News Scan

遠い祖先もアフリカ起源?〜日経サイエンス2006年2月号より

京大などのチームがケニアで新たな類人猿化石を発見人類と現生類人猿の共通祖先らしい      類人猿と人類の共通祖先が生まれたのはユーラシアだったのか,それともアフリカだったのか──。ユーラシア起源説が … 続きを読む

カテゴリ 2006年2月号, News Scan

ひとりで歩く分子〜日経サイエンス2006年2月号より

   人間が歩くのと似た要領で,平面上を自らまっすぐ移動する分子が初めて作り出された。    この分子は9,10-ジチオアントラセン(DTA)といい,コールタールの誘導体に1対の硫黄有機化合物が結びつ … 続きを読む

カテゴリ 2006年2月号, News Scan

胎児の細胞が母親の脳へ〜日経サイエンス2006年2月号より

損傷修復に一役買っている可能性がある細胞移植による治療に発展するかも    母親はわが子のことで頭がいっぱいだが,その脳のなかには文字通り,わが子が存在するようだ。母マウスの脳を調べたところ,胎児の細胞が入り込 … 続きを読む

カテゴリ 2006年2月号, News Scan

痛いの痛いの飛んでけ!〜日経サイエンス2006年2月号より

 プラセボ(偽薬)には何の薬理効果もないのだが,患者が効果を信じ込んでいる場合,想像以上の実績が上がるようだ。    ミシガン大学アナーバー校とメリーランド大学の神経科学者たちは,健康な若い男性ボランティアを募 … 続きを読む

カテゴリ 2006年2月号, News Scan

ブラウン運動を詳しく見ると…〜日経サイエンス2006年2月号より

 アインシュタイン(Albert Einstein)は相対性理論のほか,ブラウン運動の理論も打ち立てた。流体中に浮遊する微粒子がランダムに運動するのは,周囲の分子が微粒子に衝突した結果であるという説明だ。しかし,ブラウン … 続きを読む

カテゴリ 2006年2月号, News Scan

エイズウイルスが弱体化?〜日経サイエンス2006年2月号より

 最近のエイズウイルス(HIV)は以前よりも弱くなっているようだ。少なくとも増殖能力という点では。    治療を受けていないエイズ患者から最も一般的なウイルス株であるHIV-1を採取し,1986~89年の標本と … 続きを読む

カテゴリ 2006年2月号, News Scan

ラ・マンチャの男,小惑星に突撃へ〜日経サイエンス2006年2月号より

 ドン・キホーテは手の届かぬ星についに到達できずじまいだったが,同名の宇宙船が小惑星に向かって近く旅に出る。    欧州宇宙機関(ESA)は小惑星に宇宙船をぶつけて軌道をそらす「ドン・キホーテ・ミッション」を計 … 続きを読む

カテゴリ 2006年2月号, News Scan

復元された殺人ウイルス〜日経サイエンス2006年1月号より

   1918年に世界的大流行を引き起こしたインフルエンザ「スペイン風邪」のウイルスが実験室内で復元された。    陸軍病理学研究所のタウベンバーガー(Jeffery Taubenberger)らは犠 … 続きを読む

カテゴリ 2006年1月号, News Scan

植物か動物か,それが問題だ〜日経サイエンス2006年1月号より

筑波大学の研究者が奇妙な生物「ハテナ」を発見共生による生物種進化の謎に手がかり    あるときは植物として光合成で生き,またあるときは動物となって餌をとらえる──そんな不思議な海洋微生物が見つかった。生命進化で … 続きを読む

カテゴリ 2006年1月号, News Scan

次世代超音速機の実験成功〜日経サイエンス2006年1月号より

新設計手法で機体の抵抗を抑制した    宇宙航空研究開発機構(JAXA)はこのほど,次世代超音速機(SST)の開発に向けた実験に成功した。オーストラリア南部のウーメラ実験場から全長11.5m,重さ2トンの無人実 … 続きを読む

カテゴリ 2006年1月号, News Scan

徹夜もへっちゃら〜日経サイエンス2006年1月号より

   徹夜勤務で疲労困憊した警察官や医療関係者も,これを飲めば元気百倍?ある種の化学物質を睡眠不足のアカゲザルに与えたところ,元気を回復した。    ウェイク・フォレスト大学医学部の神経生物学者たちは … 続きを読む

カテゴリ 2006年1月号, News Scan

息を止めないで〜日経サイエンス2006年1月号より

 睡眠中に死亡した場合,死因は心不全とされることが多いが,一部は睡眠時無呼吸症候群が本当の原因かもしれない。睡眠中に呼吸が中断する病気だ。    脳幹には「内呼吸性ニューロン群」という呼吸に不可欠な領域がある。 … 続きを読む

カテゴリ 2006年1月号, News Scan

「はいはい」する恐竜〜日経サイエンス2005年12月号より

 人間の赤ちゃんは歩き始める前にまず「はいはい」するが,恐竜にも同様の種がいたようだ。根拠となったのは卵からかえる前の恐竜の化石。1億9000万年前のもので,保存状態は驚くほどよかった。化石そのものは1978年に南アフリ … 続きを読む

カテゴリ 2005年10月号, News Scan

筋肉スーツで楽々作業〜日経サイエンス2005年12月号より

 筋肉の代わりをするウェアラブルロボット「マッスル・スーツ」が誕生した。これを着れば,自分で力を入れなくても腕がさまざまな動きをする。筋力の衰えた高齢者や障害者の補助,脳梗塞で腕が不自由になった人のリハビリ支援などを目的 … 続きを読む

カテゴリ 2005年12月号, News Scan

MgB2超電導体で初の永久電流〜日経サイエンス2005年12月号より

 日立製作所は物質・材料研究機構と共同で,二ホウ化マグネシウム(MgB2)超電導体を用いたシステムで電流を減衰せずに流し続ける実験に成功した。 MgB2は-234℃で超電導状態になり,従来のニオブ系よりも高温なため,安価 … 続きを読む

カテゴリ 2005年12月号, News Scan