カテゴリ : 記事

進化で読み解く歯の健康学

動物の歯は何億年もの時間をかけて,非常に強く,効果的な咀嚼に適した歯並びへと進化した。ある特定の口内環境において,これらの機能がうまく働くようになっている。現代人の歯並びの悪さや虫歯などの問題は主に,口内環境の変化から生 … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 記事

中生代の空の怪物 翼竜

中生代は「恐竜の時代」といわれることが多いが,空を支配していたのは別の動物グループ,翼竜だ。翼竜は鳥類よりも約8000万年早く,脊椎動物で初めて羽ばたき飛行を進化させた。体重が290kgを超えていたとみられる最大級の翼竜 … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 記事

遺伝性プリオン病  発症前治療への挑戦

プリオン病は,脳に存在するPrPと呼ばれる正常なタンパク質が折り畳み異常を起こしてプリオンになり,そのプリオンが周囲のPrPを同様に変形させることで起こる致死性の神経変性疾患だ。汚染された肉などを介した感染による獲得性プ … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 記事

希少疾患に光明 アンチセンス核酸医薬

アンチセンスオリゴヌクレオチド(ASO)は化学的に改変したDNAやRNAの短い鎖で,特定のRNAに由来して生じるタンパク質を変えるように設計されている。数十年の苦闘の末,この技術がついに本領を発揮し始めた。脊髄性筋萎縮症 … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 記事

特集:核酸医薬

遺伝子変異のために適切なタンパク質を作れないことで生じる致死的な疾患がある。脊髄性筋萎縮症や筋ジストロフィーなどの難病だ。そうした変異遺伝子の発現過程を阻害して治療する人工のDNAやRNAがアンチセンス核酸医薬。長年の研 … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 記事

長期戦略の模索 第2波に備える

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をめぐり,日本では5月14日に緊急事態宣言の解除条件の考え方が公表され,首都圏と関西,北海道を除く39県が解除された。今後も都道府県の流行状況に応じて順次解除が検討される予定だ … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 記事

パンデミック終息へのシナリオ

今回の新型コロナウイルスは,容易に感染すること,無症状から重体まで患者の病態が幅広いこと,世界を大混乱に陥れたことにおいて前例がない。しかしCOVID-19のパンデミックが今後どう展開し,どのように終息するのか,過去のア … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 記事

ワクチン迅速開発へ新手法 ウイルスの核酸を合成

COVID-19パンデミックを完全に終息させることがもしできるとしたら,その唯一の手段は有効なワクチンの開発だろう。4月前半までに,19カ国のおよそ80の企業と研究所が,ワクチンの開発を開始した。その大半が,インフルエン … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 記事

医療従事者が語るパンデミック最前線

最前線の医療従事者は今回のCOVID-19パンデミックの顔となった。重症患者の治療に立ち向かうその姿は人間性の最も素晴らしい部分の象徴であるとともに,米国の脆弱な医療制度と政府の混乱した対応による副次的なダメージを体現し … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 記事

医療現場を蝕む心の危機

現在のCOVID-19パンデミックのなか,医療従事者は次々に担ぎ込まれる重症患者を治療しているが,それだけではない。彼ら自身も感染リスクにさらされ,患者が相次いで死亡するのを目の当たりにしている。通常の治療手順が破綻,医 … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 記事

治療薬開発 3つの戦略

SARS-CoV-2によるパンデミックが続く中,状況を根本的に変える可能性があるのは治療薬とワクチンだ。カギとなるのは開発のスピードで,別の病気のためにすでに承認されている薬や,開発の途中で実用化を断念した試験薬などを含 … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 記事

追跡 新型ウイルスの起源 中国のコウモリ洞窟を探る

2004年,中国のウイルス学者シー・ジェンリー(石正麗)は中国南部のコウモリ洞窟でコロナウイルスの自然のリザーバーを発見した。遺伝子解析の結果は,コウモリを保有宿主とするこのウイルスがこれまでに何回か人間にジャンプして致 … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 記事

特集:COVID-19パンデミック

新型コロナウイルスによるCOVID-19のパンデミックは,5月14日時点で感染者420万人,死者29万人を出した。各国での行動制限によって感染拡大のペースは落ちているが,流行が終息したわけではない。この病気の起源,治療, … 続きを読む

カテゴリ 2020年7月号, 記事

テラヘルツ波と行動力で宇宙開発の未来を切り開く:笠井 康子

火星を観測する超小型探査機「TEREX」のプロジェクト代表を務める テラヘルツ波観測の専門家で,欧州の木星探査計画にも関わる 独創的な発想と粘り強い行動力で世界の先を見据えた宇宙開発を目指す   「光」と「電波 … 続きを読む

カテゴリ 2020年6月号, 記事

飛行機はなぜ飛べるのか いまだに残る揚力の謎

飛行機が浮かんでいられるのは,翼が風を受けて上向きの「揚力」が生じるため──ではあるのだが,そもそもなぜ揚力が生じるのか。実は空気力学の方程式はその理由を説明していない。「ベルヌーイの定理」などに基づく理論があるが,説明 … 続きを読む

カテゴリ 2020年6月号, 記事