カテゴリ : 2003年7月号

新薬を生かす次世代ドラッグデリバリー

 口から飲み込まれた薬は,さまざまな障害のある文字通りの迷路を進まなくてはならない。胃酸にも負けずに胃を無事に通り抜け,分解されずに腸までたどり着いても,まだまだゴールは遠い。まずは腸壁を通過して血液の中に入らなくては。 … 続きを読む

カテゴリ 2003年7月号, 記事

ネット社会を変革するグリッドコンピューティング

 世界各地に分散したプロセッサーや記憶装置,ソフトウエアを高速通信網で結びつけて利用するグリッドコンピューティングが注目を集めている。個人や企業が個別にコンピューターを使うよりもはるかに効率的で,優れた能力を引き出せる。 … 続きを読む

カテゴリ 2003年7月号, 記事

薬で骨を若返らせる骨粗鬆症の最新治療

 骨粗鬆症に悩む米国人は約1000万人にのぼり,閉経期を過ぎた女性に特に多い。日本人の骨粗鬆症患者は推定800万~1000万人と言われている。米国と同様,女性が8割を占め,閉経期にさしかかる50歳を境に急速に増加する。5 … 続きを読む

カテゴリ 2003年7月号, 記事

ついに解けた太陽ニュートリノの謎

 太陽の内部では核融合によって大量のニュートリノが作られる。しかし地球で観測される数は理論に基づいて予測した量より大幅に少ない。研究者を30年以上も悩ませてきた「太陽ニュートリノ問題」に,ついに決着がついた。カナダのサド … 続きを読む

カテゴリ 2003年7月号, 記事

恐竜の羽が明かす進化の驚異

 生物そのものであれ,その体の一部であれ,形態の小さな変化やサイズ・長さの変化は進化論でうまく説明できる。しかし,羽や眼,肢,指といったまったく新しい構造が,なぜある系統で突如出現したのかを知ろうとすると,進化論はあまり … 続きを読む

カテゴリ 2003年7月号, 記事

最古の生命を追う

 先史時代の生物は,自らの存在を示す無数の証拠を太古の岩石に化石として残している。氾濫した川にのまれた恐竜の巨大な大腿骨は,今では砂質泥岩に埋もれている。かつて沼地に茂っていた熱帯性シダのぎざぎざした葉は,漆黒の石炭層の … 続きを読む

カテゴリ 2003年7月号, 記事

日経サイエンス 2003年7月号

進化 恐竜の羽が明かす進化の驚異  R. O. プラム/A. H. ブラッシュ 鳥の羽は軽いのに驚くほど強靱で精緻な構造をしている。いったいどのように進化してきたのだろうか?中国で最近見つかったすばらしい恐竜の化石と,羽 … 続きを読む

カテゴリ 2003年7月号, 雑誌