日経サイエンス  2018年12月号

新・人類学 第1部 人間性の起源

意識を持つのは人間だけか

意識

S. ブラックモア(英プリマス大学)

人間以外の動物でも苦痛を感じることを示唆する証拠が得られている。例えば,ロブスターやカニは傷つけられたり水から出されたりハサミをもぎ取られたりすると,ストレスホルモンを放出する。また,傷を負ったエビは足を引きずったり傷口をなでたりするが,ヒト用の鎮痛剤を与えるとこの行動は収まる。だが,人間以外の動物に意識があるかどうかに関する科学者たちの意見は分かれている。主観的経験という素晴らしき精神世界を持つのは本当に人間だけなのだろうか。

著者

Susan Blackmore

英プリマス大学の心理学者で客員教授。『ミーム・マシーンとしての私』(草思社, 2000年)など多数の著書がある。

関連記事
意識とは何か」,C. コッホ,日経サイエンス2018年9月号。

原題名

The Hardest Problem(SCIENTIFIC AMERICAN September 2018)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

コウモリであるとはどのようなことか?哲学的ゾンビグローバル・ワークスペース理論統合情報理論