カテゴリ : 記事

1 / 17512345...102030...最後 »

9cmバンベルヒ子午儀

 国立天文台がハワイ島マウナケア山頂に建設した口径8mの「すばる望遠鏡」は平成11年(1999年)の稼働以来,天文学の発展に大きく貢献,現在も最先端の観測を行っている。膨大な量の観測データは新発見が眠る“宝の山”で,その … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, 最新号の紹介, 記事

古代魚を使って探る遺伝子,細胞,種の進化:神田真司

ほとんどの魚は進化の過程で「全ゲノム重複」を経験している すべての遺伝情報がそっくり倍になる現象だ それを経験しなかった古代魚を使って“誰もやらない”研究に挑む      メダカの入った水槽がずらりと … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, 最新号の紹介, 記事

放浪するブラックホールを探す

天の川銀河には太陽の数倍~数十倍の質量を持つブラックホールが1億個以上存在するとみられる。うち少数は普通の星と結びついた連星でX線などを出しているが,多くは単独で宇宙を放浪していると考えられる。そうした単独ブラックホール … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, 最新号の紹介, 記事

星を引き裂く姿 潮汐破壊現象

超大質量ブラックホールに近づきすぎた恒星は,その強大な潮汐力によって引き裂かれてバラバラになり,ブラックホールに呑み込まれる。この現象は潮汐破壊現象と呼ばれ,現在行われている複数の広域掃天観測プロジェクトによって詳しく調 … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, 記事

特集:ブラックホールをあぶり出せ

宇宙には無数のブラックホールが闇の中に潜んでいるが,所在がわかっているものはごく少数にすぎない。ところが近年,新たなアプローチによって,これまで見過ごされていたブラックホールのうごめきが捉えられるようになった。1つは銀河 … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, 最新号の紹介, 記事

アルツハイマー病に負けない力を蓄える

神経病理学者アルツハイマーが1世紀以上前に報告した脳の病変──異常なタンパク質が固まってできた「老人斑」と,神経細胞の中で絡み合った線維状のたんぱく質「神経原線維変化」は,実のところ,大半の高齢者の脳に見られる。だが同程 … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, 最新号の紹介, 記事

大規模調査で見えたカギ 生活習慣でリスク低減

適切な食事,定期的な運動,高等教育など,認知症の発症リスクを下げるとみられている要因はいくつもある。だがこれまで,個々の要因が発症リスクを低減させることを直接示す証拠はなかった。2010年,米国立衛生研究所(NIH)の専 … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, 最新号の紹介, 記事

特集:アルツハイマー病はこう防ぐ

世界の認知症患者はおよそ5000万人。うち6〜7割がアルツハイマー病だ。治療薬の開発が相次いで失敗する中で,近年,いかに発症を防ぎ認知機能を保つかを目指す研究が進んでいる。特に有名なのはフィンランドで実施された大規模調査 … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, 最新号の紹介, 記事

キツネがイヌに化けるまで

「人類最良の友」といわれるイヌは野生のオオカミを人間が家畜化したものと考えられているが,具体的にどう飼い慣らしたのか,どのくらいの期間がかかったのかなど,その詳細は歴史のなかに失われてしまった。そこでオオカミからイヌへの … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, 最新号の紹介, 記事

1000兆分の1秒の反応を見る 連続フェムト秒結晶構造解析

タンパク質の分子は細胞のなかで常に動きながら,生命活動に必要な化学反応を実行している。これらの動きは非常に小さなスケールでしかも高速に進むので,顕微鏡では見ることができない。だが,持続時間わずか1000兆分の1秒のパルス … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, 最新号の紹介, 記事

微生物の長距離飛行

主にムギ類に感染する「赤かび病」は広域の畑に壊滅的な被害をもたらす病害で,気候変動の影響もあって世界各地に広がっている。原因菌はフザリウム・ グラミネアラムという真菌(糸状菌)で風に乗って広がる。著者たちはドローン(無人 … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, 最新号の紹介, 記事

この水は危険か? 米国のパーフルオロ化合物汚染

飲料水にパーフルオロ化合物(PFC類)が見つかる米国の自治体が増えている。PFC類は炭化水素の大半の水素原子をフッ素原子で置き換えた人工の化合物で,多くの消費財の製造に使われてきたが,動物実験で健康への影響が示唆されたこ … 続きを読む

カテゴリ 2017年8月号, 最新号の紹介, 記事

レプソルド子午儀と子午儀室(下)

 国立天文台の前身である東京大学東京天文台は明治時代,都心の麻布飯倉にあった。現在,時刻の標準は原子が吸収する光の振動を利用する原子時計が担っているが,当時は恒星の日周運動を基準とする恒星時が用いられ,機械式時計の時刻を … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 記事

貧困から子供の脳を救う

貧しい家庭の子供は同級生と比べて様々なテストの成績が劣る傾向にある。進学率は低く,社会に出てからも不完全雇用になりがちだ。近年の研究によって,貧しい家庭に育つことによる教育・就業上の不利な状況が子供の脳の大きさと形,機能 … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 記事

アニマルCSI 動物虐待を科学捜査

暴行事件に巻き込まれたり,賭博目的の闘犬が横行したり,米国では動物虐待犯罪が問題になっている。だが法獣医学の専門家のおかげで現場と被害動物の状態が適切に調べられるようになり,事件を訴追する助けになってきた。そうした犯行現 … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 記事

 

1 / 17512345...102030...最後 »