カテゴリ : 2013年2月号

あなたの好み探します 実力高まる人工知能

 グーグルなどの検索エンジンはネットユーザーにとって今やなくてはならない道具だが,もう1つ,あまり意識されていないがすでにかなりの人がお世話になっているのが「推奨エンジン」だ。大量のデータを解析し,データどうしの間を結び … 続きを読む

カテゴリ 2013年2月号, 記事

老化細胞 静かなる反逆者

 老化は細胞レベルでも起きる。細胞が分裂能力を永久に失う現象だ。この細胞老化は生命体の老化と違って,メリットがあり,損傷を受けた細胞が制御不能な増殖を始めてがん化するのを防いでいると考えられていた。ところが近年,老化した … 続きを読む

カテゴリ 2013年2月号, 記事

衛星群で雷雲に迫る

 雷雲(積乱雲)は未解明の部分が多い。雷に伴って放射される「地球ガンマ線」もその1つだが,実はこれとはタイプが異なるガンマ線が雷雲から地上に向けて放射されていることがわかってきた。雷が起きていなくても,連続的にガンマ線が … 続きを読む

カテゴリ 2013年2月号, 記事

雷雲からガンマ線

 暑い夏の午後に湧き上がる積乱雲は雷を発生させるので雷雲とも呼ばれる。冬の日本海沿岸でも雷雲がよく現れ,その雷は「雪起こし」という別名を持つ。雷が落ちる時,まばゆい輝きとともに強い電波が放射されることは昔から知られている … 続きを読む

カテゴリ 2013年2月号, 記事

試験管で網膜をつくる

培養皿の中でES細胞の塊を試験管の中で培養するだけで、その細胞から神経上皮の層ができ、中空の球になる。さらに培養を続けると、そこからプクリと風船のような構造が飛び出し、先端が凹んで「眼杯」と呼ばれる形になる。やがてその内 … 続きを読む

カテゴリ 2013年2月号, 記事

気候変動 想定外の加速

 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は,温室効果ガスの濃度を450PPM(現在は395PPM)以下に抑えれば平均気温の上昇は2℃以下におさまり,破滅的な海面上昇のような危機は回避されるとみてきた。しかしここにきて, … 続きを読む

カテゴリ 2013年2月号, 記事

温暖化で寒くなる冬

この3年ほど,北米と欧州を強烈な寒波が襲っている。日本も今年の冬は寒くなりそうだ。地球温暖化が進んでいるなかで,なぜ毎年のように厳しい寒さが北半球の大都市を見舞っているのか。その秘密は,夏の北極域にあるらしい。  北半球 … 続きを読む

カテゴリ 2013年2月号, 記事

特集:温暖化─揺らぐ常識

 気象庁によると今冬,東日本以西は平年より寒くなりそうだ。北米と欧州でも厳冬が予想される。両地域では近年,日本をはるかに上回る大寒波が何度も襲来している。最近10年間の世界平均気温は過去160年で最も高かったのに,なぜ厳 … 続きを読む

カテゴリ 2013年2月号, 記事

専門家が語るサイコパスの実像

 サイコパス(精神病質者)と聞いて頭に浮かぶのは,猟奇殺人や連続殺人犯といったイメージ。確かにサイコパスは人畜無害な人たちとは言えないが,こうしたイメージは事実からずれている。ほとんどのサイコパスは暴力的ではないし,暴力 … 続きを読む

カテゴリ 2013年2月号, 記事

サイコパスに学ぶ

 サイコパス(精神病質者)には学ぶべきところがある? 極度に自尊心が強い,話に妙に説得力がある,表面的な魅力がある,非情な性格である,自責の念が欠如している……。このようなサイコパスの属性を並べると,油断できない人物の見 … 続きを読む

カテゴリ 2013年2月号, 記事

サイコパスの脳を覗く

 サイコパス(精神病質者)の脳の働きを調べてみると,彼らは他人の心の動きを感じたり,感情を示す手がかりを読み取ったり,自身の間違いから学ぶ能力に障害を持つことがわかってきた。サイコパスの脳は普通の人とは違ったやり方で情報 … 続きを読む

カテゴリ 2013年2月号, 記事

特集:サイコパスの秘密

 サイコパス。日本語で精神病質者と呼ばれる人々だ。彼らは極端に自己中心的であり,罪の意識や他者に対する共感といった感情に欠けている。周囲の迷惑を考えず,気ままに振る舞い,時には凶暴な行為に走り,犯罪に手を染めることもある … 続きを読む

カテゴリ 2013年2月号, 記事

日経サイエンス 2013年2月号

心理学 特集:サイコパスの秘密   サイコパスの脳を覗く K. A. キール/J. W. バックホルツ   サイコパスに学ぶ K. ダットン   専門家が語るサイコパスの実像 S. O. リ … 続きを読む

カテゴリ 2013年2月号, 雑誌