日経サイエンス  2019年9月号

特集:ワクチンの予想外の功罪

自然免疫を刺激? 疫学データが示す可能性

M. W. モイヤー(SCIENTIFIC AMERICAN編集部)

ワクチンはそれぞれ特定の病気を標的にしているが,ある一連の研究によると,一部のワクチンはずっと広範な防御能力をもたらしているようだ。特に生ワクチンは子供の総死亡率を50%引き下げる可能性があるという。この研究はアフリカのギニアビサウ共和国で2人のデンマーク人研究者が先導しているものだが,その結論は誇張されているとの批判も呼んでいる。

原題名

Vaccines Reimagined(SCIENTIFIC AMERICAN June 2019)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

生ワクチン不活化ワクチン自然免疫抗体適応免疫(獲得免疫)食細胞マクロファージサイトカイン