カテゴリ : 記事

1 / 16612345...102030...最後 »

スーパーAI恐るべし?

人間よりも賢いコンピューターを作るとまずいのではないか,という厄介な疑念から逃れるのは難しい。機械が邪悪な意識を自然に発達させて殺人ロボット軍団を指揮するというハリウッド流の筋立ては完全にばかげているものの,うっかりする … 続きを読む

カテゴリ 2016年9月号, 記事

完全な自動運転車はできるか

自動車業界とマスコミは自動運転車の実力を誇大に述べてきた。路上でのちょっとした出来事もコンピューターには対応の難しい大問題で,ロボット運転手の実現は何十年も先だ。人間の助力に頼る自動化システムは特に問題含みだ。しかし,特 … 続きを読む

カテゴリ 2016年9月号, 記事

爆発的に進化するディープラーニング

人工知能(AI)が本格的な研究分野としてスタートしたのは1950年代半ばのことで,当時の研究者たちは,自分たちが現役のうちに人間の知能を模倣できるようになると考えていた。しかし,当時のアルゴリズムと計算能力では人間の知能 … 続きを読む

カテゴリ 2016年9月号, 記事

特集 人工知能

今,この瞬間にも世界中で膨大な数のコンピューターが猛烈な勢いで「学習」に取り組んでいる。人間と違って寝食不要で,飽きることなく24時間,集中して学習し続ける。学習の対象は自動車の運転から写真や画像の判読,音声言語,二本脚 … 続きを読む

カテゴリ 2016年9月号, 記事

超新星に新タイプ続々発見

ほぼ1秒に1回,観測可能な宇宙のどこかで,恒星が破滅的な最期を迎え,その中には大爆発を起こすものも多い。夜空に出現する超新星は星の大爆発の輝きだ。自動化された望遠鏡で迅速な掃天観測が行われるようになり,普通の超新星爆発と … 続きを読む

カテゴリ 2016年9月号, 記事

重力波の“超新星”も相次ぎ発見

重力波望遠鏡LIGOは2015年9月から2016年1月まで4カ月間稼働した後,さらなる感度向上のため観測を休止して装置の調整を行っている。4カ月間の観測で,重力波が爆発的に放出される天体現象,いわば重力波の“超新星”の出 … 続きを読む

カテゴリ 2016年9月号, 記事

最速ランナーの秘密

お待ちかねリオデジャネイロ・オリンピックの開幕が迫った。男子100mで日本選手は初めて10秒を切るか? ウサイン・ボルトらトップ選手から世界新記録は出るのか? 興味は尽きないが,そもそも短距離走で好記録を出すためのカギは … 続きを読む

カテゴリ 2016年9月号, 記事

痒みの科学

急性の痒みには,虫や有毒植物を避けるよう警告する役割がある。虫刺されなどお馴染みのケースでは,皮膚で免疫細胞が作動してヒスタミンという化学物質を放出している。しかし慢性的な痒みは,なぜかはっきりした原因なしに生じることが … 続きを読む

カテゴリ 2016年9月号, 記事

言語学バトル 印欧語族の起源をめぐって

英・独・仏語にイタリア語,ポルトガル語,ロシア語,ギリシャ語,ヒンディー語などなど,世界人口の半数近くは「インド・ヨーロッパ語族」に属する言語を話している。これら各国語の共通祖先はインド・ヨーロッパ祖語という古代言語だが … 続きを読む

カテゴリ 2016年9月号, 記事

ポストエボラ症候群

西アフリカのエボラ出血熱に終息宣言が出た現在も,約1万7000人が「ポストエボラ症候群」と呼ばれる危機にある。リベリアでの調査によると,生還者の60%が目の問題を,53%が筋肉痛・関節痛を,68%が神経関連の問題を抱えて … 続きを読む

カテゴリ 2016年9月号, 記事

クラゲの圧力遊泳術

クラゲは四六時中,餌を探して水中を動き続けている。遊泳に費やすサイズあたりのエネルギーは海の生物のなかで最も少なく,効率的だ。いったいどのようにして? 米国の研究チームはクラゲの水槽に小さなビーズを浮遊させ,レーザー光で … 続きを読む

カテゴリ 2016年9月号, 記事

土壌を肥やすペレニエーション農法

サハラ砂漠以南のアフリカは土地が非常にやせている。肥料を施しても追いつかず,むしろ状態が悪化する場合もある。そこで注目されているのが「ペレニエーション」という農法だ。樹木やマメ科植物などの多年生植物を作物と一緒に植えると … 続きを読む

カテゴリ 2016年9月号, 記事

人工知能の可能性信じグランドチャレンジを主導:松原仁

無謀と思われるコンピューター将棋研究を立ち上げ,流れを変えてきた 今は文学賞「星新一賞」にAIで創作し応募するプロジェクトを仕掛ける いずれはAIに創造性を持たせることができるかもしれない   3月21日,東京 … 続きを読む

カテゴリ 2016年8月号, 最新号の紹介, 記事

量子暗号研究 日本の最前線を見る

量子暗号に関する基礎研究は日本でも1990年代から進められており,実用化に向けた研究も2000年代前半に世界に先駆けて始まった。欧米では主にベンチャー企業が装置開発を担っているのに対し,日本ではNECや東芝,三菱電機,N … 続きを読む

カテゴリ 2016年8月号, 最新号の紹介, 記事

量子暗号が登場する日

オンライン取引でやり取りされる情報やオンライン通信は,大きな数の素因数分解をベースにした暗号によって守られている。従来のコンピューターではこのような暗号を解読できない。 しかし,量子コンピューターが登場すれば,現在の暗号 … 続きを読む

カテゴリ 2016年8月号, 最新号の紹介, 記事

 

1 / 16612345...102030...最後 »