パズルの国のアリス

1 / 512345

ビルとエースの賢者ダブルス戦(問題)

 イモムシ探偵局主催の推理コンテスト(2014年5月号,6月号)が面白かったと好評だったので,「不思議の国 vs. 鏡の国 何でもオリンピック」でもクイズ形式の競技を入れようという話になった。個人戦,チーム戦のどちらも楽 … 続きを読む

カテゴリ 2014年12月号, パズルの国のアリス, パズルの国のアリス(解答なし)

不思議の国のビリヤード(問題)

 公爵夫人のところにハートの女王からビリヤードの試合への招待状が来た。アリスは比較的に女王受けが良いようなので,公爵夫人に頼まれて同行することになった。行ってみると,王宮には専用のビリヤード室があって,さすがに立派なもの … 続きを読む

カテゴリ 2014年11月号, パズルの国のアリス

距離を測る塗料(問題)

 鏡の国の白騎士が,珍しくも大工を訪問し,相談している。どうやらまた奇妙なものを発明したらしく,その発明品の用途を考えているようだ。  その発明品とは,一見ただの細長い棒である。黒地の一部が黄色に塗られているので踏み切り … 続きを読む

カテゴリ 2014年10月号, パズルの国のアリス

近所づきあいは御免だ(問題)

 アリスがイモムシ探偵局で雑談に花を咲かせていると珍客の訪問があった。トランプ城の雑用係兼まじない師のジョーカーだ。ボーナス支給事件(2010年6月号)でのズルを暴かれてからは,イモムシ探偵局やアリスに良い印象を持ってい … 続きを読む

カテゴリ 2014年9月号, パズルの国のアリス

続・色模様反転装置(問題)

 先月号で紹介した白の騎士の色模様反転装置は,意外なほど評判がよく,うわさでは鏡の国以外からも多くの問い合わせや注文をもらい,白騎士の副業の中では一番の稼ぎ頭であったウイスキーの製造販売業(2010年2月号)を凌ぐほどだ … 続きを読む

カテゴリ 2014年8月号, パズルの国のアリス

色模様反転装置(問題)

 アリスが白の騎士と連れ立って散歩をしていると,赤のポーンの何人かが刷毛を持って忙しそうに作業をしているところに通りかかった。アリスは,不思議の国でスペードの兵士たちが白バラを赤く塗っていたのを思い出して,きょろきょろと … 続きを読む

カテゴリ 2014年7月号, パズルの国のアリス

賢者たちのチーム戦 (問題)

 先月号で述べたイモムシ探偵局主催の推理コンテスト大会の話を続けたい。各部屋でのコンテストは主に個人戦であったが,一部には団体戦もあったので,今回はそれについて紹介しよう。  互いの帽子の番号は見えるのだから,団体戦では … 続きを読む

カテゴリ 2014年6月号, パズルの国のアリス

集え! 賢者たちよ (問題)

 イモムシ探偵局は,不思議の国のトランプ王室からの資金援助を得て,推理コンテスト大会を主催することになった。不思議の国と鏡の国はもちろん,その他の国々からも,自薦他薦を問わず賢者と称する人たちを集めて,その推理力を競おう … 続きを読む

カテゴリ 2014年5月号, パズルの国のアリス

ババが2枚のババ抜き (問題)

 ヤマネと帽子屋が,カードを使ってなにやらゲームをやっている。「キヒヒ,またお前の負けだ」と帽子屋。  アリスは,好奇心ではちきれそうになっているのだが,へたに口を出すと帽子屋に怒られそうなので,おっかなびっくりで少し遠 … 続きを読む

カテゴリ 2014年4月号, パズルの国のアリス

アリス,マジックに再挑戦 (問題)

 グリフォンとアリスは,前に不思議の国と鏡の国の合同文化事業として行われた演芸会(2010年11月号)での マジックが好評を博したので,また 2人で何かをと頼まれてしまった。マジックの種はグリフォンが考えてくれたが,今回 … 続きを読む

カテゴリ 2014年3月号, パズルの国のアリス

先攻は有利か?(問題)

 恒例の「不思議の国 vs. 鏡の国 何でもオリンピック」が近づいてきた。両国王から委任されたオリンピック委員会は,新競技「あっち向いてホイ」の公式ルール作りでもめている。  決まっているのは次のことだ。まず,先攻後攻を … 続きを読む

カテゴリ 2014年2月号, パズルの国のアリス

ハートの女王による継子立て(問題)

 表敬訪問の際の歓待のお礼として,鏡の国のチェス王室秘蔵の「不老不死薬」が不思議の国のトランプ王室へ贈られてきた。1人しか使えないということもあって,兵士たちの誰かに特別ボーナスとして支給しようということになり,トランプ … 続きを読む

カテゴリ 2014年1月号, パズルの国のアリス

カメレオンたちの 体重測定(問題)

 アリスは,久しぶりに不思議の国の野原でくつろいでいた。すると,風もないのに前方の緑の草むらが妙にゆらゆらと揺れたような気がした。「前にもこんなことがあったような」と考えていると,突然,目の前から声がした。「こんにちは, … 続きを読む

カテゴリ 2013年12月号, パズルの国のアリス

続・何が何でも取り分は同じ(問題)

 読者は,2013年2月号の本コラムのパズルを覚えておられるだろうか? 喧嘩ばかりしているトウィードルダムとトウィードルディーの双子兄弟が少しは協力してものを考えるようにと,伯父が小遣いの与え方を工夫したという話である。 … 続きを読む

カテゴリ 2013年11月号, パズルの国のアリス

絨毯の絨毯爆撃(問題)

 不思議の国のトランプ城を鏡の国の赤白の国王夫妻が表敬訪問することになり,トランプ城はその受け入れ準備で大わらわだ。城の入り口から北にまっすぐ伸びて「会見の間」につながる一定幅の長い廊下に赤い絨毯を敷き詰めようという話に … 続きを読む

カテゴリ 2013年10月号, パズルの国のアリス

 

1 / 512345