カテゴリ : 2004年6月号

地球温暖化の時限爆弾を止めろ

 温暖化の危機が叫ばれているものの,その影響を実感することは難しい。「去年の冬はかなり寒かった。温暖化なんて嘘では?」「20世紀の気温上昇は小氷河期の後で平均気温が上がっただけ」。さまざまな疑問や反論もある。   … 続きを読む

カテゴリ 2004年6月号, 記事

だれからも文句のでない投票方式

 候補者から1人だけを選んで投票する方式では,多数派の意思が正しく反映されるとは限らない。しかし,ちょっとした工夫を加えれば,この問題を解決できる。    完全な投票方式は存在しない。どんな方式にも何らかの欠陥 … 続きを読む

カテゴリ 2004年6月号, 編集部のピックアップ, 記事

世界をリードする国内の有機EL開発

 1980年代,コダック社のタンらが開発した薄膜積層型有機EL素子は,現在商品化されている有機ELディスプレーの原形となっている。だが,コダック社では有機ELプロジェクトに終止符が打たれようとしていた。この発光素子は寿命 … 続きを読む

カテゴリ 2004年6月号, 記事

どこでもディスプレーを実現する有機EL

 ビデオが普及するまでは映写機とスクリーンの時代だった。覚えているだろうか?小学校の先生がスクリーンを引き下ろし,映像を映し出していたことや,父親が壁に白い幕を貼って,夏休みに海で遊んだ映像を見せてくれたこと。いよいよフ … 続きを読む

カテゴリ 2004年6月号, 記事

東海地震と関連?日本で観測進む

   1993年から全国規模のGPS(全地球測位システム)観測網をいち早く整備した日本は,揺れない地震の観測で世界のトップを走る。    筆者は1996年に,房総半島での揺れない地震を発見した。関東大 … 続きを読む

カテゴリ 2004年6月号, 記事

揺れない地震の脅威

 2000年11月,ハワイ島でマグニチュード5.7の地震が起きた。有名な観光名所がある場所だったが,誰も気づかなかった。地面が揺れなかったからだ。    地中のプレート境界である断層に応力が蓄積し,両側がこすれ … 続きを読む

カテゴリ 2004年6月号, 記事

ドラッグに翻弄される脳

 注射針や白い粉。多くの薬物常習者は,薬物そのものの映像や薬物を連想させる道具を見ただけで,薬がもたらす快楽を思い起こして身震いする。そして,薬物注射は本当の快感をもたらしてくれる。高揚感,澄み切った明るさ,幻覚,安心感 … 続きを読む

カテゴリ 2004年6月号, 記事

収容所で生まれた世界初のポケット計算機

 片手で持てる初の計算機は電気式ではなく,機械式だった。加減乗除ができ,平方根の計算にも利用できた。答えは11桁のデジタル表示。「クルタ計算機」というこの機械,発明者はクルト・ヘルツシュタルク(CurtHerzstark … 続きを読む

カテゴリ 2004年6月号, 記事

日経サイエンス 2004年6月号

情報技術 どこでもディスプレーを実現する有機EL  W. E. ハワード くるくる丸めて持ち運べる大型テレビ,壁紙のように貼り付ける照明。有機ELによってディスプレーの常識が覆される未来はすぐそこまで来ている。 &nbs … 続きを読む

カテゴリ 2004年6月号, 雑誌