カテゴリ : 記事

1 / 17312345...102030...最後 »

20cm屈折望遠鏡と第一赤道儀室

 国立天文台の三鷹キャンパスは年末年始を除く毎日,一般公開されているが,狙い目はよく晴れた週末。かつて天文台で毎日のように行われていた太陽観測を彷彿とさせる光景を目にすることができる。100年近く前からある大きな望遠鏡を … 続きを読む

カテゴリ 2017年5月号, 最新号の紹介, 記事

スパコン開発の鬼才 シンギュラリティーにらむ:齊藤元章

超高速,省エネで世界トップクラスのマシンを続々開発 「京」の100倍相当のエクサ級スパコンも視野に AIが人間超える「シンギュラリティー(特異点)」起こす道具に     横浜市金沢区にある海洋研究開発 … 続きを読む

カテゴリ 2017年5月号, 最新号の紹介, 記事

ハビタブル惑星 プロキシマbの発見

太陽系に最も近いアルファ・ケンタウリ星は南天の夜空でひときわ明るく輝く単独星として肉眼では見えるが,実は連星で,少し離れたところにある肉眼で見えないほど暗い赤色矮星プロキシマ・ケンタウリとも重力的に結びついて全体として三 … 続きを読む

カテゴリ 2017年5月号, 最新号の紹介, 記事

日本の宇宙ヨット「イカロス」

強力なレーザー光を帆に受けて推進する超小型宇宙船でアルファ・ケンタウリ恒星系を目指すブレークスルー・スターショット計画。巨額の費用が調達できて開発も順調に進んだとして,宇宙に飛び立つのは2040年代半ばになるが,その手本 … 続きを読む

カテゴリ 2017年5月号, 最新号の紹介, 記事

亜光速でアルファ・ケンタウリへ

シリコンバレーの大富豪ユーリ・ミルナーの資金援助によって,太陽系に最も近い隣の恒星アルファ・ケンタウリ(ケンタウルス座アルファ星)に“宇宙船“を送り込む「ブレークスルー・スターショット」という計画が持ち上がっている。小さ … 続きを読む

カテゴリ 2017年5月号, 最新号の紹介, 記事

口笛言語

通常の言葉を口笛で表現して伝える「口笛言語」をご存じだろうか。スペイン領カナリア諸島の「シルボ・ゴメーロ」など少数が知られるだけだったが,著者らの近年の研究でギリシャや中南米,東南アジアなど世界各地の約70の集団がいまも … 続きを読む

カテゴリ 2017年5月号, 最新号の紹介, 記事

チョムスキーを超えて 普遍文法は存在しない

子供はみな言葉を自然に覚えて話すようになる。なぜだろうか? 人は言語を習得する機構を生まれながらに備えている,つまり普遍的な文法が生得的に組み込まれている──というのが,ノーム・チョムスキーが20世紀半ばに提唱した有名な … 続きを読む

カテゴリ 2017年5月号, 最新号の紹介, 記事

ついに見えたHIV予防ワクチン

HIVの感染を防ぐワクチンはいまだにできていない。ワクチンとして使うのに適したウイルスのエンベロープ(外被)タンパク質が,どう合成してもすぐに分解してしまうのが一因だ。そうしたバラバラのタンパク質では,免疫系を刺激して抗 … 続きを読む

カテゴリ 2017年5月号, 記事

キログラムを再定義

1キログラムは白金イリジウム合金製の円筒(国際原器)の質量として定義されてきた。いまも人工物によって定義されている計量単位はこれだけだが,国際度量衡総会は1キログラムを量子力学の「プランク定数」と関連づける形で再定義する … 続きを読む

カテゴリ 2017年5月号, 最新号の紹介, 記事

究極の選択? 麻薬依存をイボガインで治療

イボガインは熱帯雨林の植物から抽出された物質で,薬物依存患者の脳をリセットして依存から脱するのを助けるとされる。だが心臓などに致命的な悪影響を及ぼす恐れがあるため米国では使用が禁じられており,中南米の無許可クリニックに渡 … 続きを読む

カテゴリ 2017年5月号, 最新号の紹介, 記事

65cm屈折望遠鏡と大赤道儀室(下)

 国立天文台の三鷹キャンパスのシンボルである口径65cm屈折望遠鏡は昭和4年(1929年)秋に完成した。東京帝国大学の東京天文台(国立天文台の前身)が独カール・ツァイス社に発注,大赤道儀室という天文ドームに設置された(右 … 続きを読む

カテゴリ 2017年4月号, 記事

無線送電の技術を応用 世界の電力利用社会に変革:篠原真毅

電源ケーブル要らずのワイヤレス給電技術の開拓者 技術普及のために産学連携や標準化作業に取り組む 将来は宇宙で太陽光発電し,地上に送電する研究も   2月3日,京都大学生存圏研究所教授の篠原真毅は米シリコンバレー … 続きを読む

カテゴリ 2017年4月号, 記事

うつ病治療に運動を取り入れる

運動が軽・中度のうつ病治療に有効であることを示す証拠が蓄積している。運動はストレスに対する生化学的な回復力を強め,新たな脳細胞の成長を促し,自己肯定を高める。精神疾患の背景にある遺伝的リスクを相殺する可能性さえある。逆も … 続きを読む

カテゴリ 2017年4月号, 記事

運動のパラドックス なぜやせられないのか

身体を活発に動かしている人はより多くのカロリーを燃やしている,というのが旧来の見方だ。だが,肉体的にきつい生活を送っている昔ながらの狩猟採集民も便利な近代的生活をしている人々も,実際に消費しているカロリーは同じであること … 続きを読む

カテゴリ 2017年4月号, 記事

特集:運動と健康

ジムに通って汗を流してもなかなかやせない──。そんな経験がある人は多いだろう。それは努力不足というより人体の仕組みによるところが一因かもしれない。近年の研究で,肉体的にきつい生活を送っている昔ながらのアフリカの狩猟採集民 … 続きを読む

カテゴリ 2017年4月号, 記事

 

1 / 17312345...102030...最後 »