日経サイエンス  2019年3月号

特集:5年後の世界を変える10の科学技術

SCIENTIFIC AMERICAN編集部

科学技術は近未来の私たちの暮らしをどのように変えるだろうか? SCIENTIFIC AMERICAN編集部が世界経済フォーラムの専門家グループと協力して選定した影響力の大きな10件のイノベーションを紹介する。人工知能(AI)や拡張現実(AR),個別化医療を前進させる先進的な診断技術,薬剤を作る細胞を体内に埋め込む試み,光で制御するナノ材料などが,今後3年から5年のうちに私たちの暮らしを大きく変えそうだ。
 
 

1.AR技術が至る所に
  C. E. レイサン(アンスロ・トロニクス)/A. メイナード(アリゾナ州立大学)

2.迷走神経刺激療法
  G. リン(米国軍保健科学大学/ジョンズ・ホプキンズ大学)/C. E. レイサン(アンスロ・トロニクス)

3.幹細胞から育てた食肉
  G. O. シェーファー(シンガポール国立大学)

4.人と議論し教えてくれるAI
  B. S. マイヤーソン(IBM)

5.薬を作る細胞を移植
  S. Y. リー(KAIST =韓国)

6.AIで分子設計
  J. カーベック(10EQS)

7.精密医療向けの先進診断技術
  E. オデイ(オラリス・セラピューティクス)/H. アルサファ(ハリファ大学=アラブ首長国連邦)

8.安全な遺伝子ドライブ
  C. H. コリンズ(レンセラー工科大学)

9.プラズモニクスで毒物検出
  J. ガルシア・マルティネス(アリカンテ大学=スペイン)

10.量子計算アルゴリズム
  A. アスプル=グジック(加トロント大学)

 

関連記事
世界のイノベーション10」,日経サイエンス2018年3月号。
ナノの世界を照らす次世代光技術 プラズモニクス」,H. A. アトウォーター,日経サイエンス2007年7月号。
炎症を治すバイオエレクトロニック医薬」,K. J. トレーシー,日経サイエンス2015年6月号。
難関を突破するモジュール量子計算」,C. R. モンロー/R. J. ショルコフ/M. D. ルーキン,日経サイエンス2016年8月号。
分身AIがつくる社会」,P. ドミンゴス,日経サイエンス2018年12月号。

原題名

Top 10 Emerging Technologies of 2018(SCIENTIFIC AMERICAN December 2018)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

拡張現実迷走神経刺激療法幹細胞培養肉非構造化データ人工知能オミックス遺伝子ドライブプラズモニクス表面プラズモン共鳴ノイズがありスケールしない量子コンピューター(NISQ)敵対的生成ネットワーク