日経サイエンス  2018年7月号

特集:系外惑星探索の新時代

本命を絞り込む地上観測網

中島林彦(日本経済新聞) 協力:成田憲保(東京大学)

宇宙望遠鏡TESSが4月に打ち上げられた。ほぼ全天に及ぶ探索を行い,太陽系に比較的近い領域で,数千個の系外惑星候補が発見されるとみられている。ただ,それらがどんな惑星なのかは不明で,偽物も含まれている。生命が存在する可能性が高い「ハビタブル惑星」などの本命を絞り込むには,地上望遠鏡群による様々なフォローアップ観測が欠かせない。日本でも専用装置などを用いる観測の準備が大詰めを迎えている。

著者

中島林彦 / 協力:成田憲保

中島は日本経済新聞記者。成田は東京大学大学院理学系研究科天文学専攻助教。科学技術振興機構(JST)の「さきがけ」プログラムの研究者を兼務。系外惑星の研究に取り組んでいる。

関連記事
マイヨール博士が語る系外惑星発見物語」  M. マイヨール,2016年4月号。
有力候補を探せ 系外惑星の空を観る」中島林彦,

サイト内の関連記事を読む

キーワードをGoogleで検索する

系外惑星MuSCATMuSCAT2テイデ天文台TESSケプラーK2トランジットハビタブル惑星