カテゴリ : 記事

1 / 15212345...102030...最後 »

雲の動きを予測して天気予報を変える:佐藤正樹

熱帯の積乱雲の不思議な振る舞い「マッデン・ジュリアン振動」を 再現する超精密なシミュレーションモデルを開発 これから発生する台風の予測を可能にした    赤道沿いの熱帯太平洋を,まるで生き物のように白く輝く雲の … 続きを読む

カテゴリ 2015年4月号, 最新号の紹介, 記事

浮かび上がるメカニズム

火山には2タイプある。1つは桜島や浅間山などのような通常起きている「山体噴火」。もう1つは,莫大なマグマの放出によって地表に大きな凹み(カルデラ)を生み出す「巨大カルデラ噴火」だ。過去約12万年間に日本で起きた火山噴火の … 続きを読む

カテゴリ 2015年4月号, 最新号の紹介, 記事

特集:破局噴火

 東日本大震災と福島第1原子力発電所事故から4年。原発の再稼働に絡んで超巨大な火山噴火のリスクが関心を集めている。莫大なマグマが一気に噴出,火砕流が広大な山野を呑み込み,日本列島の大半が火山灰で埋まってしまうほどの規模で … 続きを読む

カテゴリ 2015年4月号, 最新号の紹介, 記事

その時,何が起きるか

 原子力発電所の再稼働をめぐって,巨大噴火のリスクをどう評価するかが議論になっている。日本では1万年に1回の頻度で,国土のかなりの部分を火山灰で覆うほどの巨大噴火が起きている。こうした噴火が起きると,日本は滅亡の危機に瀕 … 続きを読む

カテゴリ 2015年4月号, 最新号の紹介, 記事

エボラ戦争

 待望のワクチンを目指して 西アフリカで昨年来続いているエボラ出血熱の流行は過去最大のアウトブレイクで,1月中旬までに2万1000人以上が発病し,8500人を超す死者が出ている。以前のアウトブレイクは散発的で幸いにして小 … 続きを読む

カテゴリ 2015年4月号, 最新号の紹介, 記事

プログラマブル材料

 気圧や気温の変化に応じて翼の形が適切に変わる飛行機。路面や天候に応じてグリップ面が変化するタイヤ。地震で崩れそうになっても自己修復する橋。コンパクトに折り畳まれた状態からひとりでに組み上がる人工衛星や家具,ビルディング … 続きを読む

カテゴリ 2015年4月号, 最新号の紹介, 記事

植物状態の人との対話

脳に外傷を負って意識を失ったままの状態,いわゆる植物状態と呼ばれる人は,本当に何もわからない状態なのだろうか? もしかたら反応できないだけで,私たちの会話を聞いているのではないか──。著者は植物状態の人の中に,隠れた意識 … 続きを読む

カテゴリ 2015年4月号, 最新号の紹介, 記事

アリをまねるクモ

 動物界はペテン師であふれている。生物が別種の生物に似た形態に進化する「擬態」について述べた教科書をざっと見れば,実に様々な例が載っているはずだ。サンゴヘビをまねたキングヘビ。ハチに扮装したハナアブ。そして,それほど知ら … 続きを読む

カテゴリ 2015年4月号, 最新号の紹介, 記事

顕微鏡は顕美鏡

 顕微鏡は平凡な世界に潜む驚異を明らかにして,私たちの科学的理解を深め続けている。ときには優れた美的価値を伴って。2014年「オリンパス・バイオスケープ国際デジタル画像コンペティション」から秀作を選んでお届けする。ウンカ … 続きを読む

カテゴリ 2015年4月号, 最新号の紹介, 記事

別冊204 実現への課題に向き合う

 別冊日経サイエンス177『先端医療をひらく』を送り出してから4年が過ぎた。一昔前であったら,4年という歳月は科学の歩みのほんの1ページであったろう。しかし,21世紀に入った現代では,時の流れは以前とは比較にならないほど … 続きを読む

カテゴリ 別冊日経サイエンス, 記事

コーヒーを救え

いま世界で栽培されているコーヒーノキは温暖化に伴って広がる「コーヒーさび病」などの病虫害によって深刻な危機にさらされている。栽培種はほぼすべてがエチオピアに生えていたほんの少数の株に由来しており,遺伝的に均質すぎて多様性 … 続きを読む

カテゴリ 2015年4月号, 最新号の紹介, 記事

ソーラー・ウォーズ 太陽光発電 変わる構図

 屋根の上に並べたソーラーパネルで発電し,家の中で使う電気をまかなう。余った分は送電網に送り込むことで,電力会社に「売る」。税金の優遇にも後押しされ,ハワイやアリゾナといった年間を通じて晴れた日が多い地域では急速に普及し … 続きを読む

カテゴリ 2015年4月号, 最新号の紹介, 記事

幻想の細胞 判明した正体

発表直後からさまざまな疑義が指摘されたSTAP論文 ようやく科学的な決着がついた STAP細胞は最初からなかった──これが結論だ    あのマウスと胎盤は何だったのだろうか。9カ月前,STAP細胞の疑惑を報じた … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 最新号の紹介, 記事

イモリで探る体の組織再生のしくみ:千葉親文

イモリの目の傷ついた網膜は,おとなになっても再生する その謎を解き明かすことができれば 人間の再生医療につながるかもしれない    「かわいいやつ」。めがねの奥から優しい瞳が,手にのせたイモリを見つめる。千葉親 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 記事

特集:STAPの全貌

 1年にわたって社会と科学界とを揺るがせた「STAP細胞」の正体が明らかになった。それは実験の場となった研究室に所属していた研究員が10年前に作り,研究に使わないまま保存していた胚性幹細胞(ES細胞)だった。どういう経緯 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 記事

 

1 / 15212345...102030...最後 »