カテゴリ : 記事

飛行機はなぜ飛べるのか いまだに残る揚力の謎

飛行機が浮かんでいられるのは,翼が風を受けて上向きの「揚力」が生じるため──ではあるのだが,そもそもなぜ揚力が生じるのか。実は空気力学の方程式はその理由を説明していない。「ベルヌーイの定理」などに基づく理論があるが,説明 … 続きを読む

カテゴリ 2020年6月号, 記事

旅する蝶 オオカバマダラ激減の真相

 毎年,何百万匹ものオオカバマダラが越冬地であるメキシコから夏の繁殖地である米国東部やカナダまで旅をする。この個体群の冬の個体数は激減しており,その原因は除草剤にあると考えられていた。オオカバマダラの繁殖に欠かせない植物 … 続きを読む

カテゴリ 2020年6月号, 記事

麻薬性鎮痛薬からの離脱

米国ではかねて疼痛治療に麻薬性鎮痛薬(オピオイド)が処方されてきたが,合法・違法薬の多用による死者や依存が社会問題となり,厳しい制限が設けられた。用量を急に減らすと痛みに耐えられず,むしろ危険だ。高用量のオピオイドから安 … 続きを読む

カテゴリ 2020年6月号, 記事

GPSハッキングの脅威

旅客機を誘導しているGPS信号がおそらくハッカーによって妨害されたとみられる事案が発生した。現代では電力網や株式市場など多くのシステムが,運用の時刻合わせをGPSに依存しているが,GPS信号の妨害や偽装は容易にできる。高 … 続きを読む

カテゴリ 2020年6月号, 記事

サイバー 監視の攻防

世界で最初に新型コロナウイルスの感染爆発が起きた中国では,流行拡大を食い止めることを目的に,感染者の行動を追跡・監視するシステムがフル稼働した。   中国・国家衛生健康委員会は2月,ウイルスの感染拡大を防ぐため … 続きを読む

カテゴリ 2020年6月号, 記事

AI時代のサイバー戦争

「近年のサイバー攻撃では,敵はインフラを麻痺させて社会の混乱を起こしたり,金銭目的の標的型のランサムウエアのように明確な目的をもって攻撃を仕掛けてくる。入念に準備をして,システムへの侵入に成功した後もシステム内を長い時間 … 続きを読む

カテゴリ 2020年6月号, 記事

加速するAI攻撃

とうとう起きたか――。2019年8月,新手のサイバー犯罪のニュースがサイバーセキュリティー関係者の間で話題になった。大企業のCEOそっくりの声で部下に電話をかけて送金を指示し,メールで指示した偽の口座に振り込ませるという … 続きを読む

カテゴリ 2020年6月号, 記事

特集:サイバー戦争

 耳になじんだ口調やかすかなお国訛り。そんなところまでそっくり真似ることのできるAIの登場で,新たなリスクが登場した。上司の声音で金銭の振り込みを指示するAI版「振り込め詐欺」だ。ほかにもラジオから流れる音楽にスマートス … 続きを読む

カテゴリ 2020年6月号, 記事

鬼界カルデラを探る 海底溶岩ドーム発見

日本列島ではここ約10万年で10回,超巨大噴火が起きた。直近は7300年前に九州南方の火山島で起きた鬼界カルデラ噴火で,火砕流が鹿児島県南部を襲って南九州の縄文文化が滅び,東北地方まで火山灰が降った。  近年,その超巨大 … 続きを読む

カテゴリ 2020年6月号, 記事

ラグナ・デル・マウレ 超巨大火山覚醒の仕組み

超巨大火山(スーパーボルケーノ)は内部に途方もない破壊力を蓄積しており,大陸の形を変えるほどの大噴火を起こす場合がある。人類がその種の大噴火を目にしたことはまだないが,南米アンデスの高地ラグナ・デル・マウレで火山系が発達 … 続きを読む

カテゴリ 2020年6月号, 記事

特集:超巨大火山

 平家物語に登場する俊寛僧都(しゅんかんそうず)流刑の地,鬼界ヶ島とも伝えられる薩摩硫黄島は九州本土最南端から南西約40kmの洋上に浮かぶ火山島だ。同島は超巨大火山「鬼界カルデラ」の頂上部。日本では過去約10万年で10回 … 続きを読む

カテゴリ 2020年6月号, 記事

新型コロナウイルス感染症 COVID-19 感染拡大に立ち向かう

日本では3月半ばまで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が比較的少なかったが,その後,先に感染拡大が起きた海外からの帰国者が増え,同月下旬から本格的な流行が始まった。4月7日には政府が首都圏を中心とする7 … 続きを読む

カテゴリ 2020年6月号, 記事

マイクロチップに血管作製 リアルな生命現象に挑む:佐藤香枝

手のひらに乗る流体デバイスで血管内皮細胞などを培養 創薬や疾患治療に役立つ血管モデルの実現を目指す 胎児段階の造血組織分化の仕組みの解明にも迫る   日本女子大学理学部教授の佐藤香枝は,手のひらに乗るほど小さな … 続きを読む

カテゴリ 2020年5月号, 記事

原始銀河でまき散らされた重元素

宇宙誕生から約2億年後,最初の銀河が誕生して重元素が形成され始め,宇宙に広がっていったと考えられている。世界最大の電波望遠鏡による観測で,宇宙誕生から約10億年後の銀河での重元素ガス雲の分布状況が判明。原始銀河から始まる … 続きを読む

カテゴリ 2020年5月号, 記事

宇宙で最初にできた分子

地球上とは温度と圧力が大幅に異なる宇宙に存在する分子の多くはよく知られた分子とは異なり,未知の分子も存在している。近年の複数の画期的発見によって,宇宙の化学に関する考え方が変わりつつある。かねて存在が予測されていた水素化 … 続きを読む

カテゴリ 2020年5月号, 記事