カテゴリ : 2020年1月号

続・モグラ国芸能団と 白の騎士のコラボ(解答)

 まずウォーミングアップ問題から考えよう。この種の手順を設計するにはゴールの状態から逆方向に考えていくのが,やりやすいようだ。最終的には左下隅のマス以外にはモグラが姿を消すようにするのだから,その1ステップ前の状態は下図 … 続きを読む

カテゴリ 2020年1月号, パズルの国のアリスー解答

The Inner Lives of Neutron Stars / 中性子星の中はどうなっているか

When a star the size of 20 suns dies, it becomes, in the words of astrophysicist Zaven Arzoumanian, “the most outrageous object that most people have never heard of”—a city-size body of improbab … 続きを読む

カテゴリ 2020年1月号, 英語で読む日経サイエンス

サハラ砂漠の誕生日〜日経サイエンス2020年1月号より

アフリカ西岸の島の堆積物から推定値が絞り込まれた   サハラ砂漠は世界最大にして最も有名な亜熱帯砂漠だが,驚くほど限られたことしかわかっていない。その形成時期に関する推定でさえ,500万年以上前からわずか数千年 … 続きを読む

カテゴリ 2020年1月号, News Scan

視力抜群の子グモ〜日経サイエンス2020年1月号より

ハエトリグモの子は米粒大だが驚くほど視力に優れている   ハエトリグモの成虫は指の爪よりも小さいが,小型犬並みの視力がある。さらにハエトリグモの子供も,頭の大きさは親の1/100ほどしかないのに,親グモと同じく … 続きを読む

カテゴリ 2020年1月号, News Scan

Artificial Imagination / 想像力を手に入れたAI 知性獲得につながる3つの方法

If you ever feel cynical about human beings, a good antidote is to talk to artificial-intelligence researchers. You might expect them to be triumphalist now that AI systems match or beat humans at rec … 続きを読む

カテゴリ 2020年1月号, 英語で読む日経サイエンス

羽根の罠〜日経サイエンス2020年1月号より

ブラジルのオオズアリは落とし穴で虫を捕まえる   羽根が落ちていても特に危険を感じないが,ブラジルの熱帯サバンナにいる虫は落ちている羽根にうっかり近づいてはいけない。フェイドル・オキシオプス(Pheidole … 続きを読む

カテゴリ 2020年1月号, News Scan

先延ばしを防ぐ支援ツール〜日経サイエンス2020年1月号より

課題ごとにご褒美ポイント,ゲーム感覚でやる気引き出す   すぐに満足を求めるか,それとも将来の利益のために我慢するか――この選択で人は近視眼的な決定をしてしまうことが多い。例えばジムに行くのではなくテレビを見続 … 続きを読む

カテゴリ 2020年1月号, News Scan

てんかん発作を予測〜日経サイエンス2020年1月号より

血中の分子を調べると数時間前に警告を出せる   世界で5000万人を超える人がてんかんを患っている。この病気の最も厄介な点のひとつは,発作を予測できないことだ。発作がいつ起こるのか,患者にはほとんどわからない。 … 続きを読む

カテゴリ 2020年1月号, News Scan

ミュー粒子で物質を見る世界初の顕微鏡目指す:三宅康博

物質を透過しやすい性質を持つミュー粒子という素粒子を使って ユニークな顕微鏡の開発に取り組んでいる 実現すれば生きた細胞も観察でき,科学の新たな知見が得られそうだ     ミュー粒子(ミュオン)は電荷 … 続きを読む

カテゴリ 2020年1月号, 記事

臨時緯度観測所本館と眼視天頂儀(上)

岩手県の北上盆地にある奥州市水沢は明治時代から天文台の街として知られる。近代日本が威信をかけて取り組んだ初の国際的な天文観測事業が行われた地だ。北緯39度8分の線上に並ぶ形でユーラシア大陸と北米大陸に6つの天文台を建設, … 続きを読む

カテゴリ 2020年1月号, 記事

騙されるAI

ディープラーニングは2011年頃から急速な進展を見せ始め,瞬く間に実用的なテクノロジーへと進歩した。今や当初の狙いだった画像認識はもとより,苦手と考えられていた文章理解でも,ベンチマークテストで人間の平均点を上回るスコア … 続きを読む

カテゴリ 2020年1月号, 記事

科学がAIで変わる

素粒子論や超弦理論を研究する橋本幸士大阪大学教授は,AIの深層学習を使って超弦理論に基づく重力模型を再構築し,その模型に新しい時空を「創発」させる研究を手がけている。重力理論を多層ニューラルネットワークによる表現に書き直 … 続きを読む

カテゴリ 2020年1月号, 記事

続・モグラ国芸能団と白の騎士のコラボ(問題)

 2019年11月号は,モグラ国芸能団の団長がショーを少し変えたいと鏡の国の白の騎士のところに相談に来た話だったが,今月はその続きの話題にお付き合いいただきたい。  実は,団長には変更案がもう1つあった。この案も基本的に … 続きを読む

カテゴリ 2020年1月号, パズルの国のアリス

想像力を手に入れたAI 知性獲得につながる3つの方法

顔認識や言語翻訳,ボードゲームのプレイなどにおけるAIの能力は,いまや人間と同等,あるいはそれ以上になった。ニューラルネットワークなどのAIシステムには計り知れない能力があるが,弱点も依然として存在している。人間と違って … 続きを読む

カテゴリ 2020年1月号, 記事

特集:AI 人工知能から人工知性へ

人工知能(AI)は一見,どんどん人間に近づいているように見える。学習の仕方を自ら学んだり,見たこともない画像を作り出したりすることができるようになり,苦手だった文章読解もベンチマークテストで人間の平均点を超えた。機械学習 … 続きを読む

カテゴリ 2020年1月号, 記事