日経サイエンス  2019年7月号

特集:ブラックホール撮影成功

銀河中心の巨大ブラックホールを観測

中島林彦(日本経済新聞) 協力:本間希樹/秦 和弘/田崎文得(いずれも国立天文台)

地球サイズの口径を持つイベント・ホライズン・テレスコープの観測によって,銀河中心に巨大ブラックホールが存在することが確証された。 銀河中心でまばゆく輝きジェットを噴出する「活動銀河中心核」の正体が,活発に活動する巨大ブラックホールであることも同時にわかった。ジェットは巨大ブラックホールの本体からエネルギーを引き出している可能性があり,本当なら物理学と天文学に大きなインパクトがある。

著者

中島林彦 / 協力:本間希樹/秦 和弘/田崎文得

中島は日本経済新聞記者。本間と秦,田崎はいずれも国立天文台水沢VLBI観測所のメンバーで,「イベント・ホライズン・テレスコープ」プロジェクトの日本チームに加わっている。同チーム代表の本間は同観測所の所長で教授,秦は助教,田崎は特任研究員。専門はともに電波天文学。

キーワードをGoogleで検索する

イベント・ホライズン・テレスコープM87いて座A*クエーサーブレーザーセイファート銀河活動銀河中心核巨大ブラックホール降着円盤ジェットブラックホールシャドウインターステラー一般相対性理論光子球天の川銀河東アジアVLBIネットワーク