日経サイエンス  2020年9月号

ネコを殺さず希少ネズミを守る 米キーラーゴ島の見えない出口

C. アーノルド(リポーター)

 フロリダ州キーラーゴ島の固有種キーラーゴウッドラットが絶滅の危機に瀕している。最大の脅威となっているのがネコだ。TNR(捕獲・不妊去勢・返還)などによって野良猫の個体数は減っているものの,ウッドラットが生息する野生動物保護区から野良猫を完全に排除することはできていない。自然保護活動家と愛猫家の協調した取り組みが始まっている。

著者

Carrie Arnold

バージニア州に拠点をおき,医療と環境を専門とするリポーター。夫と保護ネコ(屋内で飼育中)と一緒に暮らしている。

関連記事
1万年前に来た猫」,C. A. ドリスコルほか,日経サイエンス2009年9月号。

原題名

Cat vs. Woodrat(SCIENTIFIC AMERICAN April 2020)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

TNRORCATキーラーゴウッドラット