日経サイエンス  2019年10月号

凄ワザ解剖 動物の暗視能力

A. ダンス(サイエンスライター)

薄暗い光のなかで意外にも優れた視覚を発揮する動物がいる。そうした動物は暗くても色がわかる。一部のハチやガ,カエル,ヤモリなどは暗闇で色を検知している。この離れ業は,目からの乏しい入力信号を視覚系のニューロンが最大化することによって達成されている。個々の光受容器からの信号が,時間的・空間的に足し上げられているのだ。

著者

Amber Dance

サイエンスライター。ロサンゼルス地域在住。

原題名

Night Visions(SCIENTIFIC AMERICAN May 2019)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

光受容器錐体細胞桿体細胞走光性ショットノイズロドプシンダークノイズ視葉双極細胞