カテゴリ : 記事

1 / 14212345...102030...最後 »

技術革新の通信簿

 2007年以降,コーネル大学とフランスのビジネススクールINSEAD(インシアード),世界知的所有権機関(WIPO)の経済学者たちは毎年,「技術革新力ランキング (GII)」を発表している。世界各国の技術革新の力と成果 … 続きを読む

カテゴリ 2014年6月号, 記事

“中国産”特許が示す新潮流

 中国の経済界は1996年から2010年の間に研究開発費を年率26.2%のペースで増やした。中国人が取得した米国特許の件数は同期間に4628%も増えた。いったい何が起こっているのか? これらの特許を詳しく見ると,その大半 … 続きを読む

カテゴリ 2014年6月号, 記事

発明を世に出すスポンサー

 現代の様々な製品やサービスは数十年前になされた基礎的な発見の果実だ。そして大学や国の研究所による新発見のペースは衰える兆しがない。さらに中国やインドなどの国が科学研究の分野でも躍進しており,科学は今後さらに大きく進展し … 続きを読む

カテゴリ 2014年6月号, 記事

特集:世界の科学力

 発明は誰か1人の頭脳から生まれるものだと多くの人が考えている。それはそれでロマンチックな見方だが,発明は私たちの世界を形作っている技術の背後に隠れた創造的過程とも多少の関係がある。そして,この過程はどんどん合作的になっ … 続きを読む

カテゴリ 2014年6月号, 記事

フレッシュマンのための読書ガイド

 Some rights reserved by rosmary   発売中の5月号「フレッシュマンのための読書ガイド」では,この春に大学や大学院に進学される方,新たに社会に出られる方のために,3人の方にお薦めの本を紹介 … 続きを読む

カテゴリ 2014年5月号, 記事

iPS細胞を使って網膜を再生する:高橋 政代

網膜の難病を治療できる時代へ現場に根を下ろす再生医療の事業化を目指す    iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作る網膜色素上皮細胞を使って,失明の原因として3番目に多い「加齢黄斑変性」の患者を治療する臨床研究を … 続きを読む

カテゴリ 2014年5月号, 記事

アインシュテルング効果 良案が排除されるわけ

 「アインシュテルング効果」とは,問題の解のうち最もなじみ深いものに脳が固執して,その他の解を無視してしまう頑固な傾向のことだ。この精神現象は1940年代から知られていたが,どのようにそれが生じるのかについて確かなことが … 続きを読む

カテゴリ 2014年5月号, 記事

ステレオタイプ脅威

 もし失敗したら,自分が属する社会集団に対する侮蔑的な固定観念を強めてしまう――という心配が「ステレオタイプ脅威」だ。例えば白人の若いスポーツ選手は黒人選手を下回る成績に終わるのではないかと恐れ,高等数学を学ぶ女性は男子 … 続きを読む

カテゴリ 2014年5月号, 記事

意思決定の心理学

 熱いコーヒーカップを手にしていると,アイスコーヒーのグラスを持っている時より,人にもより「温かく」,寛大な気持ちになれるという。そんな馬鹿な,と思うかもしれない。だが現在の心理学は,自身で想像もできないこうした「無意識 … 続きを読む

カテゴリ 2014年5月号, 記事

特集:無意識のわな

「心とは氷山のようなものだ。その1/7を水面の上に出して漂う」。かつてフロイトはこう言った。彼は心の動きのうち意識に上るのはごく一部で,大半は水面下に沈んだ無意識の中にあると主張し,「無意識」の研究の端緒を開いた。今日心 … 続きを読む

カテゴリ 2014年5月号, 記事

エクソムーン 系外衛星を探せ

ケプラー宇宙望遠鏡は数多くの太陽系外惑星を発見しているが,その多くは木星や海王星のような大型ガス惑星で,生命が住むには適さない。しかし,太陽系の巨大ガス惑星と同様,はるか彼方の系外惑星も大型衛星を持つ可能性がある。もしそ … 続きを読む

カテゴリ 2014年5月号, 記事

2つの太陽を持つ世界

『スター・ウォーズ』のルーク・スカイウォーカーの故郷,惑星「タトゥイーン」は2つの太陽が沈む不思議な世界だ。では現実の宇宙でもタトゥイーンのような惑星,つまり2つの恒星が連なった「連星」に惑星が存在するのだろうか? 著者 … 続きを読む

カテゴリ 2014年5月号, 記事

特集:異端の太陽系外惑星

 太陽とは別の星の周りを回る惑星が最初に発見されて約20年。こうした太陽系外惑星は1000個以上も確認され,SFの世界だと思われた異色の惑星も見つかった。さらなる驚きの発見もあるだろう。   2つの太陽を持つ世 … 続きを読む

カテゴリ 2014年5月号, 記事

新興真菌症の恐怖

 最初はイヌやネコの呼吸異常だった。やがて肺が真菌で一杯になったネズミイルカが海岸に打ち上げられ,謎の呼吸器疾患を発症する人が増え始めた──2001年,カナダのバンクーバー島を襲った未知の病気は,深刻な懸念を引き起こした … 続きを読む

カテゴリ 2014年5月号, 記事

超深海探査へゴー!

 深海探査は日本が世界をリードしてきた分野だが,近年は米国なども意欲的だ。近く米国の無人潜水艇「ネーレウス」がニュージーランド沖のケルマデック海溝(深さ1万m)を探査する。ビデオ撮影からサンプル採取まで,現在のところ最も … 続きを読む

カテゴリ 2014年5月号, 記事

 

1 / 14212345...102030...最後 »