日経サイエンス  2019年10月号

片目を開けて眠る動物たち 半球睡眠

G. G. マセッティ(伊パドヴァ大学)

動物に睡眠は不可欠だが,睡眠中は周囲の環境を認識できなくなり,捕食者に狙われやすくなる。一部の動物はこの問題を解決するため,片方の脳半球が寝ずの番をしながら,他方の脳半球を眠らせる能力を発達させた。

著者

Gian Gastone Mascetti

イタリアにあるパドヴァ大学の神経生理学の元教授で,引退後の現在も一般心理学科でシニアスカラーを務めている。睡眠,特に睡眠と脳の側性化の関係について研究している。

原題名

One Eye Open(SCIENTIFIC AMERICAN June 2019)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

概日リズム半球睡眠徐波睡眠レム睡眠視床下部前脳基底部腹外側視索前野後交連第一夜効果