日経サイエンス  2019年7月号

特集:ブラックホール撮影成功

地球サイズの電波望遠鏡で一般相対論を検証

中島林彦(日本経済新聞) 協力:本間希樹/秦 和弘/田崎文得(いずれも国立天文台)

世界各地の電波望遠鏡を連携させて地球サイズの口径の望遠鏡「イベント・ホライズン・テレスコープ」を実現,約5500万光年彼方にあるM87銀河の中心部を観測した。それによって史上初めて,光のリングで縁取られたブラックホールの影,「ブラックホールシャドウ」を撮影することに成功した。光さえ脱出できないという,一般相対性理論が予言するブラックホールの本質を視覚的に確証する成果だ。

著者

中島林彦 / 協力:本間希樹/秦 和弘/田崎文得

中島は日本経済新聞記者。本間と秦,田崎はいずれも国立天文台水沢VLBI観測所のメンバーで,「イベント・ホライズン・テレスコープ」プロジェクトの日本チームに加わっている。同チーム代表の本間は同観測所の所長で教授,秦は助教,田崎は特任研究員。専門はともに電波天文学。

関連記事
ブラックホールで一般相対論を検証」,D. サルティス/S. S. ドールマン,日経サイエンス2015年12月号。

キーワードをGoogleで検索する

イベント・ホライズン・テレスコープブラックホールブラックホールシャドウインターステラー光子球電波干渉計VLBIアルマ望遠鏡ジェームズ・クラーク・マックスウェル望遠鏡サブミリ波望遠鏡南極点望遠鏡サブミリ波干渉計IRAM30m望遠鏡アルフォンソ・セラノ大型ミリ波望遠鏡アタカマパスファインダー実験施設望遠鏡スパースモデリングジェット降着円盤