カテゴリ : 2013年10月号

絨毯の絨毯爆撃(解答)

 最初の問題は,次のようなシステマティックな手順で解決できる。  今,絨毯は南北に伸びる廊下全体を覆っているとし,さらに,廊下のある箇所が3重以上に覆われているとしよう。このときこの部分を覆う絨毯で,その南端が一番南まで … 続きを読む

カテゴリ 2013年10月号, パズルの国のアリスー解答

マンモスの血液チェック〜日経サイエンス2013年10月号より

液体の血液がなぜ残っていられたのか?    最近,ロシアの研究チームが驚きの発見を発表した。1万年前のマンモスの死骸に−17℃でも凍らない血液が残っていたという。シベリアンタイムズ紙は,研究を率いた北東連邦大学 … 続きを読む

カテゴリ 2013年10月号, News Scan

微生物界のミステリー〜日経サイエンス2013年10月号より

抗生物質がどのように細菌を殺すのか,いまだに正確にはわかっていない    微生物は思いのほか複雑な生き物だ。科学者たちはずっと,抗生物質が細菌を殺す方法は様々でそれぞれ特異的なのだと考えてきた。あるものは細菌の … 続きを読む

カテゴリ 2013年10月号, News Scan

Tiny Plants That Once Ruled the Seas / 明らかになった生命爆発の主役

If you could hop onboard a time machine and visit the earth as it was 500 million years ago, during the Paleozoic era, you’d be forgiven for thinking you had traveled not to another time period but … 続きを読む

カテゴリ 2013年10月号, 英語で読む日経サイエンス

ロボットに耳〜日経サイエンス2013年10月号より

人の会話以外の音も理解できる賢いロボットを目指す新たなアプローチ    iPhoneに搭載されたSiri(シリ)などの音声認識ソフトウエアのおかげで,ロボットは人間の発話を聞き分けて反応できるようになっている。 … 続きを読む

カテゴリ 2013年10月号, News Scan

ポリオウイルス最後の隠れ家〜日経サイエンス2013年10月号より

「慢性排菌者」を見つけ出せない限り,ポリオ撲滅は達成できないだろう    過去10年ほど,世界のポリオ撲滅運動はモグラたたきゲームに似た最終局面にある。ウイルス根絶まであと少しに追い詰めたと思ったら,ひょっこり … 続きを読む

カテゴリ 2013年10月号, News Scan

Mars in Motion / 塩水が刻む火星の地形

Discoveries of water on Mars are now so common that the subject has become the butt of jokes among planetary scientists: “Congratulations— you’ve discovered water on Mars for the 1,000th … 続きを読む

カテゴリ 2013年10月号, 英語で読む日経サイエンス

終わらない風疹の流行〜日経サイエンス2013年10月号より

来年に再来の恐れ,子どもの先天性異常は増える見通し   風疹患者の紅斑/wikipedia   7月の最終週,新たに報告された風疹の患者数は154人と,半年ぶりに200人を割り込んだ。1万3000人を … 続きを読む

カテゴリ 2013年10月号, News Scan

耐性菌vs.捕食菌〜日経サイエンス2013年10月号より

「細菌を食べる細菌」で薬剤耐性菌を撃退    薬剤耐性菌による感染症を撃退する目的で,科学者たちは「捕食性細菌」に目を向けている。ラトガーズ大学のカドゥーリ(Daniel Kadouri)が率いる微生物学者グル … 続きを読む

カテゴリ 2013年10月号, News Scan

古生代末の大絶滅に迫る,関連記事を特価販売中!

 現在発売中の日経サイエンス10月号,お楽しみいただいていますでしょうか?  特集「大絶滅と復活」をはじめ,興味深い記事が満載です。    今月も本誌のアーカイブから関連記事を選び,特別価格にてダウンロード販売 … 続きを読む

カテゴリ 2013年10月号, きょうの日経サイエンス

投稿日 2013年8月26日

ノイズが開くおもちゃ箱を探る:大平徹

システムに生じるノイズは単なる邪魔者ではない生物の身体の制御やある種の作業効率の向上などノイズが作り出す面白い現象を追いかける      大平徹は,高校で数Ⅲを取らなかった。大学では歴史を勉強するつも … 続きを読む

カテゴリ 2013年10月号, 記事

明らかになった生命爆発の主役

 2億5000万年前の大量絶滅によって海洋生物の多くが姿を消した後,海洋生物の多様化が驚異的な勢いで始まった。これまで,この爆発的進化は,平均海面の変化などの物理的要因によるものだと考えられてきた。しかし,意外にも,その … 続きを読む

カテゴリ 2013年10月号, 記事

古生代末に何が起きたか

 古生代末の大絶滅では海の動物種の9割が死に絶えるなど,地球の歴史上最大級の規模だった。恐竜が死に絶えた中生代末の大絶滅は巨大隕石の落下が原因とみられるが,古生代末の大絶滅についてはよくわかっていない。そうした中,統合版 … 続きを読む

カテゴリ 2013年10月号, 記事

特集:大絶滅と復活

 恐竜が死に絶えた6500万年前の中生代末の大絶滅はよく知られているが,約2億5000万年前の古生代末には,それよりはるかに大規模な絶滅事件が起きた。海の動物は三葉虫など約9割が消滅,爬虫類と両生類は種より上位の科のレベ … 続きを読む

カテゴリ 2013年10月号, 記事

絨毯の絨毯爆撃(問題)

 不思議の国のトランプ城を鏡の国の赤白の国王夫妻が表敬訪問することになり,トランプ城はその受け入れ準備で大わらわだ。城の入り口から北にまっすぐ伸びて「会見の間」につながる一定幅の長い廊下に赤い絨毯を敷き詰めようという話に … 続きを読む

カテゴリ 2013年10月号, パズルの国のアリス