カテゴリ : 記事

1 / 16612345...102030...最後 »

人工知能の可能性信じグランドチャレンジを主導:松原仁

無謀と思われるコンピューター将棋研究を立ち上げ,流れを変えてきた 今は文学賞「星新一賞」にAIで創作し応募するプロジェクトを仕掛ける いずれはAIに創造性を持たせることができるかもしれない   3月21日,東京 … 続きを読む

カテゴリ 2016年8月号, 最新号の紹介, 記事

量子暗号研究 日本の最前線を見る

量子暗号に関する基礎研究は日本でも1990年代から進められており,実用化に向けた研究も2000年代前半に世界に先駆けて始まった。欧米では主にベンチャー企業が装置開発を担っているのに対し,日本ではNECや東芝,三菱電機,N … 続きを読む

カテゴリ 2016年8月号, 最新号の紹介, 記事

量子暗号が登場する日

オンライン取引でやり取りされる情報やオンライン通信は,大きな数の素因数分解をベースにした暗号によって守られている。従来のコンピューターではこのような暗号を解読できない。 しかし,量子コンピューターが登場すれば,現在の暗号 … 続きを読む

カテゴリ 2016年8月号, 最新号の紹介, 記事

難関を突破するモジュール量子計算

実用に耐える大規模な量子コンピューターを作るのは難しい。一般に,粒子が多く集まると量子力学的な振る舞いが見られなくなり,古典的法則に従うようになるからだ。解決策の1つは,小さな量子コンピューターをたくさん作り,その量子的 … 続きを読む

カテゴリ 2016年8月号, 最新号の紹介, 記事

特集:量子コンピューター

「状態の重ね合わせ」や「量子もつれ」という量子世界の不思議な現象を活用して膨大な計算を一挙にこなす──そうした量子コンピューターの実現はまだ遠い先だと考えられていたが,認識は大きく変わってきた。壊れやすい量子状態を乱さず … 続きを読む

カテゴリ 2016年8月号, 最新号の紹介, 記事

本庶 佑(京都大学名誉教授):免疫チェックポイント阻害剤に道

人間の体を守るべき免疫が,がん細胞にはどうして働かないのか。その謎を解き,がん細胞に対する免疫の働きを回復させる新たな治療薬が「免疫チェックポイント阻害剤」だ。この分野で先頭を走るのが本庶佑京都大学名誉教授(先端医療振興 … 続きを読む

カテゴリ 2016年8月号, 最新号の紹介, 記事

坂口志文 (大阪大学特任教授):制御性T細胞を発見

自己免疫疾患は数多い。多発性硬化症やバセドウ病,Ⅰ型糖尿病など特定の臓器で発症するもののほか,関節リウマチや全身性強皮症など全身に症状が出る病気もある。いずれも本来,外敵だけを攻撃する生体防御の仕組みに異常が起き,自分の … 続きを読む

カテゴリ 2016年8月号, 最新号の紹介, 記事

個性豊かな研究のドラマを読む

 別冊日経サイエンス213『生命解読2 細胞から個体へ』をお届けする。タイトルからもわかるとおり,本書は,好評だった別冊日経サイエンス208『生命解読 分子生物学の30年』(2015年)の続編である。前書と同様,過去30 … 続きを読む

カテゴリ 記事

がん免疫療法2016 3つのアプローチ

免疫系の能力を増強し,がん細胞を攻撃して抑え続ける新世代の治療法が,過去5年間に目覚ましい成果を上げた。「免疫チェックポイント阻害剤」「樹状細胞ワクチン」「キメラ抗原受容体発現T細胞」という3つの新アプローチが実用化ない … 続きを読む

カテゴリ 2016年8月号, 最新号の紹介, 記事

特集:がん免疫療法

免疫系の能力を増強し,がん細胞を攻撃する「がん免疫療法」が近年に目覚ましい成果を上げ,新段階を迎えた。なかでも「免疫チェックポイント阻害剤」「樹状細胞ワクチン」「キメラ抗原受容体発現T細胞(CAR-T)」という3つの新ア … 続きを読む

カテゴリ 2016年8月号, 最新号の紹介, 記事

史上最大の飛ぶ鳥 ペラゴルニス

世界最大の鳥は? 現生の鳥でいうと,飛べないものではダチョウの仲間が最も大きく,飛ぶ鳥ではアホウドリの仲間(翼長3mを超える)が最大であるとされる。だが,かつてはアホウドリをはるかに上回るスーパーバードが空を舞っていた。 … 続きを読む

カテゴリ 2016年8月号, 最新号の紹介, 記事

太陽系 混沌からの誕生

 太陽系以外の惑星系がたくさん発見されるにつれ,太陽系の構成がかなり特異であることがわかってきた。多くの惑星系では,太陽系でいえば水星よりもさらに主星に近いところに惑星が存在する。また太陽系の惑星の公転軌道は円に近いが, … 続きを読む

カテゴリ 2016年8月号, 最新号の紹介, 記事

魚は天才ハンターだ!

チンパンジーや一部の鳥が道具を使うことはよく知られるようになった。これに対し魚は総じて頭の悪い動物とされてきたが,近年の研究でこの見方は覆った。例えば,ある種のベラは水中の岩を一種の道具として使い,貝を岩にぶつけて割って … 続きを読む

カテゴリ 2016年8月号, 最新号の紹介, 記事

ミャンマーのエコツーリズム

アウンサンスーチー氏が指導する新政権の発足に象徴されるように,ミャンマーの民主化が近年で急速に進んだ。政治的にも経済的にも世界から長らく切り離されてきたこの国は新時代を迎えている。ただ,国土の近代化に伴って懸念されるのが … 続きを読む

カテゴリ 2016年8月号, 最新号の紹介, 記事

気候変動戦争を回避せよ

地球温暖化の脅威は海面上昇だけではない。気候変動によって世界の特定地域が不安定化し,暴動や武力衝突,テロの脅威が高まっている例が現実にある。それによって国益が脅かされる事態が生じるのを避けるため,米軍は行動を始めている。 … 続きを読む

カテゴリ 2016年8月号, 記事

 

1 / 16612345...102030...最後 »