日経サイエンス  2020年2月号

堤防に勝る近自然海岸

R. ジェイコブセン(ジャーナリスト)

意外なことに,多くの場所では堤防よりも湿地のほうが自然災害から海岸線をうまく守り,建設費も安いことがデータから示された。米国の科学者は湿地を再建する技法をさらに改善し,それぞれの海岸に合わせた手法を開発している。こうした「近自然海岸」は米国政府や防災関係者の注目を集め,修復のための予算支出も増えている。

著者

Rowan Jacobsen

ジャーナリスト。著書に「A Geography of Oysters」や「The Living Shore」などがある。絶滅した花の遺伝子に関する記事を日経サイエンス2019年5月号に執筆した。

関連記事
2014年4月号「湿地修復に妙案」,J. ケアリー。

原題名

Beyond Seawalls(SCIENTIFIC AMERICAN April 2019)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

バリアー島塩性湿地養浜緩傾斜堤