日経サイエンス  2020年7月号

特集:COVID-19パンデミック

医療現場を蝕む心の危機

J. モック(科学ジャーナリスト)

現在のCOVID-19パンデミックのなか,医療従事者は次々に担ぎ込まれる重症患者を治療しているが,それだけではない。彼ら自身も感染リスクにさらされ,患者が相次いで死亡するのを目の当たりにしている。通常の治療手順が破綻,医療用資材の支援も崩壊している。こうした急性ストレスは精神的健康を蝕む恐れがある。現下の危機が去った後に彼らをトラウマから守るケアが必要だ。

著者

Jillian Mock

ニューヨークを拠点に活動するフリーランスの科学ジャーナリスト。環境問題や気候変動,医療に関する記事をNew York Times紙やHuffington Post,Discover誌など多くのメディアに執筆している。

原題名

Frontline Trauma(SCIENTIFIC AMERICAN June 2020)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

バーンアウト(燃え尽き症候群)モラル・インジャリー(道徳的負傷)心的外傷後ストレス障害(PTSD)心的外傷後成長