きょうの日経サイエンス

きょうの日経サイエンス:科学ニュースから

2016年ノーベル化学賞:分子機械を設計・合成した欧米の3氏に

2016年ノーベル化学賞は「分子機械の設計および合成」によって,仏ストラスブール大学名誉教授のJ.-P. ソヴァージュ(Jean-Pierre Sauvage,72歳),米ノースウェスタン大学教授のJ. F. ストッダー … 続きを読む

カテゴリ 02科学ニュースから, きょうの日経サイエンス

投稿日 2016年10月5日

2016年ノーベル物理学賞:物質の「トポロジカル相」を理論的に発見した米国の3氏に

2016年ノーベル物理学賞は「トポロジカル相転移と物質のトポロジカル相の理論的発見」によって,米ワシントン大学(シアトル)名誉教授のD. J. サウレス(David J. Thouless,82歳),米プリンストン大学教 … 続きを読む

カテゴリ 02科学ニュースから, きょうの日経サイエンス

投稿日 2016年10月4日

2016年ノーベル生理学・医学賞:「オートファジーのメカニズムの発見」で東京工業大学の大隅良典教授に

 2016年ノーベル生理学・医学賞は「オートファジーのメカニズムの発見」で東京工業大学栄誉教授の大隅良典(おおすみ・よしのり,71歳)氏に贈られる。  オートファジーとはギリシャ語由来で「自分を食べる」という意味で,細胞 … 続きを読む

カテゴリ 02科学ニュースから, きょうの日経サイエンス

投稿日 2016年10月3日

祝・2016年の京都賞に本庶佑・京都大学名誉教授

本庶佑 京都大学名誉教授が, 2016年の京都賞に選出されました。   京都賞は,科学・技術や思想・芸術の分野を対象に毎年贈られる国際賞です。 「先端技術部門」「基礎科学部門」「思想・芸術部門」の3部門にわけ, … 続きを読む

カテゴリ 02科学ニュースから, Information, きょうの日経サイエンス, 未分類

投稿日 2016年6月23日

2015年ノーベル化学賞:DNA修復機構の解明を先導した3氏に

Nobelprize.org 2015年ノーベル化学賞は「DNA修復の機械論的研究」によって,スウェーデン人研究者で英フランシス・クリック研究所の名誉グループリーダーを務めているT. リンダール(Tomas Lindah … 続きを読む

カテゴリ 02科学ニュースから, きょうの日経サイエンス

投稿日 2015年10月7日

2015年ノーベル物理学賞:ニュートリノ振動の発見で梶田隆章博士ら2氏に

2015年ノーベル物理学賞は「ニュートリノが質量を持つことを示すニュートリノ振動の発見」によって,東京大学宇宙線研究所教授の梶田隆章(かじた・たかあき,56歳)氏と,カナダ・クイーンズ大学名誉教授のA. B. マクドナル … 続きを読む

カテゴリ 02科学ニュースから, きょうの日経サイエンス

投稿日 2015年10月6日

2015年ノーベル生理学・医学賞:大村博士ら熱帯感染症の治療物質を発見した3氏に

2015年ノーベル生理学・医学賞は「寄生虫感染症に対する新規治療物質に関する発見」で北里大学特別栄誉教授の大村智(おおむら・さとし,80歳)氏および米ドリュー大学名誉リサーチフェローのW. C. キャンベル(Willia … 続きを読む

カテゴリ 02科学ニュースから, きょうの日経サイエンス

投稿日 2015年10月5日

ノーベル化学賞 細胞センサーとなるタンパク質 機能と構造を解明

   2012年のノーベル化学賞は,米ハワード・ヒューズ医学研究所のレフコウィッツ(Robert J. Lefkowitz)博士とスタンフォード大学のコビルカ(Brian K. Kobilka)博士に授与される … 続きを読む

カテゴリ 02科学ニュースから, きょうの日経サイエンス

投稿日 2012年10月11日

ノーベル物理学賞 量子力学の基礎実験の最高峰 光子/イオンの状態を操り、測る

  10/17訂正)以下でご紹介したアロシュ教授の実験は,論文として発表されていないことがわかりました。学会で出た話ですが,将来計画として紹介されたものである可能性が高いです。お詫びして訂正します。   … 続きを読む

カテゴリ 02科学ニュースから, きょうの日経サイエンス

投稿日 2012年10月10日

細胞の時計は巻き戻せる 山中伸弥京大教授 J. B. ガードン・ケンブリッジ大教授がノーベル生理学医学賞を受賞 

  左が山中伸弥京都大学教授,右がJ. B. ガードン・ケンブリッジ大学教授。2人の間に立つのはクローンヒツジドリーを作ったI. ウィルムット博士。(2008年4月撮影)      ノーベル … 続きを読む

カテゴリ 02科学ニュースから, きょうの日経サイエンス

投稿日 2012年10月8日

ダムを自然に戻すには

 荒瀬ダム(熊本県八代市)の撤去工事が始まりました(「国内初,ダム撤去着手 老朽化で熊本県,自然の状態へ」9月1日付日本経済新聞夕刊ほか各紙)。同ダムの扱いについては紆余曲折がありましたが(ウィキペディア「荒瀬ダム」参照 … 続きを読む

カテゴリ 02科学ニュースから, きょうの日経サイエンス

投稿日 2012年9月2日

ハイゼンベルクの不確定性原理を破った! 小澤の不等式を実験実証

「小澤の不等式」。数学者の小澤正直・名古屋大学教授が2003年に提唱した,ハイゼンベルクの不確定性原理を修正する式です。小澤教授は30年近くにわたって「ハイゼンベルクの不確定性原理を破る測定は可能」と主張し続けてきました … 続きを読む

カテゴリ 02科学ニュースから, きょうの日経サイエンス

投稿日 2012年1月16日

エンデバー打ち上げ~日経サイエンス2011年6月号に関連記事

スペースシャトル「エンデバー」が米東部時間16日午前8時56分(日本時間同日午後9時56分)にケネディ宇宙センターから打ち上げられました。   新聞各紙の見出しは「エンデバー最後の飛行」などになりそうですが,今 … 続きを読む

カテゴリ 02科学ニュースから, きょうの日経サイエンス

投稿日 2011年5月17日

余震はいつ止むのか?〜日経サイエンス2011年6月号より

東日本大震災を受けて,日本を支援する声が世界から寄せられています。本誌の提携先であるサイエンティフィック・アメリカンも自社サイトのブログに震災関連の記事を多数掲載中。その1つを以下に翻訳して公開致します。4月25日発売の … 続きを読む

カテゴリ 02科学ニュースから, きょうの日経サイエンス

投稿日 2011年4月14日

若田さんにまつわる2つの思い出

 宇宙飛行士の若田(光一)さんが2013年,国際宇宙ステーションに長期滞在し,コマンダーとして指揮をとることが決まりました。日本人のコマンダーは初めてで,本当にうれしいことです。このニュースを耳にして10年前,若田さんに … 続きを読む

カテゴリ 02科学ニュースから, きょうの日経サイエンス

投稿日 2011年2月24日