カテゴリ : 記事

1 / 15112345...102030...最後 »

幻想の細胞 判明した正体

発表直後からさまざまな疑義が指摘されたSTAP論文 ようやく科学的な決着がついた STAP細胞は最初からなかった──これが結論だ   あのマウスと胎盤は何だったのだろうか。9カ月前,STAP細胞の疑惑を報じた最 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 最新号の紹介, 記事

イモリで探る体の組織再生のしくみ:千葉親文

イモリの目の傷ついた網膜は,おとなになっても再生する その謎を解き明かすことができれば 人間の再生医療につながるかもしれない    「かわいいやつ」。めがねの奥から優しい瞳が,手にのせたイモリを見つめる。千葉親 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 最新号の紹介, 記事

特集:STAPの全貌

 1年にわたって社会と科学界とを揺るがせた「STAP細胞」の正体が明らかになった。それは実験の場となった研究室に所属していた研究員が10年前に作り,研究に使わないまま保存していた胚性幹細胞(ES細胞)だった。どういう経緯 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 最新号の紹介, 記事

事実究明へ 科学者たちの360日

「STAP細胞」の正体は何か 理化学研究所が「調査の必要なし」と言い続ける中 公開の遺伝子データと共著者の細胞を手がかりに,科学の追究が始まった     2014年6月25日未明。横浜にある理化学研究所統合生命 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 最新号の紹介, 記事

原子サイズのレゴブロック

材料科学者は今,原子サイズのレゴブロックからインスピレーションを得ている。厚みが原子1個ほどのシート材料で,設計通り正確な順序で積み重ねることができる。構造をかつてないほど細かく制御できるため,これまでは不可能だった電気 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 最新号の紹介, 記事

発想が光るアイデア

ほかにもブレイクスルーはいろいろある。生きた細胞の働きを変えるための新手法,あなたの視力に合わせて見え方を補正する表示画面,唾液で発電する燃料電池,リサイクル可能な超硬質プラスチック,低品質廃熱を回収する技術など,発想が … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 最新号の紹介, 記事

特集:未来を拓くイノベーション

どの科学的発見が世界を変えるかを予測するのは,おそらく愚かな試みだ。未来がどうなるかなど,わかりっこない。だが毎年,非常にエキサイティングな進展や発明がいくつか生まれる。過去1年でいえば,CRISPR(クリスパー)という … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 最新号の紹介, 記事

ゲノム科学を変えるCRISPR

 CRISPR(クリスパー)と呼ばれる新しいゲノム編集方法が生命科学に革命を起こそうとしている。生物のゲノムを改変する方法は1970年代から知られてきたが,DNA上の狙いの場所を切断して改変するためにその都度その配列に合 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 最新号の紹介, 記事

恒星ストリームで探る銀河の進化

 太陽系が属する天の川銀河を外から眺めると,銀河円盤を取り巻くような幾筋もの輝くループが見えるだろう。このループは星からできていて「恒星ストリーム」という。これまでに10本を超えるストリームが見つかっている。恒星ストリー … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 最新号の紹介, 記事

インフルエンザの不思議 抗原原罪

多くの感染症は一度かかると終生にわたる免疫ができ,再び罹患することはない。だがインフルエンザは別だ。ウイルスが年々少しずつ変異し,免疫系の防御から逃れる。そして奇妙なことに,インフルエンザウイルスに対する免疫は年少の子供 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 編集部のピックアップ, 記事

異常気象を招く 暴れるジェット気流

 ここ数年来,大気上層を東向きに吹くジェット気流が通常のコースを外れて大きく蛇行する頻度が高くなっている。これに伴って北半球では地域によって北極からの寒気や南からの暖かい空気が流れ込みやすくなり,寒波や干ばつといった異常 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 最新号の紹介, 記事

嵐の神の物語 マヤの古代都市ホルムル

 中米グアテマラにホルムルというマヤ文明の古代都市がある。近年の発掘調査によって,ある寺院の遺跡の外壁に荘厳なフリーズ(装飾壁)が見つかった。そこに描かれている王の名はオク・チャン・ヨアート。「嵐の神が空に現れる」という … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 最新号の紹介, 記事

巣作りの進化学

 鳥や哺乳動物,魚,社会性昆虫など多くの動物が複雑で多様な巣を作る。こうした構造を作るための行動は長い歴史のなかで進化してきたものだろう。だが,動物の巣作りに関する遺伝子が明らかになり始めたのは比較的近年になってからだ。 … 続きを読む

カテゴリ 2015年3月号, 最新号の紹介, 記事

遺伝子改変マウスで人間のこころを探る:宮川剛

特定の遺伝子を働かないようにしたマウスで 遺伝子の働きが脳と行動にどのように影響しているかを調べる いずれ人間の個性や性格も明らかになるかもしれない     マウスでヒトの病気を調べることは可能か。2 … 続きを読む

カテゴリ 2015年2月号, 記事

「見える化」の試み

Illustration by Edel Rodriguez フェミニズム運動で知られるスタイネム(Gloria Steinem)は「女性は常に過去の等しい半分であった。ただ歴史の等しい半分でなかったにすぎない」と述べた … 続きを読む

カテゴリ 2015年2月号, 記事

 

1 / 15112345...102030...最後 »