カテゴリ : 2015年7月号

細胞の運命を決める機械的な力

動物の細胞は周囲が空いていると増殖して隙間を埋め(だから傷が治る),過度に混み合っていると増殖をやめて特殊化したり死んだりする。周囲からの圧縮力や張力に応じて遺伝子のプログラムが切り替わるらしい。だが機械的な力が生体反応 … 続きを読む

カテゴリ 2015年7月号, 記事

隠れたパターンを探し出すデータ可聴化

 「百聞は一見にしかず」というように,人間は視覚に多くを依存している生物だが,実は聴覚には情報処理の点で視覚に勝る優れた特徴がある。目で識別できる光の点滅は毎秒50回から60回くらいまでだが,耳はわずか数ミリ秒間に生じた … 続きを読む

カテゴリ 2015年7月号, 記事

脳を操る寄生生物 トキソプラズマ

トキソプラズマという原生生物に寄生されたネズミは奇妙なことにネコを怖がらなくなり,簡単に餌食になってしまう。この結果,トキソプラズマはまんまと最終宿主のネコに入って増殖するのだ。近年の研究で,この寄生生物がネズミの脳を操 … 続きを読む

カテゴリ 2015年7月号, 記事

日経サイエンス 2015年7月号

宇宙物理学 特集:炎熱のブラックホール   時空の終端 ファイアウォール  J. ポルチンスキー   ブラックホールからエネルギーを取り出せるか  A. ブラウン     生物学 … 続きを読む

カテゴリ 2015年7月号, 雑誌

地球の新夜景

 毎日の天気予報からグーグルアースまで衛星画像はすっかり身近になったが,従来のセンサーでは見えにくいものがまだある。夜側の半球の可視光画像だ。これに対し,米国の地球観測衛星が搭載している「デイ・ナイト・バンド」という新セ … 続きを読む

カテゴリ 2015年7月号, 記事

食物連鎖を生かす中国の巨大水産養殖

 世界最大の魚介類産出国である中国は最大の消費国でもあり,中国が水産養殖事業を革新して海洋での漁獲量を減らせるかどうかが世界の漁場の存亡を決める。経済成長に伴いシーフード需要が高まるなか,新手法に基づく大規模事業が始まっ … 続きを読む

カテゴリ 2015年7月号, 記事