カテゴリ : 記事

動き出した社会で 感染拡大をどう防ぐか

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が始まって約半年が経過し,経済活動を再開しつつ感染拡大を防ぐという新たな局面に入った。日本経済新聞社は6月15日,政府の専門家会議副座長の尾身茂氏(現政府対策分科会会長) … 続きを読む

カテゴリ 2020年9月号, 記事

データで見る各国の戦略

新型コロナウイルス感染症の流行から半年以上が経過した。感染症対策と経済活動の両立が課題とされるが,その答えはなかなか見えてこないのが現実だ。世界各国が半年間でどのような感染拡大を経験し,どんな対策を講じてきたかを概観する … 続きを読む

カテゴリ 2020年9月号, 記事

特集:COVID-19終わらないパンデミック

新型コロナウイルス感染症の流行開始から半年以上が経過した。世界ではなおも感染拡大が続き,終息の時期は見通せない状況だ。各国で感染者数や死者数には大きな違いがある。こうした差異は,対策の内容と打ち出すタイミングの違い,平時 … 続きを読む

カテゴリ 2020年9月号, 記事

南極の氷河期を生き延びたトビムシの謎

 南極大陸の内陸部にある山の斜面の岩の下に,ホソシロトビムシという6本脚の小動物が生息している。近年の調査と遺伝子解析から,ホソシロトビムシが命を脅かす氷床や有毒な塩(えん)をなんとか回避しながら,30回を超える氷河期を … 続きを読む

カテゴリ 2020年9月号, 記事

ネコを殺さず希少ネズミを守る 米キーラーゴ島の見えない出口

 フロリダ州キーラーゴ島の固有種キーラーゴウッドラットが絶滅の危機に瀕している。最大の脅威となっているのがネコだ。TNR(捕獲・不妊去勢・返還)などによって野良猫の個体数は減っているものの,ウッドラットが生息する野生動物 … 続きを読む

カテゴリ 2020年9月号, 記事

数理が語る格差拡大のメカニズム

多くの国で所得格差が危機的なまでに拡大している。なぜなのか? 自由市場で公正な取引が行われている限り,損をしたのはその人の責任で,貧富の差は能力の違いにすぎないと一般には考えられている。しかし物理学者と数学者が近年に開発 … 続きを読む

カテゴリ 2020年9月号, 記事

宇宙気候学の気鋭 宇宙と地球環境に迫る:宮原 ひろ子

地球の天候に影響を及ぼす宇宙線や太陽活動 老木や氷床,石灰岩に過去の痕跡を探り 宇宙と地球環境の未知の関係を解き明かす  宇宙から降り注ぐ放射線(宇宙線)や太陽活動の強弱が,地球の気候や天候にどんな影響を及ぼしているのか … 続きを読む

カテゴリ 2020年8月号, 記事

世界規模のトラウマ 克服への処方箋を探る

 COVID-19のパンデミックは,世界中の人々の生活を一変させた。一時は世界人口の1/3が行動制限下に置かれ,人々は今も感染への不安,愛する人の死,失業、社会的つながりの喪失など多岐にわたるストレスに直面している。   … 続きを読む

カテゴリ 2020年8月号, 記事

ゲノム解析でウイルスの謎に挑む

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)には大きな謎がある。かかっても一部の人しか重症化せず,人によって症状は全く異なる。欧州とアジアなど,地域によって流行の規模や様相に差異がある。こうした国レベルや個人レベルのばら … 続きを読む

カテゴリ 2020年8月号, 記事

特集:解明進む 新型コロナウイルス

新型コロナウイルス感染症COVID-19は,南米やインドを中心にいまだ感染拡大が続いている。日本や欧州では流行の第1波は過ぎたものの,第2波の再来は避けられないとの見方が強い。今後の流行の影響を最小限にとどめるには,CO … 続きを読む

カテゴリ 2020年8月号, 記事

図説 感染・増殖・防御の仕組み

新型コロナウイルスSARS-CoV-2がどのようにヒトの細胞に潜入し,自らの複製を作って他の多くの細胞に侵入し感染を広げていくのか,現時点でわかっている事柄を詳しく図解する。免疫系がウイルス一般を無力化する通常の仕組みと … 続きを読む

カテゴリ 2020年8月号, 記事

新たな有力候補  超高圧の量子固体

超高圧下で安定なランタン水素化物LaH10の結晶が,これまでより約50度も高い−20℃から−10℃で超電導になることが昨年,報告された。当初予想では200万気圧超でなければ,この結晶は実現しないと考えられたが,それより1 … 続きを読む

カテゴリ 2020年8月号, 記事

予測モデルがもたらした可能性

室温でも電気を抵抗なしで伝える超電導体を作るのは科学者の夢だ。現在の超電導体はいずれも低温に冷やす必要があり,高圧を要するものもある。超電導体探しはこれまで試行錯誤によってきたが,近年は機械学習などの手法を用いて新たな超 … 続きを読む

カテゴリ 2020年8月号, 記事

特集:室温超電導 実現への突破口

 100年以上前,極低温の水銀で電気抵抗がゼロになる超電導が発見されて以来,世界中の研究者が臨界温度(超電導になる温度)が高い物質の探索に血道を上げてきた。室温超電導が実現すれば損失ゼロの電力網や電力貯蔵に道が開けエネル … 続きを読む

カテゴリ 2020年8月号, 記事

もうトリ頭とは言わせない 解き明かされた鳥の脳の秘密

鳥のなかには道具を使うカラスや鏡に映った自分を認識できるカササギ,簡単な足し算ができるオウムなどがおり,因果関係の推定や,計画立案,社会認知,想像力などが認められる。鳥は脳が小さく知力に劣るとされてきたので,これらは驚き … 続きを読む

カテゴリ 2020年8月号, 記事