カテゴリ : 2015年3月号

シャイで人見知りな一匹狼たち(解答)

 この問題に対して筆者が最初に用意してしていた答えは,「2匹の狼がどこかで遭遇することは決して避けられない」というものだが,そのための条件を1つ,うっかり書き落としてしまったようだ。それは,「狼たちの散歩は,同時に始まる … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, パズルの国のアリスー解答

耐性菌は肥やしが好き〜日経サイエンス2015年3月号より

牛糞は抗生物質耐性菌の増殖を促進する その牛が抗生物質を投与されていなくても     抗生物質が登場したころ,農家はやみくもにこれを使った。ストレプトマイシンをニワトリの餌に加えて成長を促し,低用量をブタに与え … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, News Scan

Fossil Hunting in the Milky Way / 恒星ストリームで探る銀河の進化

Go outside on a dark, clear night, far away from the glare of city lights, and look up. You will see the glowing band of the Milky Way arching dramatically overhead. It has now been four centuries sin … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 英語で読む日経サイエンス

名前が重要〜日経サイエンス2015年3月号より

命名によってその動物の運命が決まるかも    計画通りにことが進めば,セメント会社の仏ラファージュはマレーシアの石灰石の山を引き続き採石場とするだろう。同社にとっては従来通りの日常業務だが,カロパ・ラファルゲイ … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, News Scan

親の過干渉の弊害〜日経サイエンス2015年3月号より

子供の対人関係構築を害する恐れあり    散らかったままの部屋や手つかずの宿題からわかるように,子供には指導が必要だ。だが,親が命ずる仕方は子供の社会的スキルに強く影響する可能性がある。バージニア大学の心理学者 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, News Scan

クマからの健康アドバイス〜日経サイエンス2015年3月号より

冬眠する動物から学ぶ手がかり   Image:Do Not Disturb! 冬眠は簡単な問題に対処するための複雑な解決策だ。冬には食物が少なくなる。この季節的食糧難を乗り切るため,ホッキョクジリスやアメリカク … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, News Scan

The Gene Genie / ゲノム科学を変えるCRISPR

The age of genetic engineering began in the 1970s, when Paul Berg spliced DNA from a bacterial virus into a monkey virus and Herbert W. Boyer and Stanley N. Cohen created organisms in which introduced … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 英語で読む日経サイエンス

ステライルニュートリノ見つからず〜日経サイエンス2015年3月号より

中国で進む最新の検出実験は空振り   ニュートリノには電子型とミュー型,タウ型という3つの種類(フレーバー)がある。だが物理学者はほかに別の種類が存在する可能性があって,それらは奇妙なものだろうと疑っている。他 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, News Scan

幻想の細胞 判明した正体

発表直後からさまざまな疑義が指摘されたSTAP論文 ようやく科学的な決着がついた STAP細胞は最初からなかった──これが結論だ    あのマウスと胎盤は何だったのだろうか。9カ月前,STAP細胞の疑惑を報じた … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 記事

イモリで探る体の組織再生のしくみ:千葉親文

イモリの目の傷ついた網膜は,おとなになっても再生する その謎を解き明かすことができれば 人間の再生医療につながるかもしれない    「かわいいやつ」。めがねの奥から優しい瞳が,手にのせたイモリを見つめる。千葉親 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 記事

特集:STAPの全貌

 1年にわたって社会と科学界とを揺るがせた「STAP細胞」の正体が明らかになった。それは実験の場となった研究室に所属していた研究員が10年前に作り,研究に使わないまま保存していた胚性幹細胞(ES細胞)だった。どういう経緯 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 記事

事実究明へ 科学者たちの360日

「STAP細胞」の正体は何か 理化学研究所が「調査の必要なし」と言い続ける中 公開の遺伝子データと共著者の細胞を手がかりに,科学の追究が始まった      2014年6月25日未明。横浜にある理化学研究所統合生 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 記事

原子サイズのレゴブロック

材料科学者は今,原子サイズのレゴブロックからインスピレーションを得ている。厚みが原子1個ほどのシート材料で,設計通り正確な順序で積み重ねることができる。構造をかつてないほど細かく制御できるため,これまでは不可能だった電気 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 記事

発想が光るアイデア

 ほかにもブレイクスルーはいろいろある。生きた細胞の働きを変えるための新手法,あなたの視力に合わせて見え方を補正する表示画面,唾液で発電する燃料電池,リサイクル可能な超硬質プラスチック,低品質廃熱を回収する技術など,発想 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 記事

特集:未来を拓くイノベーション

 どの科学的発見が世界を変えるかを予測するのは,おそらく愚かな試みだ。未来がどうなるかなど,わかりっこない。だが毎年,非常にエキサイティングな進展や発明がいくつか生まれる。過去1年でいえば,CRISPR(クリスパー)とい … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 記事