カテゴリ : 記事

意識は神経科学で説明できる

 私たちは現在のところ,意識の謎を解くという問題に近づく最も良い方法は,意識には神経の何が対応するか,すなわち,最も直接的に意識の原因になるものは何かの発見に全力を傾けることだと信じている。意識と最もよく対応するニューロ … 続きを読む

カテゴリ 1996年2月号, 記事

「すばる」火災事故の関連情報

   ハワイ島のマウナ・ケア山頂で建設中の「すばる」で火災事故が起こり,現地の工事関係者に複数の死者が出たというニュースには,本当に驚かされました。亡くなられた方々,および関係者の皆様に,慎んで哀悼の意を表しま … 続きを読む

カテゴリ 1996年2月号, 記事

大型望遠鏡「すばる」

 国立天文台がハワイ島のマウナ・ケア山頂に建設する口径8.2mの大型光学望遠鏡「すばる」が,その全容を見せはじめた。山頂のドームはほぼ完成,望遠鏡構造の仮組みも国内でほぼ終わり,今年の夏から現地で組み立て作業が始まる。心 … 続きを読む

カテゴリ 1996年2月号, 記事

未来戦争のゆくえ

 最新兵器の威力を湾岸戦争で見せ付けた米軍は,21世紀に向けてハイテク装備をさらに推し進めようとしている。同時に情報戦への備えにも怠りがない。しかし,机上の論理に期待しすぎるのは考えものだ。途上国で激化している“緊張度の … 続きを読む

カテゴリ 1996年2月号, 記事

ダーウィンの最後のポートレート

 ダーウィンはその生涯にわたって公開講演やディナー・パーティー, 写真撮影会を避け続けていた。それでも,登場したばかりのカメラマンのうち何人かは,この世捨て人のような生活を送る博物学者の 姿を何とかカメラに納めていた。こ … 続きを読む

カテゴリ 1996年1月号, 記事

木星に到達した「ガリレオ」

 12月7日,探査機ガリレオが約6年間の旅を終えて,最終目的地である木星に到達した。そして,プローブと呼ぶ観測装置を木星に落下させ,とくに大気に関する詳細なデータを収集した。このあと,ガリレオ本体は木星周回軌道に入り,木 … 続きを読む

カテゴリ 1996年1月号, 記事

よみがえるホログラム・メモリー

 書籍の表紙やパンフレットなどで,立体感を持った鮮やかな 絵やマークを目にすることがよくある。この画像はホログラ ムとしてよく知られており,対象物に信号光と参照光という2種類のレーザー光を干渉させて立体画像を平面的に記録 … 続きを読む

カテゴリ 1996年1月号, 記事

氷河期の急激な気候変動

 ヨーロッパの気候は暖かい。北大西洋でアマゾン川100本分の流量 を誇る巨大な海流が北上し,大量の熱を運んでいるからである。この海流の表層は高緯度で盛んに蒸発し,塩分が高まって重くなり,海中深く沈み込む。こうしてできる深 … 続きを読む

カテゴリ 1996年1月号, 記事

脳の免疫系を担うミクログリア

 血液中にある白血球は,体を病気から守る免疫系の代表的な細胞 である。しかし,脳には白血球が入らないようになっている。脳に侵入できるのは,病気やけがなどで血管が損傷したときだけで ある。白血球の代わりに脳内で免疫防御を担 … 続きを読む

カテゴリ 1996年1月号, 記事

お手玉の科学

 日本では,お手玉は子供の遊びか,さもなければ大道芸・曲芸の 出し物としか見なされない。しかし,マサチューセッツ工科大学 (MIT)にお手玉(juggling)クラブを設立した著者らによるこの論文は,欧米ではお手玉が大人 … 続きを読む

カテゴリ 1996年1月号, 記事

フォトリソグラフィーのゆくえ

 いまから9年前の1986年12月号の本誌に掲載された論文で,当時 IBM社の科学担当副社長だったチャウダリー(Praveen Chaudhari)博士は,大筋で次のようなことを述べている。    「回路パター … 続きを読む

カテゴリ 1996年1月号, 記事

利己的遺伝子と生物の体

 ダーウィンは生物個体の見地から進化や自然選択を考察したが, ドーキンスは個体ではなく,彼の言う「遺伝子の目から見た」視点で考察している。ドーキンスの主張によると,生物の中の遺伝子は「利己的」で,彼らの宿主(ドーキンスは … 続きを読む

カテゴリ 1996年1月号, 記事

危機に瀕する漁業資源

 1950年代から60年代にかけて世界の漁業技術は飛躍的に発展した。 レーダーの開発は濃霧での操船を可能にし,ソナーによって魚群を簡単に見つけ出すことができるようになった。また,効率のよい漁 獲機能を備えた“海上の工場” … 続きを読む

カテゴリ 1996年1月号, 記事

あとがき

 この動物記は、学者が書いた専門書ではありません。ただ、鳥や動物が好きなだけの一青年が南米に渡り、自由気ままに彼らと付き合い、自分の主観をもとに 書き下ろした記録です。私は様々な形で生きものたちと接してきました。鳥ひとつ … 続きを読む

カテゴリ 記事

あとがき

  「今までも野山を歩くのは好きだったの。でも何かを知った後に野山を歩くと、見え方が違ってくるの」  こんなことを僕に言ってくれた生徒がいた。僕は埼玉県にある自由の森学園中・高等学校で理科の教員をしている。あだ … 続きを読む

カテゴリ 記事