カテゴリ : 記事

1 / 15412345...102030...最後 »

「創る」計算物理学:常行真司

実験物理,理論物理に続く第3の研究方法,計算物理学を駆使して スーパーコンピューターの中に「もう1つの現実」を創り上げ いくつもの未知の現象を解明するカギを見いだした     シリカ(SiO2)が結晶 … 続きを読む

カテゴリ 2015年7月号, 最新号の紹介, 記事

時空の終端 ファイアウォール

 ブラックホールから粒子が漏れ出すというホーキングの発見は,物理学の理解に残るギャップを露呈した。この「ホーキング放射」はブラックホール内部で情報が破壊されることを意味するように思える。しかし,量子力学は情報の消失を禁じ … 続きを読む

カテゴリ 2015年7月号, 最新号の紹介, 記事

ブラックホールからエネルギーを取り出せるか

数十億年後に太陽が燃え尽きた時,人類が生き残るには別のエネルギー源が必要になる。その候補の1つが,エネルギーの塊であるブラックホール。SF小説に登場する未来的な宇宙エレベーターでブラックホールからの熱放射(ホーキング放射 … 続きを読む

カテゴリ 2015年7月号, 記事

特集 炎熱のブラックホール

光さえも逃げ出せないはずのブラックホールから粒子が漏れ出すというホーキングの発見は世界中の物理学者を悩ませてきた。このいわゆるホーキング放射の存在はブラックホール内部で情報が破壊されることを意味するように思えるが,量子力 … 続きを読む

カテゴリ 2015年7月号, 最新号の紹介, 記事

遺伝するエピジェネティック変異

 現在の遺伝学で注目されているのは,DNAや染色体中のタンパク質に結合した化学分子など,DNA配列とは別に記録されている「エピジェネティック」な要因が遺伝子の活性に及ぼす影響だ。エピジェネティックな標識のほとんどは受胎後 … 続きを読む

カテゴリ 2015年7月号, 最新号の紹介, 記事

王者の系譜 ティラノサウルスの実像

ティラノサウルス・レックス(T. レックス)は1世紀以上前に化石が発掘されて以来,恐竜界の王者だ。その半面,この巨大肉食獣のグループがいつ,どのような種から進化したのかは謎のままだった。それが近年,新たに発見された化石に … 続きを読む

カテゴリ 2015年7月号, 最新号の紹介, 記事

細胞の運命を決める機械的な力

動物の細胞は周囲が空いていると増殖して隙間を埋め(だから傷が治る),過度に混み合っていると増殖をやめて特殊化したり死んだりする。周囲からの圧縮力や張力に応じて遺伝子のプログラムが切り替わるらしい。だが機械的な力が生体反応 … 続きを読む

カテゴリ 2015年7月号, 最新号の紹介, 記事

隠れたパターンを探し出すデータ可聴化

 「百聞は一見にしかず」というように,人間は視覚に多くを依存している生物だが,実は聴覚には情報処理の点で視覚に勝る優れた特徴がある。目で識別できる光の点滅は毎秒50回から60回くらいまでだが,耳はわずか数ミリ秒間に生じた … 続きを読む

カテゴリ 2015年7月号, 最新号の紹介, 記事

脳を操る寄生生物 トキソプラズマ

トキソプラズマという原生生物に寄生されたネズミは奇妙なことにネコを怖がらなくなり,簡単に餌食になってしまう。この結果,トキソプラズマはまんまと最終宿主のネコに入って増殖するのだ。近年の研究で,この寄生生物がネズミの脳を操 … 続きを読む

カテゴリ 2015年7月号, 最新号の紹介, 記事

地球の新夜景

 毎日の天気予報からグーグルアースまで衛星画像はすっかり身近になったが,従来のセンサーでは見えにくいものがまだある。夜側の半球の可視光画像だ。これに対し,米国の地球観測衛星が搭載している「デイ・ナイト・バンド」という新セ … 続きを読む

カテゴリ 2015年7月号, 最新号の紹介, 記事

食物連鎖を生かす中国の巨大水産養殖

世界最大の魚介類産出国である中国は最大の消費国でもあり,中国が水産養殖事業を革新して海洋での漁獲量を減らせるかどうかが世界の漁場の存亡を決める。経済成長に伴いシーフード需要が高まるなか,新手法に基づく大規模事業が始まった … 続きを読む

カテゴリ 2015年7月号, 最新号の紹介, 記事

湖底の縞模様が語る古代の歴史をひもとく:中川毅

福井県にある水月湖の底に積まれた堆積物は季節ごとに中身が変わり 周期的な縞模様を描き出す その中身を探ると,古代の出来事が見えてくる   水月湖(福井県若狭町)湖底の堆積物「年縞」が,地球環境の変遷を探る研究で … 続きを読む

カテゴリ 2015年6月号, 記事

炎症を治すバイオエレクトロニック医薬

熱や圧力,光,化学物質にさらされると,体の器官がそれらのストレスに過剰反応するのを阻止するプロセスが開始される。脳と体の他の器官を結ぶ神経が伝える電気シグナルが,炎症を引き起こす免疫分子の産生を抑制している。体内に埋め込 … 続きを読む

カテゴリ 2015年6月号, 記事

難治性うつ病に効果 脳回路を再起動

 米国人の約17%は一生のうちのどこかで,「大うつ病エピソード」と呼ばれる精神症状に苦しむ。患者の最大20%は,薬物療法や電気けいれん療法など現在可能な治療法による効果が見られない。そのため脳深部に埋め込んだ電極で神経回 … 続きを読む

カテゴリ 2015年6月号, 記事

特集 脳刺激治療

 将来,体内に埋め込んだコンパクトな電気刺激発生装置で様々な病気を治療するようになるかもしれない。1つは炎症治療。私たちの体には炎症を防ぐ仕組みが備わっている。熱や化学物質などにさらされた場合,そうしたストレスに体が過剰 … 続きを読む

カテゴリ 2015年6月号, 記事

 

1 / 15412345...102030...最後 »