カテゴリ : 2019年10月号

アナゴ先生の美術作品(解答)

 まず最初の問題であるが,同色の4点が頂点をなす長方形を便宜上「同色長方形」と呼ぶことにしよう。2色に色分けされたキャンバス上には必ず同色長方形が存在するが,このことは英語で「pegionhole principle(P … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, パズルの国のアリスー解答

Night Visions / 凄ワザ解剖 動物の暗視能力

The sun’s final rays filter through the leaves as night falls in the dense, muggy rain forest. The descending gloam over Panama’s Barro Colorado Island obscures the towering, spiky kapok trees, th … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, 英語で読む日経サイエンス

セクハラ告発の代償〜日経サイエンス2019年10月号より

職場での告発はいまだにしっぺ返しを伴っている   #MeToo(ミートゥー)運動の成果にもかかわらず,女性はしっぺ返しの恐れから職場でのセクハラ被害をいまだに訴えにくい。ある最近の研究は,セクハラを自己報告した … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, News Scan

One Eye Open / 片目を開けて眠る動物たち 半球睡眠

One of the most striking features of living organisms, both animals and plants, is the way their physiology and behavior have adapted to follow the fluctuations of daily light and nocturnal darkness. … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, 英語で読む日経サイエンス

紫外線照明で衝突防止〜日経サイエンス2019年10月号より

鳥と送電線の衝突を防ぐ巧みな考案   人間の活動は環境汚染から建造物まで様々な要因によって,野生動物の命をかつてないスピードで奪っている。一部の鳥は夜間に送電線と衝突することで個体数をかなり減らしている。そこで … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, News Scan

新たな脳画像法fMRE〜日経サイエンス2019年10月号より

fMRIよりもケタ違いに高速   30年近く前,機能的磁気共鳴画像法(fMRI)の発明は行動に応じた脳活動を可視化し,神経科学に革命をもたらした。この技術は空間的には正確だが,速度が大きく限られている。fMRI … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, News Scan

笑い声を聞き分ける能力〜日経サイエンス2019年10月号より

友人どうしの笑い声か他人どうしか,5カ月児もその違いを聞き分けられる   Donnie Ray Jones ほとんどの人は,まったく見知らぬ人と一緒に笑うことができる。だが,友人と一緒に大笑いするときの笑い声と … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, News Scan

培養細胞の評価,総合的に〜日経サイエンス2019年10月号より

角膜移植の予後も判定可能に   目の角膜移植に使う培養細胞の品質を評価する新手法を,京都大学の田中求特任教授(独ハイデルベルク大学教授)と山本暁久特定助教,京都府立医科大学の上野盛夫学内講師らの研究チームが開発 … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, News Scan

アナゴ先生の美術作品(問題)

 アリスはグリフォンに誘われて不思議の国で開催されている美術展に来ている。「この美術展には,俺が通っていた学校の先生も作品を出展しているはずなんだけど,どこにあるのかなあ」と懐かしそうに言うグリフォン。アリスは「以前,学 … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, パズルの国のアリス

多言語の逐次翻訳完成 次は高精度の同時翻訳:隅田 英一郎

日本の機械翻訳の研究開発をリードしてきた 観光客に人気の携帯型翻訳機の中核技術を開発した グローバル時代に役立つ高精度な同時通訳技術の開発に取り組む   外国客が大挙来日する東京五輪・パラリンピックまで約1年。 … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, 最新号の紹介, 記事

最古の左右相称動物 モンゴルで生痕化石を発見

哺乳類や魚類など現生動物の共通祖先となる最初の左右相称動物が登場したのは,生命が爆発的な進化をした古生代カンブリア紀だとされる。しかしカンブリア紀最初期の赤道域付近においては,そうした動物がすでにかなり多様性を持ち,大型 … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, 最新号の紹介, 記事

生命爆発の導火線 エディアカラ生物の進化

複雑な動物はカンブリア爆発の時代に出現したと長い間考えられてきた。だが,シベリアやナミビアでの最近の発見によって,実際にはカンブリア爆発の数百万年前,先カンブリア時代末のエディアカラ紀にすでに出現し始めていたことが明らか … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, 最新号の紹介, 記事

特集 カンブリア前夜

古生代初めのカンブリア紀に起きた急激な生命進化,「カンブリア爆発」によって,複雑な構造の動物が出現したと長い間考えられてきた。ところが近年,カンブリア紀の前,先カンブリア時代末のエディアカラ紀に複雑な構造の動物がすでに登 … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, 最新号の紹介, 記事

『天気の子』の空はこうして生まれた

2019年7月に公開されたアニメーション映画『天気の子』は,雲や雨のリアルな描写が注目されている。それは,気象庁気象研究所で雲の研究をしている荒木健太郎氏が気象監修として助言することによって生み出された。映画に描かれた空 … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, 最新号の紹介, 記事

雲研究者に聞く 映画に描かれた東京の異常気象

アニメーション監督,新海誠の新作『天気の子』で描かれるのは,未曾有の長雨という異常気象に見舞われた東京。新海監督は雲や雨,空の繊細な描写で定評があるが,今作では,雲研究者として知られる気象庁気象研究所の荒木健太郎博士が協 … 続きを読む

カテゴリ 2019年10月号, 最新号の紹介, 記事