行は文化芸術と強く結び付き,生活の区切りとして重要な意味を持っていたと考えられる。英国のストーンヘンジなど … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, News Scan

赤子の脳が覚えている言語〜日経サイエンス2017年7月号より

最初に接した言語の記憶が意識下に保存されているようだ   生まれて最初に接した言語の影響が,大人になった後も,その言語を話しもせず理解もしていないのに,ずっと残っている可能性が最近の研究で示された。また,そうし … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, News Scan

古代食に見えた性差別〜日経サイエンス2017年7月号より

古代中国の人骨から明らかに   「唯女子と小人とは養い難しと為す。これを近づくれば則ち不孫なり。これを遠ざくれば則ち怨む(女性と身分の低い男性は扱いが難しい。近づければ思い上がるし,遠ざければ恨まれる)」。紀元 … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, News Scan

光電気化学で水素〜日経サイエンス2017年7月号より

耐久性アップで一歩前進   水素は現在,原油の改質や,化学肥料に欠かせない原料であるアンモニアを合成するのに使われている。また,グリーン発電の燃料や,自動車やトラックの動力となる環境に優しい燃料電池の燃料として … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, News Scan

ニュートリノで核監視〜日経サイエンス2017年7月号より

秘密計画を暴くための新プロジェクト   時は2030年。長年の論争の末,北朝鮮指導部は兵器級プルトニウムの製造中止と備蓄廃棄に同意した。査察官を招き,核爆弾には使えない形に変えるためにこれを核燃料として原子炉に … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, News Scan

科学にただ乗りする“イノベーション”創出〜日経サイエンス2017年7月号より

脳の健康に効く製品をつくり出す政府の大型研究プロジェクトに疑問符   「こんな研究に1チーム予算3000万円だと!?」「公費でこれは危うすぎる」。4月12日,筆者が日本経済新聞電子版の記事で取り上げた研究プロジ … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, News Scan

 

1 / 5512345...102030...最後 »