日経サイエンス  2019年10月号

超常識の宇宙推進システム マッハ効果スラスター

S. スコールズ(サイエンスライター)

慣性の法則を宇宙全体とのかかわりからとらえ直す「マッハの原理」を利用した新たなスラスターを開発し,現在のロケットエンジンでは不可能な恒星間飛行を目指す試みが進んでいる。SFすれすれの新発想に議論百出だ。

著者

Sarah Scoles

コロラド州デンバーを拠点とするサイエンスライター。WIRED Science誌およびPopular Science誌の寄稿編集者。著書に「Making Contact: Jill Tarter and the Search for Extraterrestrial Intelligence」(Pegasus Books,2017年)がある。

関連記事
亜光速でアルファ・ケンタウリへ」,A. フィンクベイナー,日経サイエンス2017年5月号。

原題名

The Good Kind of Crazy

サイト内の関連記事を読む