日経サイエンス  2018年8月号

特集:AIの身体性

勝手に学ぶ子どもロボット

D. クォン(ジャーナリスト)

幼児は自分の体を使って実験したりおもちゃなどの物体を使って遊んだりすることを通じて自律的に学んでいる。ロボット研究者と神経科学者,心理学者は,子供のように自発的に発達する機械を実現する方法を探ってきた。彼らの共同研究によって,物体を動かすアンドロイドや,基本的な語彙あるいは計算力を習得するアンドロイド,社会的行動の片鱗まで見せるアンドロイドが登場している。

著者

Diana Kwon

ジャーナリスト。カナダのマギル大学で神経科学の修士号を取得。独ベルリンを 拠点に健康と生命科学に関する記事を執筆している。

関連記事
しなやかな2足歩行ロボット」,J. パブルス,日経サイエンス2017年1月号。

原題名

Self-Taught Robots(SCIENTIFIC AMERICAN March 2018)

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

AIiCub予測誤差認知ミラーリング