カテゴリ : 記事

1 / 17212345...102030...最後 »

量子ビットから生まれる時空

時空は情報の基本単位からできていて,それらの構成要素は「量子もつれ」という奇妙な現象を介して結びついているのかもしれない。量子もつれ状態にある2つの粒子は,遠く離れていても,その振る舞いが同期する。量子コンピューターを扱 … 続きを読む

カテゴリ 2017年4月号, 最新号の紹介, 記事

別冊218 はじめに

 別冊日経サイエンス218『脳科学のダイナミズム──睡眠 学習 空間認知 医薬』では,ここ数年の記事を中心に脳神経科学や認知科学,心理学の成果を取り上げる。  眠りが心身の充足をもらたすことは誰もが経験している。睡眠不足 … 続きを読む

カテゴリ 別冊日経サイエンス, 記事

神話の進化

動物の姿に変えられた人物が天の星座になる。男が作った女性の彫像が命を得て男の妻になる。こうしたストーリーの神話が世界のいろいろな文化に伝わっている。空間的にも時間的にもかけ離れた多くの文化に伝わる神話の粗筋が驚くほど似通 … 続きを読む

カテゴリ 2017年4月号, 最新号の紹介, 記事

ピルトダウン人の真相

 1912年12月,大英博物館自然史部門の地質学部長ウッドワードはロンドン地質学会の会合の席で,アマチュア考古学者のドーソンがピルトダウンという町の周辺で発見した化石に「エオアントロプス・ドーソニ(ドーソンの曙人)」とい … 続きを読む

カテゴリ 2017年4月号, 最新号の紹介, 記事

とける永久凍土

本来は年間を通じて凍ったままの永久凍土が,北極の広い範囲で融解している。そこに含まれている動植物の残骸を微生物が分解すると,二酸化炭素とメタンが生じる。北半球の永久凍土は大気中に存在する炭素の2倍近い有機炭素を含んでいる … 続きを読む

カテゴリ 2017年4月号, 最新号の紹介, 記事

ヒトの臓器を動物で作る

世界で毎年数万人が臓器移植を受けているが,提供される臓器の数は足りていない。欧州では平均毎日16人,米国では22人が移植用の心臓や肝臓などを待つ間に亡くなっている。そこで,最新の幹細胞技術を使ってヒトの臓器をブタなどの動 … 続きを読む

カテゴリ 2017年4月号, 記事

非科学的デマを斬る──知っておきたい5つの事実

「気候変動はでっち上げだ」って,ちょっと待った。米国では近年,特定の問題に関する科学的コンセンサスを否定する人々が目につく。先の大統領選挙キャンペーンでもそれが顕著だった。本誌の提携誌SCIENTIFIC AMERICA … 続きを読む

カテゴリ 2017年4月号, 最新号の紹介, 記事

ケニアの野生動物を守れ リチャード・リーキーに聞く

古生物学者として著名なリチャード・リーキーはケニア大統領の要請を受けて2015年4月,ケニア野生生物公社の総裁に就任した。ゾウやサイなどアフリカの動物はかつてない激しい密猟の脅威に直面している。アジアで新たに拡大してきた … 続きを読む

カテゴリ 2017年4月号, 最新号の紹介, 記事

65cm屈折望遠鏡と大赤道儀室(上)

 国立天文台の三鷹キャンパスには大正から昭和の初め頃にかけて,東京帝国大学東京天文台の時代に建設された観測施設がいくつも残っている。中でもシンボル的な存在が昭和4年(1929年)に完成した大赤道儀室と呼ばれる大きな天文ド … 続きを読む

カテゴリ 2017年3月号, 最新号の紹介, 記事

「世界」を理解するため人工知能をつくる:松尾豊

認識対象の特徴量を自動的に得ることができるディープラーニング AI研究のブレークスルーで,世界にある様々な存在を理解できる さらにロボットの動きの制御や言語の意味を理解するAIを目指す      人が … 続きを読む

カテゴリ 2017年3月号, 最新号の紹介, 記事

透明化で見えた脳回路 CLARITY法の衝撃

脳の仕組みを解明するには,個々の脳細胞の詳しい観察と,脳全体の大規模な研究を組み合わせる必要があるだろう。一般に使われている光学的な撮影法では,不透明な脳組織の奥を見ることができない。細胞膜の水と脂肪分子の界面で光が散乱 … 続きを読む

カテゴリ 2017年3月号, 記事

実験室で誕生 脳オルガノイド

人間の脳に関する知識の多くは,マウスやラットなどの動物実験から得られている。これらの動物の脳は人間の脳と共通する部分が多いが,表面に深く折り畳まれたしわがなく,この違いが神経機能に影響している。統合失調症からアルツハイマ … 続きを読む

カテゴリ 2017年3月号, 最新号の紹介, 記事

特集:脳を作る 脳を見る

脳の働きを解明し,また神経疾患の原因と治療法を探るのは現代科学の重要なテーマだ。この取り組みに大きく寄与する2つの新アプローチを紹介する。1つはiPS細胞(人工多能性幹細胞)などをもとに培養皿の上に脳の一部を作り出す技術 … 続きを読む

カテゴリ 2017年3月号, 最新号の紹介, 記事

ドラマチックだった太陽系形成

米航空宇宙局(NASA)は先頃,太陽系天体の新たな探査ミッション2つを決定したと発表した。その1つが,全体が金属でできた奇妙な小惑星プシケの探査だ。つい5年ほど前まで,太陽系の惑星は微小な粒子を出発点に,一定ペースで比較 … 続きを読む

カテゴリ 2017年3月号, 最新号の紹介, 記事

新発見! 文化が促すシャチの種分化

新たな生物種が出現するのは,祖先種が地理的な障壁によって2つの集団に隔離されて交配できなくなり,独自の進化の道をたどるからだとされてきた。ところが,これがすんなり当てはまらない例が見つかった。世界の海に生息するシャチは, … 続きを読む

カテゴリ 2017年3月号, 最新号の紹介, 記事

 

1 / 17212345...102030...最後 »