カテゴリ : 記事

1 / 17412345...102030...最後 »

貧困から子供の脳を救う

貧しい家庭の子供は同級生と比べて様々なテストの成績が劣る傾向にある。進学率は低く,社会に出てからも不完全雇用になりがちだ。近年の研究によって,貧しい家庭に育つことによる教育・就業上の不利な状況が子供の脳の大きさと形,機能 … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 最新号の紹介, 記事

アニマルCSI 動物虐待を科学捜査

暴行事件に巻き込まれたり,賭博目的の闘犬が横行したり,米国では動物虐待犯罪が問題になっている。だが法獣医学の専門家のおかげで現場と被害動物の状態が適切に調べられるようになり,事件を訴追する助けになってきた。そうした犯行現 … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 最新号の紹介, 記事

硫黄の川が生んだカダヤシの進化

メダカに似たグループであるカダヤシ科の魚には,有毒レベルの硫化水素を含む河川で生きていけるように進化した種がいくつかあり,致死的な環境で生き延びるのに適した形質を共有している。DNA解析の結果,これらの魚が異なる分子経路 … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 最新号の紹介, 記事

炭疽菌兵器の恐怖

1979年,ロシア中央部のスベルドロフスク(現エカテリンブルク)という都市で炭疽菌によって数十人が死亡した。後に,これが旧ソ連の生物兵器施設の事故で漏れ出した菌が原因だったことが明らかになった。炭疽菌は生物兵器に特に適し … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 最新号の紹介, 記事

CERNから福島へ 測定を重ね事実を紡ぐ:早野龍五

宇宙から消えた反物質の性質をスイスで探り 福島第1原発事故で起きた被曝の実態を調べる 共通するのは,膨大な測定データから事実をあぶり出す科学の手法だ   早野龍五は,スイスのジュネーブ近郊にある欧州合同原子核研 … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 最新号の紹介, 記事

本当に賢いAIを見分ける新チューリングテスト

チューリングテストに“13歳”の人工知能が合格──3年前に話題になったニュースだ。あるコンピューターが,質問に直接には答えない嫌味な13歳の少年「ユージーン・グーツマン」を装うことでテストに“合格”したとされた。チューリ … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 最新号の紹介, 記事

難病と戦う細菌ロボット

遺伝子の異常のため,ある酵素ができずに高タンパク質食品に含まれる窒素をうまく代謝できない「尿素サイクル異常症」という病気がある。通常なら尿素として排出される窒素がアンモニアとなって血液中に蓄積し,重い症状を引き起こす。そ … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 最新号の紹介, 記事

ネットで軽くなる「事実」の重み

「東京大学准教授の鳥海不二夫氏は,『人はもともと,自分にとって都合がいい,信じたい情報を信じる傾向がある。SNSはそういった情報だけを選択的に摂取できるメディアだ』と指摘する。SNSのこうした特徴は,ニュースメディアとの … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 最新号の紹介, 記事

変わる世界の勢力図

「トランプ政権がもたらしつつある米国の科学政策の混乱は,2つの方向で世界に影響を及ぼす可能性がある。予算削減で中止や縮小を余儀なくされる研究プログラムが増えてくれば,世界の科学研究に及ぼす影響は甚大だ。……考えうるもう1 … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 最新号の紹介, 記事

陰謀論を増幅 ネットの共鳴箱効果

いまや誰でもネット上に自分の意見を自由に書き込み,仲間と共有することができる。調べものをするのにも便利だが,一方で明らかな誤情報やデマ,陰謀論,中傷がネットにあふれているのも周知の通りだ。ウェブは「集合知」をもたらす期待 … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 最新号の紹介, 記事

トランプの激震

「米環境保護局(EPA)や農務省は1月,傘下の研究者に対し,研究成果報告や写真,資料などを公表しないよう通告した。EPAの研究部門が運営していたツイッターは,政権交代前には1日数件を投稿していたが,新政権が発足した1月2 … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 最新号の紹介, 記事

特集 トランプ VS 科学

 科学大国アメリカが,急速に変わりつつある。  米国はこれまで国策として科学を推進し,潤沢な予算と開かれた研究環境を用意し,世界中から頭脳を吸い上げて,科学の進歩を牽引してきた。だが1月に就任したトランプ(Donald … 続きを読む

カテゴリ 2017年7月号, 最新号の紹介, 記事

レプソルド子午儀と子午儀室(上)

 国立天文台の三鷹キャンパスには,国の重要文化財がひとつある。明治13年(1880年)にドイツで製造され,翌年日本に輸入された「レプソルド子午儀」と呼ばれる古風な望遠鏡(左ページの写真。人物は国立天文台特別客員研究員の中 … 続きを読む

カテゴリ 2017年6月号, 最新号の紹介, 記事

ES細胞から腸をつくる 子どもの治療めざす:阿久津英憲

ヒトの胚性幹細胞(ES細胞)を樹立 微小な小腸などを作り出した 基礎研究から創薬,治療への応用を探る   ピンク色の培養液の中をクラゲのように漂う物体――。ヒトの胚性幹細胞(ES細胞)からできた小腸と同様の機能 … 続きを読む

カテゴリ 2017年6月号, 最新号の紹介, 記事

インフレーション理論は盤石か?

宇宙最古の光である宇宙マイクロ波背景放射(CMB)に関する最新の観測結果は,宇宙初期に空間が指数関数的に膨張したとするインフレーション理論に疑問を投げかけている。インフレーションは観測された背景放射の温度揺らぎのパターン … 続きを読む

カテゴリ 2017年6月号, 記事

 

1 / 17412345...102030...最後 »