日経サイエンス  2019年4月号

減量手術が明かした 腸と脳の関係

B. ステッカ(サイエンスライター)

重度の肥満を治療する「減量手術」は胃を切り詰めて体重減につなげるのだと考えられてきたが,それだけではないことが判明した。この手術を受けた人では,腸との情報交換に関与している脳領域の活動が活発になり,食欲そのものが変わる。また,消化器系に住み着いている微生物集団も変化し,これが腸と脳の間の信号伝達をさらに調整しているようだ。

著者

Bret Stetka

ニューヨークを拠点にしているサイエンスライターで,メドスケープ(ウェブMDヘルスの一部門)の編集担当役員を務めている。Wired誌, ナショナル・パブリック・ラジオ,Atlantic誌などに寄稿・出演。2005年バージニア大学医学部卒。

関連記事
胃腸と脳の意外なつながり」,M. コンスタンディ,日経サイエンス2012年10月号

原題名

Mind over Meal(SCIENTIFIC AMERICAN January 2019)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

スリーブ状胃切除術減量手術腸管神経系迷走神経視床下部グレリン弓状核神経ペプチドY扁桃体海馬報酬系外側腕傍核腸内マイクロバイオームルーワイ胃バイパス術垂直遮断胃形成術セロトニン