日経サイエンス  2020年8月号

ピグミーの森

J. ルイス(英ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ)

手つかずの自然を保護区を設けて守る一方,それ以外では自然資源を採取して経済発展を図る――そうした「持続可能な開発」の考え方は筋が通っているように思えるが,完全ではないようだ。アフリカで5万年以上前から移動生活を送り,森の恵みを糧に暮らしてきたピグミーの人々が,近代的な自然保護と経済開発によって窮地に陥っている。

著者

Jerome Lewis

英ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジの人類学准教授で,同大学サステナビリティー人類学センターの所長,ExCiteSグループの共同代表。2019年,生物多様性を保護する先住民の方法に関心を高めるためのイニシアチブ「フラーリッシング・ダイバーシティ」を設立。

原題名

Living with the Forest(SCIENTIFIC AMERICAN May 2020)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

ピグミー 生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学・政策プラットフォームバンブティ族ヌアバレ=ンドキ国立公園サペリ森林管理協議会(FSC)FSC認証バントゥー系民族サンガ川流域3カ国保護地域バカ族ジュー・ホアン語族サン人マサイ族プレイロング森林