日経サイエンス  2019年8月号

特集:実験で迫る量子世界の深奥

時空の量子化をとらえる

T. フォルジャー(科学ジャーナリスト)

量子世界では,粒子が同時に2つの場所に存在するという不可思議なことが起こりうる。物理学者はこれを「重ね合わせ」と呼ぶ。量子的な重ね合わせは実際に実験室で何度も確認されているが,非常にデリケートで壊れやすい。重ね合わせになった粒子が周囲の粒子のどれかと相互作用すれば,重ね合わせは直ちに「収縮」し,粒子の場所は1つに確定する。

 

 

だが重ね合わせが保たれている間,粒子の物理的性質はどうなるのだろうかとウィーン大学のアスペルマイヤー(Markus Aspelmeyer)は考えた。例えば粒子が生み出す微小な重力場はどうなるのか。「ある物体を重ね合わせにしたとしよう。ここで疑問が生じる。その物体はいったいどのように重力を及ぼすのか? 私たちはこの問題に答えを出したいと思っている」。

 

 

彼がやろうとしている実験は,もともとかの有名な物理学者ファインマン(Richard Feynman)が1957年の学会で思考実験として提唱したものだ。もし重力が量子現象であるなら,同時に2つの場所に存在する重ね合わせになった粒子は2つの異なる重力場を生み出すだろうとファインマンは主張した。一般相対論によると,重力場は時空の歪みである。従って1つの小さな質量が量子的重ね合わせになった場合,2つの異なる時空が隣り合って同時に存在することになる。

 

 

仮にこうした時空の重ね合わせが生じた場合,そこに別の物体(試験質量と呼ぶ)を持ってきたら,重ね合わせになった時空とどんな相互作用をするだろう? 2つの異なる重力場から引力を受けて運動するだろうか。それとも一部の物理学者が考えているように,相互作用によって重ね合わせが壊れ,普通の(1つの)重力場による運動をするのだろうか。もしも時空の重ね合わせが壊れずに保たれ,試験質量が重ね合わせになった重力場と実際に相互作用したら,それは重力場の重ね合わせが試験質量と「量子もつれ」になることを示す強力な証拠となるだろう。

 

 

アスペルマイヤーの実験は一見不可能に見えるが,重力の理解を一変する可能性を秘めている。

 

著者

Tim Folger

サイエンスライター。National Geographic 誌やDiscover 誌などに執筆しているほか,ホートン・ミフリン・ハーコート社が毎年出版している「The Best American Science and Nature Writing」の編集者でもある。

関連記事
量子ビットから生まれる時空」,C. モスコウィッツ,日経サイエンス2017年4月号

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

重力一般相対性理論アインシュタイン量子力学量子重力時空プランクスケール