News Scan

銀原子7個のナノクラスター〜日経サイエンス2020年12月号より

東大,酸化物で安定化   銀ナノクラスターのイメージ図。タングステン酸化物(緑色)に囲まれた中心部の部分が銀ナノクラスター(黒色)。 鈴木康介(東京大学) 東京大学の鈴木康介准教授らは,銀原子7個が集まった超微 … 続きを読む

カテゴリ 2020年12月号, News Scan

渡り鳥は気象予報士〜日経サイエンス2020年12月号より

渡りをうまく実行するために台風の接近を予想している   渡り鳥のアジサシは台風の接近を鋭く感じ取り飛行計画を変えているようだ。嵐の直撃を避け,一方では嵐が去った後に残る豊富なエサを利用している。   … 続きを読む

カテゴリ 2020年12月号, News Scan

ヒッチハイクする卵〜日経サイエンス2020年11月号より

マガモが食べた魚卵は排出されてちゃんと孵化する   孤立した湖や池に魚の卵がたどり着くのは,水鳥の羽や足にくっついて運ばれるからだろう――科学者たちは何百年も前からそう考えてきた。だが7月の米国科学アカデミー紀 … 続きを読む

カテゴリ 2020年11月号, News Scan

変色して知らせるウエアラブル〜日経サイエンス2020年11月号より

絹をもとにした特殊なインクが環境中の物質に反応して変色する   色が変わる新開発のインクは,健康管理や環境モニタリングに役立つ可能性がある。汗に触れると色が切り替わる衣服や,室内に危険なガスが入り込むと変色する … 続きを読む

カテゴリ 2020年11月号, News Scan

紙きれで山火事と戦う〜日経サイエンス2020年11月号より

紙片に印刷した安価なセンサーで山火事発生の警告を発信   近年,山火事で世界各地が大打撃を受け,その激しさはなおもひどくなっている。中国人民大学(北京)の化学者ワン(Yapei Wang)が率いる研究チームは被 … 続きを読む

カテゴリ 2020年11月号, News Scan

漂流物を捕捉する〜日経サイエンス2020年11月号より

漂流物を引き寄せる水域を特定して行方不明者を見つけるアルゴリズム   船が沈没したり海上で行方不明になると,捜索救難隊は生存者を捜す海域をコンピューターモデルを用いて決めることが多い。現在使われているモデルは人 … 続きを読む

カテゴリ 2020年11月号, News Scan

星が生まれる場所の謎に挑む〜日経サイエンス2020年11月号より

野辺山とアルマの連携プレー   立松健一 ①はオリオン座と冬の大三角。 ②と③は野辺山の電波望遠鏡で観測した原始星誕生直前と直後のN2H+ 強度分布図。 ④と⑤はアルマ電波望遠鏡で観測した原始星誕生直前と直後の … 続きを読む

カテゴリ 2020年11月号, News Scan

毒ヘビに咬まれたときの錠剤〜日経サイエンス2020年10月号より

既存の重金属中毒治療薬が解毒剤治療までのつなぎになる   重金属中毒の治療薬が,毒ヘビに咬まれた際に生き延びる公算も高めてくれるようだ。5月のScience Translational Medicine誌に掲載 … 続きを読む

カテゴリ 2020年10月号, News Scan

ライダーで蚊を監視〜日経サイエンス2020年10月号より

自然環境で蚊の動きを追跡,マラリア抑制に利用も   2016年の日食の際,スウェーデンのルンド大学の研究者が率いるチームが薄暗くなったタンザニアの空に向けて赤外線レーザー光を投射し,時ならぬ夕暮れに対して昆虫が … 続きを読む

カテゴリ 2020年10月号, News Scan

赤色の研究〜日経サイエンス2020年10月号より

有機物に富む赤い石筍は過去の環境を記録している   スペイン北部ビルバオにあるカラフルで有名な建築からそう遠くないところに,鮮やかな色彩を誇る地下世界がある。ゴイコエチェ洞窟の石筍と鍾乳石は通常の白色だけではな … 続きを読む

カテゴリ 2020年10月号, News Scan

生体内に構造を組み立てる〜日経サイエンス2020年10月号より

特定の細胞の表面に導電性ポリマーを形成し,高精度の電気刺激などを可能に   生物の基本構成単位である細胞を利用し,生体内に材料や構造物を作らせることが可能になりそうだ。スタンフォード大学に所属する精神医学者・生 … 続きを読む

カテゴリ 2020年10月号, News Scan

ハサミムシに収納のヒント〜日経サイエンス2020年10月号より

九大,翅を畳む仕組みの一端解明,日用品やドローンに応用期待   ハサミムシが小さな体に合わせて大きな翅を器用に折り畳む仕組みの一端を九州大学の斉藤一哉講師らが解明した。扇子のように閉じた後,二つ折りにしてさらに … 続きを読む

カテゴリ 2020年10月号, News Scan

赤血球の解毒作用をまねる〜日経サイエンス2020年9月号より

非球形の微粒子を生体膜で被覆   赤血球の役割は全身に酸素を運ぶだけではない。血流中から有害物質を除去する働きもしている。ジョンズ・ホプキンズ大学の科学者たちは最近,赤血球に似せて作った生体模倣粒子がこの働きを … 続きを読む

カテゴリ 2020年9月号, News Scan

重力子が放つ光〜日経サイエンス2020年9月号より

この未知の粒子を検出する方法になるか   どんなものも十分に近い距離で目を凝らして見ると粒状に見えてくる。木々は主にクォークでできている。太陽光線は光子の大群だ。携帯電話は電子の流れで機能している。このように物 … 続きを読む

カテゴリ 2020年9月号, News Scan

殺菌金属〜日経サイエンス2020年9月号より

銅にレーザーを当てて表面処理し抗菌特性をアップ   銅の表面に付着した細菌は,ものの数時間で死滅する。この身近な金属の殺菌性をさらに高める新手法が登場した。レーザーを当てて小さな凹凸を作るのだ。   … 続きを読む

カテゴリ 2020年9月号, News Scan