カテゴリ : 1998年12月号

彗星の故郷 オールトの雲

 太陽系の果ては,最も遠くの惑星,冥王星だと一般には考えられている。しかし,太陽の 重力の影響は,冥王星のさらに3000倍も遠方,最も近くの恒星(ケンタウルス座α星)までの道のりの中間地点あたりにまで及んでいる。 しかも … 続きを読む

カテゴリ 1998年12月号, 記事

周期表の進化

 元素の周期表は,科学の世界で最も頼りになる表の1つだろう。周期表は,たった1枚の表に化学のたくさんの知識がまとめ上げられたものだ。だから,世界中のほとんどの化学実験室や講義室の壁には,さまざまな工夫を凝らした周期表が掛 … 続きを読む

カテゴリ 1998年12月号, 記事

特集:狙われるインターネット

狙われるインターネット―サイバー犯罪をめぐる攻防  Scientific American編集部  今年2月,米国各地の空・海軍のコンピューターネットワークに,インターネットを介してハッカーが侵入するという事件が起きた。 … 続きを読む

カテゴリ 1998年12月号, 記事

宇宙は人間のからだをどう変えるか

 宇宙飛行士によると,宇宙船の壁につかまって自分の身体を前後にゆらすと,自分の身体は静止していて,宇宙船のほうが前後に動いているように感じるという。このような感じ方をするのは,人間の感覚が地上という,重力が存在する環境に … 続きを読む

カテゴリ 1998年12月号, 記事

性と社会

女子校は学力を伸ばすか  K. ヒーデ  女の子は理科や数学が苦手という迷信がまかり通っています。このため,先生の側にも生徒の側にも,女子だから仕方ないという風潮があるといいます。  米国では,女子が伸び伸びと授業をでき … 続きを読む

カテゴリ 1998年12月号, 記事

病と健康

性行為感染症から身を守る  L. A. コーツキー  性感染症は治療を受けずに放置すると死に至ることもある恐ろしい病気です。もちろん,男女とも,感染する危険性はありますが,女性の場合は,感染しても症状が現れないことが多く … 続きを読む

カテゴリ 1998年12月号, 記事

心とからだ

なぜ死ぬほどやせたがるのか  K. ロイトワイラー  ほっそりとしているを美しいとする価値観の社会では,若い女性が摂食書害に陥ることが少なくなりません。身体への影響は深刻で,骨だけでなく脳にも悪影響が及びます。なぜそこま … 続きを読む

カテゴリ 1998年12月号, 未分類, 記事

日経サイエンス 1998年12月号

特集:狙われるインターネット 不正侵入しようとするハッカーの側とそれを阻止する側。両方の手法を紹介します。それにしても,やっぱり米国はこの分野は進んでいます。   ハッカーはどのように侵入するか   C. P. … 続きを読む

カテゴリ 1998年12月号, 雑誌