日経サイエンス  2019年10月号

グランドキャニオンの生態系 回復への道

H. ハンスマン(フリーライター)

 コロラド川をせき止めているダムからの放流量が絶えず変化することで,下流のグランドキャニオンの生態系が悪影響を受けてきた。水力発電を妨げることなく生態系の健康を回復させる方法が探られている。

著者

Heather Hansman

シアトル在住のフリーライター。グリーン川(コロラド川の支流)や気候変動,米国西部の水事情についての著書「Downriver」(シカゴ大学出版局)が今春刊行された。

関連記事
カリフォルニアの大干ばつ」,D.バウム,日経サイエンス2015年10月号。

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

コロラド川グレンキャニオンダム順応的管理