日経サイエンス  2018年12月号

特集 新・人類学 第1部 人間性の起源

思考力をもたらした2つの性質

知能

T. ズデンドルフ(豪クイーンズランド大学)

人間が動物とは異なる方法で考えているのは明らかだが,人間の認知がいかに独特であるかを実験で証明するのは難しい。だが,人間には際立った2つの特性があることが明らかになっている。「複雑なシナリオを構築すること」と「他者と考えを交換すること」だ。この2つの特性は,人間を人間たらしめている能力,つまり言語や文化,道徳,先見性,さらには“心の読み取り”の基盤となっている。

著者

Thomas Suddendorf

オーストラリアのクイーンズランド大学の心理学者。人間の心の性質や進化に関する根本的な問題に答えるために,幼児やヒト以外の霊長類の知的能力の発達を研究している。

原題名

Inside Our Heads(SCIENTIFIC AMERICAN September 2018)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

進化心理学志向性の共有現実を生きるサル 空想を語るヒト