カテゴリ : 2014年12月号

ビルとエースの賢者ダブルス戦(解答)

 ウォーミングアップまたはヒント問題の答えは簡単にわかったことだろう。2人が全くデタラメに答えると,2人とも正答する確率は1/2×1/2=1/4になってしまうが,それを避けるには,どういうやり方でもよいが,2 … 続きを読む

カテゴリ 2014年12月号, パズルの国のアリスー解答

Powers of Two / 一夫一妻になったわけ

Mammals are not big on monogamy. In fewer than 10 percent of species is it common for two individuals to mate exclusively. The primate wing of the group is only slightly more prone to pairing off. Alt … 続きを読む

カテゴリ 2014年12月号, 英語で読む日経サイエンス

大型動物ががんを抑える方法〜日経サイエンス2014年12月号より

ウイルスのゲノム侵入を抑えているようだ     現在71歳になる英オックスフォード大学の疫学者ピート(Richard Peto)は40年前,どの細胞もがんになる確率が等しいとすると,大きな動物は小型動物よりも高 … 続きを読む

カテゴリ 2014年12月号, News Scan

現実になる仮想現実療法〜日経サイエンス2014年12月号より

手ごろなヘッドセットの登場でVR暴露療法が医療現場に    南カリフォルニア大学のリッツォ(Albert “Skip” Rizzo)は1993年,バーチャルリアリティー(仮想現実,VR)を心理療法に利用する研究 … 続きを読む

カテゴリ 2014年12月号, News Scan

Still Evolving (After All These Years) / いまも続く進化

Humans are willful creatures. No other species on the planet has gained so much mastery over its own fate. We have neutralized countless threats that once killed us in the millions: we have learned … 続きを読む

カテゴリ 2014年12月号, 英語で読む日経サイエンス

殺しの捜査にアメーバが協力〜日経サイエンス2014年12月号より

死亡時期の推定に役立つ可能性がある    死亡事件を扱う科学捜査官の重要な仕事に,その人がいつ死んだかの特定がある。死後48時間までは,死体の硬直や体温など医学的な方法を利用できる。それより長くなると,死体にた … 続きを読む

カテゴリ 2014年12月号, News Scan

STAP細胞 見えてきた実態 

記者の質問に答える遠藤高帆上級研究員。東京・千代田区の理研東京連絡事務所で。写真:高井潤 遺伝子解析が示した,名が体を表さないSTAP実験の杜撰さ    理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小 … 続きを読む

カテゴリ 2014年12月号, 記事

磁極反転迫る!?〜日経サイエンス2014年12月号より

磁北極がシベリアに向かって南下中    地球の磁北極と磁南極は過去に何度も入れ替わっており,最近では約78万年前に反転した。磁場を調べている地球物理学者は反転が再び起こる時期が近づいている可能性があると以前から … 続きを読む

カテゴリ 2014年12月号, News Scan

スケスケ科学〜日経サイエンス2014年12月号より

ネズミの体を透明にする新技術     動物の内部を熟視すると科学的発見につながる──これは確かだ。1960年代と1970年代に遺伝生物学と発生生物学が爆発的に進んだのは,線虫(Caenorhabditis el … 続きを読む

カテゴリ 2014年12月号, News Scan

ビルとエースの賢者ダブルス戦(問題)

 イモムシ探偵局主催の推理コンテスト(2014年5月号,6月号)が面白かったと好評だったので,「不思議の国 vs. 鏡の国 何でもオリンピック」でもクイズ形式の競技を入れようという話になった。個人戦,チーム戦のどちらも楽 … 続きを読む

カテゴリ 2014年12月号, パズルの国のアリス

青色LEDで栄誉

 明るく高効率の白色光源に道を開く青色LED(発光ダイオード)を実現した名城大学教授(名古屋大学名誉教授)の赤﨑勇,名古屋大学教授の天野浩,米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の中村修二の3氏が2014年のノーベル物 … 続きを読む

カテゴリ 2014年12月号, 記事

実現した青色の高輝度発光ダイオード(再録)

 2014年ノーベル物理学賞受賞が決まった中村修二・カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授が高輝度青色LEDの開発に成功したのは1993年。当時日亜化学工業の主幹研究員だった中村氏はその翌年,本誌1994年10月号に開発 … 続きを読む

カテゴリ 2014年12月号, 記事

空間を把握する脳のメカニズムを解明

 私たちはなぜ,自分が「ここにいる」とわかるのだろうか? 昨日とは違う部屋の中にいるとか,同じ部屋の中でも隅っこにいるとか,一体どのように判断しているのだろう。    今年のノーベル生理学・医学賞は,動物が空間 … 続きを読む

カテゴリ 2014年12月号, 記事

細胞内の生命現象を見る 超高解像度の蛍光顕微鏡の開発

 真に優れた発想は,いずれ必ず時代が呼ぶ。2014年のノーベル化学賞は,それを強く印象づけた。    受賞が決まったのは,独マックス・プランク研究所のヘル(Stefan W. Hell)博士,米ハワード・ヒュー … 続きを読む

カテゴリ 2014年12月号, 記事

いまも続く進化

 現代人は,かつての人類に比べて,生殖年齢を終えるまで生き延びる確率が劇的に高まっている。農耕によって飢える心配が減り,医学の進歩で致命的な感染症を克服し,捕食者に食われる心配もなく,さまざまな自然の脅威から身を守れるよ … 続きを読む

カテゴリ 2014年12月号, 記事