日経サイエンス  2019年12月号

特集:真実と嘘と不確実性

嘘をつく動物たち

第2部:嘘という行為

B. J. キング(ウィリアム・アンド・メアリー大学)

相手を欺くのは人間だけではない。実に様々な動物が偽情報キャンペーンを展開している。カムフラージュや擬態によって,自分と同種の仲間や別の種の動物を誤解させるのが一例だ。意図的に偽情報を発信している場合,それは「戦術的欺き」と呼ばれる。イカからイヌまで,いろいろな動物がこの戦略を用いている。

著者

Barbara J. King

ウィリアム・アンド・メアリー大学の人類学の名誉教授。サルと類人猿に関する自身の研究が,幅広い動物種の感情と知能を探る研究につながった。

原題名

Deception in the Wild(SCIENTIFIC AMERICAN September 2019)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

擬態色素胞フェロモン托卵