カテゴリ : 記事

1 / 15312345...102030...最後 »

自由意思が存在する理由

 例えば手首を曲げる際,動作をすると本人が決めたことを自覚するより先に,脳に「準備電位」という活動が生じることが1980年代の実験で示された。とすると,本人が意識する前に脳がすでに決定を下しており,「自由意思は存在しない … 続きを読む

カテゴリ 2015年6月号, 記事

地球の最適解を探る

 現代文明は3つの難問を抱えている。エネルギーと水,食料だ。これらの資源は相互依存の関係にあり,どれか1つが豊富にあれば他の資源も豊富にすることができる半面,いずれかの資源が不足すると他の資源の不足を招く恐れがある。3つ … 続きを読む

カテゴリ 2015年6月号, 記事

はじめに:別冊205 食の探究

 別冊日経サイエンス205『食の探究』では,科学とテクノロジーの側面から食物と食糧生産の話題を広く取り上げる。    Chapter1味覚とダイエットの冒頭,「味な感覚」は,味覚に関する近年のトピックスを紹介す … 続きを読む

カテゴリ 記事

国際リニアコライダーの心臓部を作る:山本明

万物の根源を探索する次世代の超大型加速器,国際リニアコライダー その心臓部となる,電子と陽電子を加速する超伝導加速空洞を 日本主導で開発し,実用化への見通しをつけた    筑波山麓にある高エネルギー加速器研究機 … 続きを読む

カテゴリ 2015年5月号, 2015年6月号, 最新号の紹介, 記事

有力候補を探せ 系外惑星の空を観る

 ケプラー宇宙望遠鏡などの観測により,太陽系以外の恒星にも惑星が普遍的に存在することがわかった。天の川銀河には生命を宿し得る「ハビタブル惑星」が数十億個は存在すると推定されている。  ケプラー後継の宇宙望遠鏡TESSは2 … 続きを読む

カテゴリ 2015年5月号, 最新号の紹介, 記事

特集 超ハビタブル惑星

私たちが暮らす地球は生命にとって理想的な「ハビタブル」な惑星であるように思える。地球が周回しているのは穏やかな中年の恒星で,これまで数十億年にわたって安定した光を放ってきたので,生命が発生し,進化するのに十分な時間があっ … 続きを読む

カテゴリ 2015年5月号, 最新号の紹介, 記事

生命の理想郷 スーパーアース

 天文学者は太陽に似た恒星の周りを回る地球そっくりの惑星を探している。しかしそうした第2の太陽系の探索は現代の観測技術の限界に近い。一方,太陽より暗い小型恒星を周回する地球より大きな「スーパーアース」はもう少し探しやすい … 続きを読む

カテゴリ 2015年5月号, 最新号の紹介, 記事

習慣を作る脳回路

 ある行動を繰り返すと,それが習慣になることがある。自動車の運転など,必要な操作に習熟して無意識にこなせるようになる“よい” 習慣もあれば,望ましくない“悪い” クセがついてしまうこともある。そもそも,習慣ができるのはな … 続きを読む

カテゴリ 2015年5月号, 最新号の紹介, 記事

沈没船のお宝を探せ 海洋考古学の新時代

 フィリピン沖の海底で戦艦「武蔵」とみられる船体が発見され,話題になっている。これは自律型の無人海底探査機による発見だが,地中海では生身のダイバーがハイテクを活用して沈没船から考古学的な“お宝”を発掘している。船が沈んで … 続きを読む

カテゴリ 2015年5月号, 最新号の紹介, 記事

がんをたたくウイルス療法

 ウイルスを使ってがん細胞を殺すアイデアが生まれたのは100年ほど前のこと。子宮頸がんのイタリア人女性が犬に噛まれ,狂犬病ワクチン(弱毒化した狂犬病ウイルス)の接種を受けたところ,腫瘍が消えたのがきっかけだった。ただ,そ … 続きを読む

カテゴリ 2015年5月号, 最新号の紹介, 記事

色の変化で動きを見る モーション顕微鏡

 青ざめたり赤らんだり,顔色には感情の起伏が表れる。しかし,まったく平静なときにも顔色は心臓の拍動に合わせて微妙に変化している。画像処理技術が進歩,今や顔色から脈拍が読み取れるようになった。その研究に取り組んでいた著者ら … 続きを読む

カテゴリ 2015年5月号, 最新号の紹介, 記事

体のあちこちで働く末梢時計

 多くの生物は1日24時間の概日リズムに従っている。脳の「視交叉上核」にある生物時計が多くのプロセスを調節していることが知られているが,ここ数年で,肝臓や膵臓などの組織にも局所的な時計が見つかった。食事や睡眠のタイミング … 続きを読む

カテゴリ 2015年5月号, 最新号の紹介, 記事

温暖化が脅かすワインの味

 気候変動で多くのワイン産地の気温が上がっている。気温はブドウの実の糖分や酸,香りを生み出す微量成分を左右するので,産地特有のワインの風味を保てなくなる恐れがある。ブドウ農家はブドウの木の列の向きや葉の配置を変えて日陰を … 続きを読む

カテゴリ 2015年5月号, 最新号の紹介, 記事

透明化が社会に強いる進化

 5億4000万年前の海で生物の多様性が急増した「カンブリア爆発」は,海の透明化に適応する爆発的進化だったという説がある。デジタル技術が現代社会をどう変えていくかを,これになぞらえて考察できる。太古の動物が体形や捕食者を … 続きを読む

カテゴリ 2015年5月号, 最新号の紹介, 記事

雲の動きを予測して天気予報を変える:佐藤正樹

熱帯の積乱雲の不思議な振る舞い「マッデン・ジュリアン振動」を 再現する超精密なシミュレーションモデルを開発 これから発生する台風の予測を可能にした    赤道沿いの熱帯太平洋を,まるで生き物のように白く輝く雲の … 続きを読む

カテゴリ 2015年4月号, 最新号の紹介, 記事

 

1 / 15312345...102030...最後 »